香港
香港
ヴィクトリアピークからの夜景は世界三大夜景のひとつ

本場で食べたい!香港のリーズナブルな飲茶から高級飲茶まで 7選

2016年12月9日更新

3,661view

お気に入り

香港の飲茶はバラエティー豊か!昔からのワゴン式や高級ホテルで食べられる洗練された飲茶、ファーストフード感覚で行ける気軽なものまで、ここではお勧めの7店をご紹介します。ぜひ、それぞれの飲茶を本場・香港で試してみましょう。新しい発見があること間違いなし!

【1】マンダリンホテルで本場の味 文華廳(マンワー)

マンダリンホテルの25階にあるミシュラン星付き広東料理レストラン。店内のインテリアは中国をイメージしたようなユニークなデザインで、大きな窓からは香港島のビル群の景色も楽しめます。

香港在住の人やビジネスマンに根強い人気を誇り、終日予約でいっぱい!また、香港で一番美しいレストランと言われています。

プリプリのエビが中にたっぷり入っている「エビ蒸し餃子」は、食べたときの食感がたまりません!写真奥のものが、香港の飲茶の定番メニューである「バーベキューポークバン」。ふわふわの生地に包まれた、よく煮こんで甘く味付けされたポークが口でとろけます。

文華廳
香港 / 中華料理
住所:5 Connaught Road Central, Hong Kong マンダリンホテル25階
Web:http://www.mandarinoriental.co.jp/hongkong/fine-di...

【2】ミシュラン3つ星の予約の取れないレストラン フォーシーズン 龍景軒(ロンキーヒン)

中華料理で世界初の三ツ星を獲得したレストランで、今でも3つ星を維持しています。香港島のフォーシーズンズホテルの中にあり、週末は何カ月も予約で埋まっている程の大人気レストラン。

新鮮な地元産の食材を取り入れた料理は、季節により入れ替わるものが10種類ほどあり、新しいメニューが登場し常に新鮮なラインナップを楽しめます。

多彩な食感や美味しそうな見た目など、五感を刺激してくれることでしょう。この写真の春巻きは餡がたっぷり!身が詰まっていて食べごたえがあります。

龍景軒
香港 / 中華料理
住所:4F, Four Seasons Hotel , 8 Finance Street, Central, Hong Kong

【3】ワゴン式を楽しもう! 大會堂 美心皇宮(マシティホール・マキシムズパレス)

今では少なくなったワゴン式飲茶を体験できる、中環(Central)にあるレストラン。予約ができないので開店前から沢山の人が並んで待っています。

大きな店内は約630席もあり、店内の豪華なシャンデリアが高級感を醸し出しています。ワゴン式飲茶を経験したいという観光客や根強い地元のファンで、終日にぎわっている大人気店!窓からはヴィクトリア・ハーバーやカオルーンの景色が楽しめます。

美心皇宮
香港 / 中華料理
住所:香港 中環愛丁堡廣場5-7號大會堂低座3樓
電話:+852 2521 1303
Web:http://www.maxims.com.hk/en/index.asp

【4】リーズナブルで美味しい 點點心(ディムディムサム)

香港、中国でチェーン店展開する点心専門店。低価格で楽しめるので、若者を中心に地元の人に大人気!テーブルに置いてある注文票に記入し、係りの人に渡してオーダーします。

休憩時間がなく終日オープンしており、アフタヌーンの時間は値段がさらに安くなることも!揚げた皮の中にぷりっとしたエビが入っているユニークな点心もお勧めです。

點點心點心專門店 佐敦店
香港 / 中華料理
住所:26-28 Man Wui St, Jordan
電話:2771-7766

【5】上海スタイルの飲茶 正宗上海生煎皇(King of Sheng Jian)

女子街でも有名な旺角にある、上海スタイルの飲茶が気軽に楽しめるお店。小籠包や小籠包を焼いた上海生煎包、担々麺が有名です。

特に生煎包は看板メニューで、焼いてカリッとホクホクの皮の中には豚のミンチから出た良いだし汁がぎっしり詰まっています。終日地元のファンでにぎわい、行列ができるほど。上海スタイルもぜひ試してみて下さい!

正宗上海生煎皇
香港 / 中華料理
住所:72 Soy St, Mong Kok,Hong kong
電話:+852 2323 2374
Web:http://www.dimdimsum.hk/

【6】ファーストフード感覚で行ける 豪隍點心(ホウウォンディムサム)

飲茶をしに行くというよりは、小腹が減ったときに少しつまむような感覚で気楽に行ける感じのリーズナブル飲茶。小籠包を始め、いろいろな種類が低価格で気軽に頼めるのも人気の理由!

豪隍點心
香港 / 中華料理
住所:Shops 2-3, Ground Floor, Workingport Commercial Building, 3 Hau Fook Street, Tsim Sha Tsui, Hong Kong
電話:+852 2722 6866

【7】芸能人にも人気!王子飯店

干しアワビや海鮮料理で有名な高級広東料理のレストラン。日本人に大人気で、日本語メニューの用意があるのもありがたいポイント。数々の芸能人が足を運んでいる事でも有名です。化学調味料を一切使わず調理しているので安心して食事ができます。

王子飯店
香港 / 中華料理
住所:Shop 209, 1881 Heritage, 2A Canton Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon
電話:+852 2366 1308
Web:http://www.princerestaurant.com.hk/en/index.php

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年11月30日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

初めての海外ひとり旅に香港をオススメする5つの理由

自由気ままにひとり旅にチャレンジしたい、でも一人で海外に行くのはやっぱり不安、という方へオススメしたいのが香港です。日本から飛行機で4時間程なので週末にサクッと...

香港でぜったい食べたいおすすめスイーツ8選

スイーツ天国の香港には、フルーツをたくさん使ったものや、温かいデザート、豆腐・漢方を使ったものなど体によい健康的なスイーツが多いのが女性に嬉しい。そんな香港で、...

現地でしか食べられない!香港で食す大人気の麺屋5選

気軽に食べ歩きできる麺屋が香港にはたくさん!麺の種類やスープの味はお店によって違うのでぜひ食べ歩いてみましょう。日本では味わうことのできない香港特有の味が病みつ...

香港は飲茶だけじゃない!週末限定シャンパンブランチのレストラン3選!

香港といえば飲茶やアフタヌーンティーが有名ですが、ここ数年でホットな週末の過ごし方の1つに、週末限定のシャンパンブランチが人気を集めています。昼間からシャンパン...

香港三大点心レストラン ミシュランも認めた絶対外さない点心!

日本から約4時間半のフライトで、時差は1時間の香港。香港の街には安くてとにかく美味しい点心レストランがそこかしこに立ち並んでいます。週末の弾丸旅行でも、ここさえ...

この記事を書いたトラベルライター

Life is an advenure
異文化の人と接してみたい!そう思ってから世界に旅に行くようになりました。バックパッカーから始まり世界各国と旅しているうちに、大自然に魅了され秘境地の虜に。その後、南米に移住。現在は、香港に住んでいます。好きな旅のスタイルは、無計画。行き当たりばったりの旅にワクワクしています。ワインが大好きで世界のワイナリーもめぐっているので合わせて各地のローカルな情報をお伝えしていけたらと思います。
http://nanadolcevita.com/

香港百万ドルの夜景を100%楽しめるスポット6選

香港と言えば、100万ドルの夜景を想像する方も多いでしょう。香港の街に所狭しと林立するビルが夜になるにつれ、様々な色のネオンを放ち、光り輝くステキな夜景と変わっ...

香港から日帰り観光におすすめ!中国・深圳の隠れたおしゃれスポット3選

1980年に経済特区に指定されて以来、急激な成長をしている深圳。商業地帯というイメージが強く、安い衣料品や日常雑貨の調達のために訪れる方の多い地域でしたが、実は...

スケールが違う!中国・珠海にある世界一大きな水族館へ行ってみよう!

中国・珠海にあり、世界一大きな水族館の一つとして知られている「チャイムロング・オーシャン・キングダム」。ジンベイザメやベルーガ、ホッキョクグマをはじめとする、た...

香港ガイドブックには載ってない!ライオン・ロックの絶景ハイキング

香港と言えば、本場中華料理にショッピング、そして、100万ドルの夜景をイメージするかと思います。常に賑わっている大都会のイメージから一転、今回は、ガイドブックに...

ここぞ穴場!ビクトリアピークから徒歩15分で行ける香港絶景スポット

香港と言えば、百万ドルの夜景で有名ですね。夜景はもちろん綺麗ですが、昼間に見る景色もとっても最高なので、今回は、地元の人に穴場の絶景スポットとして有名なハイキン...

トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?