【つくば市】秘密基地で食べる!「COX」のシンプルでおいしい朝食

202

view
   2017年10月12日更新

茨城県つくば市にある、不思議な建物の中にあるカフェ「COX」。そこで食べられるシンプルで美味しい朝食とコーヒーのご紹介をします。

不思議な白い建物カフェ「COX」

つくばエクスプレスのつくば駅から約1km、徒歩で約20分離れた住宅街に異質な建築物が現れます。白い台形のコンクリートの建物というよりかは、何か大きな不思議なオブジェのようにも見えます。

この建物、まず「どこから入ればいいの?」と入口を探すところから始まります。

  • 住宅地にあらわれる不思議な建物のCOX

入口を見つけた!と思ったら、今度は「どうやって開けるの?」と戸惑いながらも、秘密基地を見つけた時のような気持になってワクワク。

中へ入ると、建物の天井がとても高く、天窓から差し込む光がとてもやわらかく店内を照らしています。

  • 自然な光が差し込む天窓

店内もお洒落で落ち着いた雰囲気

入った瞬間に目に飛び込んでくる大きなテーブルにも建物同様、不思議なオブジェなどが並べられ、店内のインテリアもモダンでおしゃれな雰囲気になっています。

  • 中庭のテラス席が見える大きな窓が開放的です

こちらCOXは、もともと2004年7月にオープンしたギャラリーショップ「Shingoster LIVING(シンゴスターリビング)」に併設されていたカフェ。このカフェをギャラリーショップ敷地内に独立させ、食事棟として新たに建てなおしたものなんです。

大きなテーブルのさらに奥には中庭があり、テラス席も用意されています。またカウンター席もあり、常連のお客さんは店員さんとお話をしながら、コーヒーや食事を楽しんでいました。

シンプルで美味しい朝食は組み合わせ自由

今回はここで食べられる朝食を目当てに訪問しました。朝食メニューは、基本のメニューにお好みをトッピングするスタイルになっています。

例えばトーストを選んで、サイドメニューのベーコンスクランブルエッグやサラダをお好みでセットするというスタイル。スタンダードなトーストのほかにも、フレンチトースト(500円)やグラノーラ(500円)、スコーン(500円)などがあります。

飲み物は自家焙煎のコーヒーや紅茶、ジュースなども選べるようになっています。

筆者がオーダーしたのは、トースト(300円)にベーコンスクランブルエッグ(プラス350円)と自家焙煎のコーヒー(プラス250円)。

トーストには自家製のジャムや旬の果物も添えられて、シンプルですが、とてもこだわっているのがうかがえます。

  • 落ち着いた空間でゆっくりと朝食が楽しめます

大きなテーブルの向こう側に見える中庭は、季節によって新緑や紅葉が楽しめるようになっているので、落ち着いた気分でゆっくりと朝食を味わうことができます。

朝食以外の楽しみも

自家製のケーキもとても可愛らしく美味しそうで、次回はティータイムを過ごしにくるのも良いなぁ、と思えるお店。今回は朝食目的で訪問したので、ケーキを食べるお腹のスペースがなく、残念ながら楽しめませんでしたが、見た目にも素朴さと手作り感がとても伝わるケーキでした。

  • 手づくりの可愛いケーキたち

工芸品、生活道具、家具などに興味のある方は、朝食やランチ後にぜひ併設するギャラリーショップにも足を運んでみてはいかがでしょうか。

コックス

茨城 / カフェ・喫茶店

 

住所:茨城県つくば市小野崎448−1

電話:029-859-5127

Web:http://shingoster.com/

シンゴスターリビング

茨城 / 雑貨・インテリア

 

住所:茨城県つくば市小野崎448−1

電話:029-859-5127

Web:http://shingoster.com/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年2月11日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
食いしん坊、楽しん坊の栄養士

食いしん坊な旅人。音とアートをあいしながら、いろいろお散歩するのが好きなお料理人(栄養士)です。

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!