滋賀
滋賀観光
「近江八景」をはじめとする琵琶湖の景勝地が人気

【滋賀】近江八幡を代表する有名店「ラコリーナ近江八幡」と「カネ吉山本」で買えるお土産10選

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:39都道府県

2022年1月7日更新

35,578view

お気に入り

写真:まき

老舗菓子店「たねや」グループのフラッグシップショップ「ラコリーナ近江八幡」と、近江牛を販売する「カネ吉山本」は、近江八幡を代表する有名店です。これらのお店で買えるオススメのお土産をご紹介します。

この記事の目次表示

「ラコリーナ近江八幡」で購入できるオススメのお土産

ラコリーナ近江八幡は、老舗菓子店「たねや」グループが手掛ける複合施設。主に洋菓子専門の「クラブハリエ」と、和菓子専門の「たねや」の商品が販売されています。中でも、クラブハリエのバームクーヘンが有名ですが、たねやの和菓子、カステラ、季節限定商品なども人気です。各地にある店舗限定商品以外は、全ての商品を購入することができますよ。

【1】バームサブレ

  • 写真:まき

クラブハリエのバームクーヘンを象ったサブレ。バニラとショコラ(各108円)、2種類の味があります。1枚から購入することができ、数枚の場合は簡易的な紙の袋に包んでもらいます。焼きたての場合の賞味期限は、当日を含めて4日間です。

  • 写真:まき

バームクーヘンと同じ生地が使われており「CLUB HARIE」のロゴが可愛いです。シンプルな味がお好みならバニラを、チョコレートが好きな方はショコラを選ぶと大人好みの味がします。一口目はサクッとしていていますが、周りのグラニュー糖が食感のアクセントになるため噛み応えがあります。

【2】バームサンド

  • 写真:まき
  • 写真:まき

バームサブレに、ラムレーズン入りのバタークリームやカフェオレ風味のバタークリームがサンドされているお菓子です。プレーン・ミルクチョコ・ビターチョコ・カフェオレの4種類(324円~)が通年販売されています。

一番人気はプレーンで、ラムレーズンの味と香りが特に感じられます。ラムレーズンが入っていますが、アルコール自体は飛んでいるので、子どもも安心して食べられますよ。

  • 写真:まき左:ミルクチョコ/中:ビターチョコ/右:プレーン

密封包装されている冷蔵商品になり、賞味期限は5日間。1時間分の保冷材は無料でいただけます。2時間以上ですと有料になりますが、アルミバッグ(小110円~)も販売されています。季節限定商品もあるそうなので、ぜひショーケースを覗いてみてくださいね。

【3】バームクーヘン

  • 写真:まき

「クラブハリエ」と言えば、バームクーヘン(1,188円~)を思い浮べる方が多いのではないでしょうか。その醍醐味はやはり、生地のしっとりさと周りのフォンダン(砂糖衣)のシャリシャリ感!食べる直前に少し冷やすとシャリシャリ感が際立ち、逆に電子レンジで少し加熱すると滑らかなフォンダンが味わえます。

  • 写真:まき
  • 写真:まき

賞味期限は未開封で1週間です。なおラコリーナ近江八幡でしか購入できない「焼きたてバームクーヘン(756円)」の賞味期限は当日限りとなっています。

ラコリーナ近江八幡限定パッケージ

  • 写真:まき

こちらでは、バームクーヘンのラコリーナ近江八幡限定パッケージがあります。予約が必要ですが、金箔紙が使われた受章記念バームや、リボンやロウソクが付いたバースデーバームなど、素敵なものが揃っています。印象に残る贈り物になりそうですね。

【4】リーフパイ

  • 写真:まき

香ばしく焼き上げられたシンプルなパイ生地。惜しみなく練り込まれたバターの風味が良く、噛みしめる度にサクサクと良い音がします。個包装されて箱に入っているので賞味期限は15日間ありますし、いつでもどこでも気軽に食べられるのが嬉しいですね。(3枚入り638円~)

【5】1本巻き

  • 写真:まき

なんと箱の長さは約70cm、重さは約5kg、そしてお値段21,600円という1本焼きバームクーヘン!6日前までに予約しましょう。常温保存できますが、賞味期限は2日間。それなりの人数が集まる時でないと食べきれないですが、お好みの厚さに切り分けて手土産としてお渡しするのも楽しそうです。みんなの記憶に残ること間違いなしのお土産でしょう。

お店の雰囲気や購入時のアドバイスなど

  • 写真:まき

「ラコリーナ近江八幡」は八幡山から連なる丘にあり、無料駐車場からメインショップに向かう段階で、すでに「クラブハリエ」の世界観に引き込まれます。雄大な自然に圧倒され、立ち止まって写真撮影をする人も。季節ごとに変わる景色も見てみたいものですね。

バームサブレとバームサンドは同じ列に並びますが、バームクーヘンの列は別になっていますので、ご注意ください。店内は混雑しているので、数名で訪れる際には手分けして並ばれるほうが効率的だと思います。観光途中で立ち寄る場合は、まず欲しい商品を購入してから、たねややギフトショップなど他の場所をゆっくり見てまわる方が時間が読みやすいと思います。

お土産を購入するだけでなく、カフェやフードコートで美味しいスイーツをいただくこともできますよ。筆者が訪れた時に地図を見ると、奥に新店舗予定地がありました。まだまだ目が離せないスポットです♡

ラコリーナ近江八幡
滋賀 / カフェ・喫茶店 / おみやげ屋 / スイーツ / インスタ映え / ランチ / 女子旅 / 子供が喜ぶ / 一人旅 / ツーリング
住所:滋賀県近江八幡市北之庄町615−1地図で見る
電話:0748-33-6666
Web:http://taneya.jp/la_collina/

次のページを読む

滋賀の旅行予約はこちら


滋賀のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

滋賀のホテルを探す

滋賀の航空券を探す

(関西空港)

(伊丹空港)

滋賀の現地アクティビティを探す

滋賀のレンタカーを探す

滋賀の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【滋賀】SNS映えしそう!長浜のおすすめ観光スポット・お店10選

豊臣秀吉が城を築いた城下町として栄えた滋賀県長浜市。長浜城をはじめ、「黒壁スクエア」や琵琶湖に浮かぶ「竹生島(ちくぶじま)」などインスタグラムに投稿してみたい観...


インスタ映えから変わり種まで!全国のご当地ソフトクリーム24選

特産のオリーブオイルがかかったオリーブソフトや、金箔一枚が贅沢にのった金箔ソフト、名産の二十世紀梨のピューレがたっぷり入った梨ソフトクリームまで、旅先で食べたく...

【滋賀県近江八幡】八幡堀の手漕ぎ和舟に乗ろう!『るろうに剣心』のロケ地も

舟に揺られながら、のんびり優雅に桜や花景色を眺める「お堀めぐり」が、滋賀県近江八幡市で楽しめるということをご存じですか?今回は、全国的にも珍しい手漕ぎ和舟でのお...

梅花藻で有名!滋賀・醒井で名物グルメと甘味を味わう

滋賀県米原市には、かつて宿場町として栄えた醒井(さめがい)という集落があります。初夏に白く可憐な花を咲かせる梅花藻(ばいかも)が有名です。静かな集落には、飲食店...

滋賀【ラコリーナ近江八幡】の解説と名物紹介

滋賀県にある「ラコリーナ近江八幡」は、スイーツのブランド・たねやグループのフラッグシップ店。施設内部の3つの空間と、そこに入っているお店を紹介します。また名物店...

この記事を書いたトラベルライター

☆嬉しい!☆美味しい!☆幸せ!☆
おでかけと旅行が好き&美味しいものが好き&楽しいことも好き!
そんな私が主人と出会って、ますますそれらがエスカレートしちゃいました(笑)
25年以上、食に関する仕事をしていますので一番の得意分野はズバリ「グルメ」♪
皆さまに沢山の美味しいお店や素敵なスポットをご紹介できるといいな、と思います。
そして実際に足を運んでいただけたら、こんなに嬉しいことはありません♡
http://maki1118.blog.so-net.ne.jp/

【宝塚北サービスエリア】グルメ&見所、お土産13選!

宝塚北サービスエリアは、トイレ休憩だけを目的にするのは勿体ない!西日本最大級の店舗棟面積や駐車台数があると言われるだけあり、グルメやお土産なども充実しています。...


【明石】地元民がオススメする魚の棚商店街の歩き方徹底ガイド!

明石市民は「魚の棚商店街」のことを「うおんたな」という愛称で呼んでいます。明石在住40年以上の筆者が、明石ならではのお店が目白押しの「うおんたな」の魅力をたっぷ...


【滋賀県】「う嵐 (旧店名:う晴)」の絶品うなぎ料理!徹底解説

鰻は土用の丑の日に食べることが多いですが、天然の鰻は冬眠に備えて栄養を蓄え、安定して脂の乗っている冬もオススメ!季節を感じながらいただく国産鰻の繊細さに魅せられ...

兵庫県在住の神戸大好きライターがオススメする、日本の豚まん発祥の地【神戸】の豚まんベスト5!

豚まんは、1915年に中国から神戸へ伝わり、やがて全国へと広がった食べ物の1つなのをご存知でしょうか?神戸っ子には、それぞれにお気に入りのお店があります!ウスタ...

【別府】お土産は駅構内の「えきマチ1丁目」で完結!厳選30!

たっぷり観光したいのでお土産選びは短時間で済ませたい!というあなたにピッタリのスポットが、別府駅構内にある「えきマチ1丁目」。数多くのお土産があるので、きっと満...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります