島根
島根
全国から信仰を集める出雲大社や、世界遺産・石見銀山が有名

【島根県】ひとり旅女子注目の絶品グルメ♡「出雲ぜんざい」と「出雲そば」

2018年3月2日更新

781view

お気に入り

島根県は出雲ぜんざいや出雲そば、松江牛などおいしいグルメがたくさんあります。ただしおしゃれなレストランはひとり旅ではなかなか入るのにハードルが高いのが事実ですよね。今回は、そんなひとり旅女子でも安心して入店できて、お手軽に楽しめるグルメスポットをご紹介します。

ちょっと小腹がすいたら食べたい!松江市のぜんざい

ちょっと小腹が空いたときや、あまりお腹に負担をかけたくない!という時におすすめのグルメが、出雲ぜんざいです!

松江城の駐車場側のすぐ近くにある、ちどり茶屋さんは、甘味だけではなくランチもでき、島根県のおいしい味覚を味わえるレトロなお茶屋さんです。

ちどり茶屋さんで頂ける、出雲ぜんざいは530円。

実は日本でも広く食べられているぜんざいは、島根県の出雲市が発祥だと言われています。ぜんざいは出雲地方の神在(じんざい)餅に起因しており、出雲大社に日本全国から神様が集まる神在月に振舞われるのがこの神在(じんざい)餅です。

横浜出身の筆者が想像するぜんざいといえば粒あんがごろごろで、四角い大きなおもちがドーンと入っていてお正月に食べるイメージですが、出雲ぜんざいは一般的に紅白のまるい小さなおもちが入っています。

甘く砂糖で煮詰められた小豆が入っていて、一応粒あんではあるのですが煮詰められているので、あまり原型をとどめていないぐらいスープのような状態になっています。

ぜんざいの横には、たくあんと塩昆布が添えられています。

そして、何より驚いたのが激熱!という事!ちどり茶屋の特徴なのか、寒い時期だったからなのか…一般的なぜんざいは少しぬるめのものが多い為、油断してたくさん口に含むと大事件になるのでお気を付けください。

ちどり茶屋
島根 / カフェ・喫茶店
住所:島根県松江市殿町428 松江城内
電話:0852-28-6007
松江城
島根 / 建造物 / 観光名所
住所:島根県松江市殿町1-5
電話:0852-21-4030
Web:http://www.matsue-tourism.or.jp/m_castle/

出雲大社の参拝後に食べたい!老舗のおそば

島根県へ旅に行く理由は様々ですが、多くの女子に共通するのが、日本一の恋愛パワースポット出雲大社への参拝ではないでしょうか。

筆者ももれなく出雲大社を参拝しました。しっかり参拝をして、広い出雲大社を散策すると、やっぱり思うのが「お腹空いたなぁ」という事ですよね。

出雲大社の周りにはたくさんのお店がたくさんあり、どこのお店に入ろうか迷うのもとても楽しいのですが、出雲に来たからには食べたいのが出雲そばです!

出雲そばとは、玄そば(殻のついたそばの実)をそのまま製粉し作られます。通常の殻を取ったそばの実から作るおそばとは違い、色は黒っぽく香りが高く独特の風味と触感のある事が特徴です。

さらに出雲には、おそばの食べ方が2種類あります。暖かいおそばを釜揚げそば、冷たいおそばを割子そばといいます。

ひとり旅女子におすすめなのは、割子そば!冷たいおそばである割子そばの起源は、江戸時代だと言われています。

出雲の地域では、江戸時代にはおそばをお弁当箱に詰めて野外で食べる風習があり、重箱の事を割子と呼んでいた事から冷たいおそばを割子そばと呼ぶようになりました。

そんな割子そばをいただける出雲大社近くのお店が、田中屋さんです。実はこの田中屋さん、出雲のガイドブックを開けば大体登場するとっても有名なお店です。実際、お昼の12時や13時には長蛇の列ができてる為、ひとりで入るにはかなりハードルが高い!

筆者が今回田中屋さんに行ったのは、15時ごろでした。お昼の時間をさけて行ったためもう店内は貸し切り状態。ゆっくりとくつろいでおそばをいただく事ができます。

筆者が田中屋さんで頂いた、割子そばは、三色割子です。とろろ、天かす、温泉卵の3つの味が楽しめる冷そばでお値段は1,000円!

いろいろな味を楽しみたい女子にとってはとてもうれしい三色割子をぜひ頂いてみてくださいね!

そば処 田中屋
島根 / 和食
住所:島根県出雲市大社町杵築東364
電話:0853-53-2351
Web:http://soba-tanakaya.jp/
出雲大社
島根 / 社寺・教会 / 観光名所
住所:島根県出雲市大社町杵築東195
電話:0853-53-3100
Web:http://www.izumooyashiro.or.jp/

神様に選ばれたおいしい島根県にひとり女子旅に行こう!

島根県は海と山に囲まれた、豊かな土地でおいしいグルメがたくさんあり、恋愛のパワースポットも巡れる女子旅にはピッタリの旅先です!1日3食では足りないぐらい、魅力的なグルメが溢れているので体重が増える事は覚悟して、おいしい島根旅を楽しみましょう♪

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年12月9日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

2日間で島根を巡る♡縁結びの出雲大社とご利益スポット女子ひとり旅

島根県と言えば縁結びやパワースポットがたくさんあります!日本一の縁結びスポットの出雲大社はもちろん、鏡の池で有名な八重垣神社や、フォトジェニックなまるで竜宮城の...

島根でご縁をむすぶ!縁結びのパワースポット11選

”縁結びの最強パワースポット”として全国的に有名な出雲大社がある島根県。出雲大社のみならず、県内にはさまざまな縁結びにご利益があるパワースポットや、縁結びのジン...

世界が認めた14年連続日本一の庭園!島根・足立美術館を巡る旅!

島根県安来(やすぎ)市の「足立美術館」に、14年連続日本一に輝いた世界的に有名な庭園があります。四季折々さまざまな表情を見せ、背景となる山や空といった借景ととも...

SL「やまぐち」号に乗って行く、山陰の小京都”津和野町”の旅

SL「やまぐち」号は、JR西日本が運行している、蒸気機関車けん引による臨時快速列車です。新山口を出発し、島根県津和野町までの62.9kmを、約2時間かけて走りま...

【島根】あえて観光地に行かない!ぶら~り松江1日モデルプラン

島根には、出雲大社をはじめとする観光スポットがたくさんあります。松江市内にも多くの観光スポットが点在しているのですが、あえてそうした観光スポットには行かずとも十...



この記事を書いたトラベルライター

ソロトラベルフォトライター(ひとり女子旅専門フォトライター)
大好きな旅をする為に25歳までフリーターをしながら旅を楽しんでいました!キャリアと旅との両立に悩みながらも、大好きな旅をしながら楽しみながら仕事をして豊かになる方法を構築し、たくさんの女性にお伝えしています。

あまりメジャーではないスポットや、寝台列車や、お酒のスポットなど、まだ女性向けの情報のないスポットに行き、女性目線で情報を得て発信する事が得意です。

新しい事にチャレンジし、刺激を受けるのが何よりもの楽しみです!

超ド級の方向音痴で行くところ、行くところで迷子になりながらもGoogleMapと地元の人に助けられ今まで無事故(笑)でたのしく旅をしています。

୨୧-- お仕事 --୨୧
♡ウェブデザイナー
♡好きを仕事にする!Instagraコンサルタント
Instagram講座毎月開講中★
♡フォトラベルライター

୨୧-- 私の旅スタイル --୨୧
♡ひとり旅
♡お散歩
♡世界遺産
♡ご飯・お酒
♡写真(カメラ:α6000)
♡かわいい
♡リフレッシュ・癒し
♡動物
♡おしゃれ
♡スーツケース
♡ミニマリスト
http://withbe.net

2日間で島根を巡る♡縁結びの出雲大社とご利益スポット女子ひとり旅

島根県と言えば縁結びやパワースポットがたくさんあります!日本一の縁結びスポットの出雲大社はもちろん、鏡の池で有名な八重垣神社や、フォトジェニックなまるで竜宮城の...

【弾丸】たった4時間でも京都を満喫できる女子のひとり旅モデルコース

京都といえば、魔都と言われるほど美しく旅人を引きつけてやまない街です。数えきれないぐらいの歴史的な寺社と、うっとりするような華やかな街並み。そんな素敵な京都の観...

次の週末は鎌倉へ♪気軽に行けて運気も上がる鶴岡八幡宮と開運スポット女子ひとり旅

鎌倉といえばおしゃれな街並みと、150もあるお寺と神社で有名な街です。最近では映画の舞台になったりと何かと注目されている鎌倉には、女子ひとり旅でも十分楽しめる開...

【神奈川県・横須賀市】冬の無人島・猿島への非日常体験のひとり女子旅へ♪

横須賀市にある東京湾唯一の無人島「猿島」は、船で10分でむかえるとても気軽な旅スポットです♪夏は家族やグループが多く、バーべキューや海水浴を楽しむ人であふれてい...

休日+1日有給で行ける!【カンボジア】アンコールワットをめぐる非日常の大冒険女子旅♡

東南アジアの国【カンボジア】と言えば、まだまだ豊かな自然が残り素朴な暮らしを垣間見れる癒しの国です。多くのガイドブックでは、最低でも4日間は必要と書かれています...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?