静岡
静岡
富士山のお膝元に位置するお茶の名産地

【静岡】紅葉と夢の吊り橋を巡る!秋の寸又峡プロムナードコース散策ツアー

2017年11月9日更新

516view

お気に入り

静岡県の川根本町にある寸又峡(すまたきょう)。周囲を南アルプスの入口にあたる前黒法師岳、朝日岳、沢口山などといった“寸又三山”の山々に囲まれた大変険しい所に立地する観光地です。そんな山奥の秘境とも言うべき寸又峡には、「死ぬまでに渡りたい世界の徒歩吊り橋10」に選ばれた夢の吊り橋などの有名な観光スポットがあるほか、秋には、峡谷一帯を彩る美しい紅葉が格別です!今回はそんな寸又峡の紅葉をたっぷりと満喫出来る、寸又峡プロムナードコースと呼ばれる遊歩道を紹介したいと思います。

1周約90分の散策コース!寸又峡プロムナードコース

新東名高速道路の島田金谷ICから北の山へ向かって、国道473号線および国道362号線をひた走り続けることおよそ45km。SLが走ることでも有名な大井川鐡道大井川本線の終着駅がある千頭地区から、さらに県道77号線へと折れ、山奥の突き当たりまで進んだ所に今回紹介する寸又峡はあります。

  • 寸又峡プロムナードコースから見る紅葉

寸又峡の無料大駐車場から車を降りると、峡谷の入口には温泉街が広がっていますが、その温泉街を抜けた先の深い峡谷へと続く遊歩道こそが、こちらの寸又峡プロムナードコースとなります!

遊歩道には道中、有名な観光スポットである夢の吊り橋があるほか、尾崎坂展望台、飛龍橋や、昔の森林鉄道の遺構などが残されている場所もあり、見どころが盛り沢山です。

そんな寸又峡プロムナードコースを夢の吊り橋や飛龍橋などを渡り、1周すると所要時間はおよそ90分。毎年11月中旬~下旬には葉も色づき、寸又峡の美しい紅葉がこちらの寸又峡プロムナードコースにぎゅっと詰まっていると言っても過言ではありません。早速、紅葉狩り散策へと出発していきましょう!

寸又峡一番の観光名所!夢の吊り橋

  • 寸又峡の紅葉と夢の吊り橋

寸又峡で一番の観光スポットと言えば、なんと言ってもこちらの「夢の吊り橋」と言えるでしょう。2012年にトリップアドバイザーが発表した「死ぬまでに渡りたい世界の徒歩吊り橋10」に選定されて以降は一躍注目を浴びました。

今回紹介する秋の紅葉シーズンやGWなどの行楽シーズンには、吊り橋を渡る大勢の観光客で行列が出来るほどの人気の観光スポットです。

  • 夢の吊り橋

人工のダム湖にかかる夢の吊り橋の全長は90mで、湖面からの高さは8m。正面に立つと、いかにもスリルを感じられそうな吊り橋の雰囲気が私たちの冒険心をくすぐりますが、エメラルドグリーンに輝く神秘的な湖面の様子もまたお見事!

このとても自然の色とは思えないような、美しいエメラルドグリーンの湖の水面こそが、多くの人を魅了する夢の吊り橋のヒミツとなっています。

  • 渡っている最中に吊り橋の下を覗き込む

秋はそこに木々の彩りが加わり、本当に最高の絶景を見せてくれる寸又峡の夢の吊り橋。吊り橋を渡っている最中に湖の方を覗き込むとこんな感じに。多客時には一方通行となり、後に引き返すことは出来ませんが、ゆらゆらと揺れる吊り橋の上から眺める景色は格別なものがありますので、ぜひ一度体感してみてください。

夢の吊橋
静岡 / 観光名所
住所:静岡県榛原郡川根本町寸又峡
電話:0547-59-2746

飛龍橋から振り返る寸又峡の紅葉も素晴らしい!

さて、紅葉の季節など混雑する時期には一歩通行となる夢の吊り橋を湖の対岸まで渡り切ると、304段もの階段が連なり、なかなかハードな道のりですが、休み休み登り切ると尾崎坂展望台へと到着します。

こちらからは、木々の合間から深い深い寸又峡の峡谷を様子を見渡すことが出来るほか、先にも少し触れた通り、昔の森林鉄道で使われていた保存車両の展示などがなされています。

  • 遊歩道の手前から見る飛龍橋

そして、尾崎坂展望台からさらに寸又峡プロムナードコースを先へ進むと見えてくるのが、こちらも森林鉄道の遺構である飛龍橋(ひりゅうばし)です。

過去に鉄橋として使われていたものを架け替え、車両も通れるように改良をしたのがこちらの飛龍橋ですが、橋から振り返る寸又峡の紅葉がとっても美しい所で、夢の吊り橋と同様に、寸又峡でおススメしたいベストな紅葉スポット!

  • 飛龍橋より振り返る寸又峡の紅葉

切り立った山林のトコロドコロに散りばめられた赤やオレンジなどと言った美しい紅葉の木々が、私たちの目を実に楽しませてくれます。

寸又尾崎坂展望台
静岡 / 展望・景観
住所:静岡県榛原郡川根本町千頭地内
飛龍橋
静岡 / 建造物
住所:静岡県榛原郡川根本町千頭

散策を終えた後は、ほっこり温泉で疲れをリフレッシュ♪

みなさま、今回の寸又峡の紅葉を巡る散策の旅はいかがでしたでしょうか?夢の吊り橋や飛龍橋から振り返る紅葉の景色が大変に美しい寸又峡の紅葉狩りですが、散策から戻って来た後は、「美女づくりの湯」として親しまれてきた寸又峡の温泉街で日帰り入浴を楽しむのも良いかもしれません。

また、アクティブ派には近くに接阻峡や井川湖などといった別の紅葉スポットもありますので、そちらを合わせて回ってみるのもおススメです。

最後に、寸又峡は冒頭に説明した通り、深い山の最奥部にあるどん詰まりの観光地でもあります。その為、秋の紅葉シーズンには一部狭い国道箇所や県道箇所などで交互通行の交通規制が行われることがあり、いつも以上に到着に時間がかかることがあります。秋の寸又峡へお出かけの際は、ぜひとも時間には余裕を持って、紅葉狩りを満喫しましょう!

寸又峡
静岡 / 自然・景勝地
住所:静岡県榛原郡川根本町千頭
電話:0547-59-1270
Web:http://www.sumatakyo-spa.com/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年11月4日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

一度は見てみたい!日本の絶景あじさいスポット10選

梅雨の時期をあざやかに彩るアジサイは、青、紫、ピンク、白、緑、とさまざまな装いで私たちの目を楽しませてくれます。近所に咲くアジサイもいいけれど、日本には、なんと...

紅葉以外も!9月・10月・11月の秋旅にオススメ国内旅行14選

すっかり朝晩の気温が下がり、木々が色づき始める秋。三連休が多く、旅行に出かけるチャンスも増える季節です。そんな秋にベストシーズンを迎える旅先をご紹介します。

無料で楽しめる【静岡・下田公園】300万輪の「あじさい祭り」

梅雨の時期には、なんと15万株300万輪の紫陽花が咲き誇る静岡県の下田公園!その数は日本一と言われ、青やピンクの美しい紫陽花が梅雨の鬱陶しさを吹き飛ばしてくれま...

1位は山中湖花の都公園!トリップノートのインスタ”いいね”数BEST10(2018年5月)

トリップノートのインスタグラムに投稿された写真の中から、「いいね!」が多かった写真のBEST10をご紹介!2018年5月の1位はトリップノートトラベラーtani...

日本の原風景が幻想的に!見てみたい美しい棚田のライトアップ5選

日本が世界に誇れる絶景のひとつ、棚田。そんな棚田がライトアップしているのをご存知でしょうか。秋の収穫が終わったあと、寒い冬にかけてライトアップする棚田はとっても...



この記事を書いたトラベルライター

日本全国を駆け巡る国内旅行専門の旅ブロガー
どうもみなさまこんばんは。個人で「日本全国旅そうだんBlog」という旅ブログを営んでいるてっぴいと申します。関東在住の20代で、休日や祝日は主にサイクリングやドライブを通じて西へ東へ飛び回っています。学生時代には自転車の荷台にテントや寝袋などの荷物を山ほど積んで、2週間や3週間、長期の旅に出掛けていたこともありました。現在はドライブや旅先でのサイクリングが中心ですが、そんな私が今まで見てきたこと、体験してきたこと全てひっくるめて、国内旅行の魅力について紹介していけたらと思いますので、よろしくお願いします。
http://cyclingtour587.blog.fc2.com/

手ぶらでラクラク日帰りサイクリング!房総半島南端の街・館山で楽しむ海の絶景

千葉県にある房総半島南端の街・館山市。例年1月~3月上旬頃にかけて沿道に菜の花が咲き乱れる房総フラワーラインや『南総里見八犬伝』で知られる里見氏の居城・館山城な...

茨城県にある人気の紅葉スポット!花貫渓谷徹底散策ガイド

茨城県高萩市にある花貫渓谷。同じ県北エリアにある大子町の袋田の滝や、常陸太田市にある竜神大吊橋、そして県南部の筑波山と並んで、茨城県を代表する人気の紅葉スポット...

伊勢志摩絶景ドライブ!美しい海を感じるパールロードの展望台巡り

三重県伊勢市・鳥羽市・志摩市などに跨る志摩半島。リアス式海岸と呼ばれる複雑な海岸線が、幾つもの小さな入り江のような地形を造っており、美しい海の景色を楽しめる人気...

【愛知】知多半島の美しい海の景色を巡る絶景ドライブの旅!

愛知県にある知多半島。対岸に位置する渥美半島とともに、三方を海に囲まれた風光明媚な観光名所でもあります。名古屋などの大都市圏からも近くアクセス良好で、気軽に日帰...

埼玉県唯一の「日本の滝百選」!丸神の滝の絶景に出会う旅

皆様は「丸神の滝」という滝をご存知でしょうか?埼玉県小鹿野町にある落差76mの滝で、埼玉県では唯一「日本の滝百選」にも選ばれています。両神山の麓、いわゆる秩父の...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?