福島
福島観光
首都圏からの観光客も多く観光施設が充実

【会津若松】女子旅におすすめ♡七日町通りで買える可愛いお土産26選

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:41都道府県

2020年1月22日更新

2,538view

お気に入り

写真:かなたあきこ

レトロな街並みで人気の会津若松・七日町通りは可愛い&オシャレなお土産の宝庫!赤べこグッズや会津木綿の小物、会津漆器など、会津若松を訪れる女子旅で買いたいお土産を厳選して26品ご紹介します。

この記事の目次表示

会津若松市「七日町通り」って?

福島県会津若松市の七日町通りは、会津藩がかの地を治めていた時代には日光街道、米沢街道、越後街道などが交錯する要所で、会津城下の西の玄関口として栄えた場所でした。ちなみに七日町と書いて「なのかまち」ではなく「なぬかまち」と読みますので、お間違えのないように。

  • 写真:かなたあきこ
【公式】七日町通りまち歩きマップ(福島県観光情報サイト)はコチラ

七日町通りは藩政が終わった明治時代以降も繁華街として賑わいを見せ、現在では蔵が建ち並ぶレトロな雰囲気が人気の観光地となっています。本記事ではJR七日町駅を起点に、1時間前後でさくっと回れるお土産ルートをガイド。女子旅におすすめな可愛いお土産を、厳選して26品ご紹介します♪

七日町通り
福島 / 町・ストリート
住所:福島県会津若松市七日町地図で見る

おすすめお土産店【1】アンテナショップ「駅Cafe.」

スタートはJR七日町駅から。駅併設のアンテナショップへ

  • 写真:かなたあきこ

JR只見線七日町駅は会津若松駅から一駅の、市の中心部にある駅です。グリーンの三角屋根がレトロモダンで、とってもオシャレ。インスタ等のSNS映えアイコンとしても人気が高い駅舎です。駅舎の中にはホームが見えるカフェと、併設するアンテナショップ「駅Cafe.」があり、ぜひ立ち寄りたいスポットです。

  • 写真:かなたあきこ

こちらのショップでは、会津木綿の小物や会津塗、地元の食品など、会津地方17市町村から選りすぐられたお土産を取り扱っています。一カ所でたいがいの物がそろうので、お土産を買う時間があまりない方にもぜひおすすめです。

会津土産①「会津木綿&会津型ノート」

  • 写真:かなたあきこデザイン豊富な会津木綿&会津型のノート。いずれもサイズはA5判と小ぶりです

可愛い会津のお土産、まず一つ目は会津木綿の柄と会津型を活かしたノートです。会津木綿とは、同地方に伝わる伝統的な布地のことで、固くしっかりとした織り方が特徴。カラフルな縞模様が素朴かつキュートで、現在では多くの小物などにアレンジされています。一冊239円+税。

  • 写真:かなたあきこ「会津型ノート」(350円+税)

一方「会津型」とは布地を染める染色に使われてきた“型紙”のことで、会津型のデザインをそのまま活かしたノートは一冊350円+税。筆者は上↑の会津型のノートを購入しましたが、いずれもプチプラでバラマキお土産にもぴったり。実用的な文房具のお土産は、誰にあげても喜ばれますよ。

会津土産②「会津木綿ヘアゴム」

  • 写真:かなたあきこ「会津木綿ヘアゴム」(381円+税)

会津木綿の端切れを用いたくるみボタン型のヘアゴム(381円+税)も、女性に人気のお土産です。一つ一つ微妙に柄が違うので、チョイスに悩んでしまうかも。ヘアゴムのほかにブローチもあります。

会津土産③「会津鉄道トートバッグ」

  • 写真:かなたあきこ「会津鉄道トートバッグ」(税込み1,700円)

丈夫な帆布で作られたバッグの表面に、可愛らしい会津鉄道の車両が刺繍されたトートバッグ(税込み1,700円)。会津鉄道とは会津若松市に本社を置く第三セクターの電鉄会社で、JR七日町駅にも乗り入れのため多くの車両がやってきます。鉄道ファンも多数訪れる「駅Cafe.」ならではの、人気のお土産です。

会津土産④「起き上がり小法師 一輪挿し」

  • 写真:かなたあきこ「起き上がり小法師 一輪挿し」(1,000円+税)

起き上がり小法師とは会津地方独特の縁起の良い郷土玩具で、だるまのように人形の下部におもりを入れることで、倒しても自分で起き上がる構造になっています。会津土産にはこの起き上がり小法師をモチーフとした雑貨等が多く、こちらの一輪挿し(1,000円+税)は下垂型のシルエットを活かしたユニークな一品です。

会津土産⑤「さき織りコースター」

  • 写真:かなたあきこ「さき織りコースター」(一枚税込み250円)

さき織りとは“裂き織り”の意味で、古布を細く裂いて再利用した織物のことです。こちらのコースターは会津若松市にある障がい者支援施設「あいの里」で作られたもので、世界に一枚だけの個性的な色や柄が楽しめます(一枚税込み250円)。その他、さき織りティッシュケースやポーチなどもおすすめです。

会津土産⑥「手すきハガキ」

  • 写真:かなたあきこ「手すきハガキ」(1枚100円+税)※左が押し花、右が切り絵

一枚一枚丁寧に手すきされた和紙で作られたハガキも、素敵な会津土産の一つです。鶴ヶ城(会津若松城)など会津ゆかりのモチーフを切り絵で表現したものや、本物の生花をあしらった押し花付きなどの種類があり、いずれも一枚100円+税。製作の手間の割に、信じられないくらいのリーズナブルさで驚かされます。

会津土産⑦「赤べこマグネット付き輪ゴムホルダー」

  • 写真:かなたあきこ「赤べこマグネット付き輪ゴムホルダー」(400円+税)

次にご紹介するのは、会津の郷土玩具“赤べこ”をかたどった可愛すぎる輪ゴムホルダー(400円+税)です。赤べこの半身にマグネットが付いており、冷蔵庫にそのままぺたり。散らかりがちな輪ゴムの整理にぴったりです。キッチンでのお料理中も、とぼけた感じの赤べこの表情に癒されますよ!

会津土産⑧「会津漆器 亀甲銘々皿」

  • 写真:かなたあきこ「会津漆器 亀甲銘々皿」(各税込み500円)

会津は伝統的に漆器製造が盛んで、「会津漆器」「会津塗」として親しまれています。こちらの漆塗りの銘々皿は、亀甲型のお皿の隅に赤べこや起き上がり小法師などのイラストがワンポイントで添えられ、何ともキュート!和菓子はもちろん、クッキーやマカロンといった洋菓子をのせても似合いますので、毎日のティータイムのお供にぜひ(各税込み500円)。

会津土産⑨「ヨーグルト 会津の雪」

  • 写真:かなたあきこ「ヨーグルト 会津の雪」(税込み180円)

ここからは食品系のお土産をご紹介。肉厚のレトロなガラス瓶が目印の「会津の雪」(税込み180円)は、会津中央乳業が製造販売するヨーグルトです。地元の乳牛から搾った取れたてのミルクを低温濃縮した、濃厚かつリッチな味わいが評判。同社製品のシンボルマークである、女の子のイラストが可愛い一品です。

会津土産⑩「会津磐梯サイダー」

  • 写真:かなたあきこ「会津磐梯サイダー」(160円+税)

奥会津の天然炭酸水が10%配合された「会津磐梯サイダー」(160円+税)。スッキリさわやかな飲み口と、青空をバックにした会津磐梯山のラベルデザインが清々しいドリンクです。同店では冷蔵庫で冷やされたものが買えるので、夏の街歩きの水分補給にもいいですね。

「駅Cafe.」はカフェスペースも充実

  • 写真:かなたあきこ
  • 写真:かなたあきこ

たくさんのお土産が購入できるアンテナショップ「駅Cafe.」は、カフェスペースもとても充実しています。おすすめはホームに面したカウンター席で、お茶をしながら、窓越しに電車の発着を垣間見ることができます。IR只見線のダイヤは1時間に数本しかないため、ホームと電車の写真を撮りたい場合は時刻表をあらかじめ確かめておきましょう。

  • 写真:かなたあきこ「桃フロート」(650円+税)

筆者は夏真っ盛りの8月上旬に訪問し、「水出しアイスコーヒー」(420円+税)に加えて、季節限定の「桃フロート」(650円+税)を注文。果汁そのものの濃厚な桃ジュースに、桃のシャーベットをトッピングしたフロートは、生の桃をいただく以上のジューシーさ!桃の産地・福島ならではの旬の美味しさが堪能できますよ。

駅café(七日町駅)
福島 / カフェ・喫茶店 / お土産
住所:福島県会津若松市七日町5-1地図で見る

次のページを読む

福島の旅行予約はこちら

福島のパッケージツアーを探す

福島のホテルを探す

福島の航空券を探す

福島の現地アクティビティを探す

福島のレンタカーを探す

福島の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年1月20日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


行った気分でお取り寄せ!全国の人気ご当地グルメ&おすすめ銘菓36選

旅行に行けない時でも旅行気分を味わいたい!そんな方におすすめなのが、ご当地グルメやご当地スイーツのお取り寄せです。全国の数あるご当地グルメのなかでも特に人気のグ...


【福島・裏磐梯】地元ライターが教えるおすすめの立ち寄り&グルメ、SNS映えスポット・後半

福島県の観光スポットは沢山ありますが、「【福島・裏磐梯】地元ライターが教えるおすすめの立ち寄り&グルメ、SNS映えスポット・前半」の記事に引き続き裏磐梯について...

キラキラの宝石を召し上がれ♪【福島】ゼリーのイエ

それはまるで宝石みたいなスィーツ。綺麗で可愛くて、ずっと見ていたいほどですが、お口に入れた途端、幸せに包まれちゃう!インスタ映えすると大人気で、アニメ映画にまで...

これで完璧!地元民お勧めの福島土産20選

全国的にも人気のお菓子から、地元民しか知らないようなレアなお菓子。家でほっこりできるお漬物から、世界に誇れる地酒まで、自慢の品を色々揃えてみました。福島にお出か...

【福島】東北新幹線でよく通る!実はグルメも多い郡山の定番お土産5選

福島県郡山というと、東北新幹線によく乗る人は聞き覚えがあるのではないでしょうか? 郡山は、新幹線だけでなく在来線の東北線や磐越西線、磐越東線、水郡線が通る交通の...

この記事を書いたトラベルライター

フリーランスライター
◆◆トラベルライターアワード 2018年上半期・2018年年間・2019年上半期
◆◆「国内記事部門 アクセストップ賞」三期連続受賞中!
◆◆https://tripnote.jp/minna/award/2019/1



学生時代のダイビング、社会人からのトレッキングを経て、海も山もあらゆる旅行&アクティビティが好き。今は小学生の子どもたちと行く、国内外の自然体験がいちばんの楽しみです。過去には夫の海外勤務に帯同し、2年半ほどドイツ・ミュンヘンで暮らしたことも。どこまでも地続きであるヨーロッパの利点を活かし、休みのたびにいろいろな国や街へ強行ドライブ旅を敢行していました。(1歳・3歳の子連れで、土日でミュンヘン⇔ミラノ往復など無茶もしました・・・)ヨーロッパ各地の旅の思い出と、帰国後に行った国内外の旅行&東京近郊でのキャンプやアウトドア体験を中心に、いろいろ書き綴っていけたらなと思っています。

【豊洲】「チームラボ プラネッツ」徹底ガイド!お台場との違いは?

「チームラボ」のデジタルアートが体感できる【チームラボ プラネッツ】。お台場の【チームラボ ボーダレス】との違いは?チケット入手方法や展示内容、レストラン情報な...


【上野動物園】シャンシャン観覧方法の裏ワザ❤混雑回避したい方必見!

2018年6月5日から、上野動物園の赤ちゃんパンダ【シャンシャン】の観覧方法が、整理券配布式から「並んだ順」に変更されました。連日混雑が続く中、できるだけ並ばず...


【三崎口】夏休みも利用OK♪「みさきまぐろきっぷ」を使い倒す観光プラン2パターン!

東京・横浜方面から三崎口までの京急線往復電車代と、三浦半島周辺のレジャー&グルメがセットになった「みさきまぐろきっぷ」。割引率がとても高く、オトクな企画きっぷで...

【豊洲市場】見学者コース・飲食店・マグロのせりetc見どころ最新ガイド!

2018年10月11日にオープンした【豊洲市場】。築地市場に代わり、新しい東京の中央卸売市場となる「豊洲市場」をいち早く体験♪充実した見学者コースや飲食施設、屋...

【奈良】女子旅で買いたい“かわいい”お土産10選

奈良の女子旅で買いたい、ビジュアルが可愛いお土産を厳選!人気の鹿モチーフをはじめ、奈良でしか買えないキュートすぎるお土産10点をご紹介します。奈良を旅する女子必...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?