福島
福島観光
首都圏からの観光客も多く観光施設が充実

郡山の外せないマスト焼肉。A5黒毛和牛専門店「もうもう亭」

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:43都道府県

2017年2月21日更新

811view

お気に入り

写真:熊猫

その折り紙つきの特選黒毛和牛は松坂牛、飛騨牛、米沢牛の雌牛のみ。A5ランク肉の美しさに見とれ、ロースターのsizzleにうっとりし、豊かな薫りに惑わされる。そしてとろける食感に魅了され、噛むほどに豊穣な味覚に言葉はもう追い付けない。プロローグの「ビーフジャーキー」から、〆の飯のエンドロールまで。それはもう野心的で圧倒的な焼肉劇場。郡山に行ったら外せない、「もうもう亭」をご賞味あれ。

この記事の目次表示

焼肉観が変わる

筆者が初めて、「もうもう亭」を訪れたのが19年前のこと。仕事先で誘われた食事会が「もうもう亭」という焼き肉店と聞いて、たいした期待を抱きませんでした。ご馳走になるにも関わらず、その店名から、「どうせ、しょぼい店でしょ?」と感じたからです。

ところがどうでしょう。その懸念は見事に裏切られました。「もうもう亭」の暖簾をくぐったその瞬間から、焼肉観が覆えされる体験が待っています。それが「もうもう亭」です。

特選黒毛和牛と無科調のタレ

黒毛和牛専門店の「もうもう亭」は福島県郡山市にある焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶのお店です。同店のホームページなどによると、扱う肉は松坂牛、飛騨牛、米沢牛の特選黒毛和牛をメインに、肉質の良いとされる雌牛のみ。

しかも独自の手法で程良く熟成させた肉は、客からの注文を受けてから、職人が手切りで提供するとのこと。しかも、「タレ」は、化学調味料を使わないオリジナルのもの。お店のこだわりが垣間見えます。

  • 写真:熊猫

和のインテリアでリラックス

白地の壁に「もうもう亭」の文字。格子壁の外観は落ち着いています。

  • 写真:熊猫

店内に入ると、重厚な1枚板のカウンターと小上がり。奥には宴会用の部屋もあり、ひとり客から団体客まで利用可能です。清潔な和のインテリアは落ち着く雰囲気になっています。

コースで様々な部位を楽しむ

好きなお肉を好きなだけ注文する手もありますが、せっかくの特選黒毛和牛。ここはまんべんなく、様々な部位を食べられるコースがおすすめです。コースは5,000円の「吟」と7,500円の「匠」が用意されています。

フリードリンクはコース注文した場合にのみ適用されます。90分、1,900円と120分、2,500円。筆者は「匠」コースと赤ワインをいただきました。

  • 写真:熊猫

プロローグの「ビーフジャーキー」

テーブルに着いて、間もなく「ビーフジャーキー」が運ばれてきます。感動へのプロローグです。「ビーフジャーキー」というと、アメリカ土産の定番ですが、あまり得意ではない方もいらっしゃるのではないでしょうか。ところが、「もうもう亭」の「ビーフジャーキー」は、堅すぎず、塩辛くもなく、適度なスモーキー感が抜群です。

これがA5ランク

コースに沿って、お肉が順番に運ばれてきます。まず、筆頭を努めるのが、特上カルビ。思わず二度見するようなインパクトあるポーション。肉厚約25mm。サシの含み具合、肉の光沢と美しさがA5ランクの貫録というものでしょうか。

  • 写真:熊猫

特上カルビ

ロースターに肉を着地させると、軽快な音が聞こえてくるでしょう。「ジュウゥゥゥ」という重い音ではなく、「チイィィィ」、或いは「シイィィィ」という濁らない音です。そこに脂が滴る音が加わると、まさにsizzleです。

  • 写真:熊猫

特上カルビをロースターからサルベージし、タレにつけて口に運ぶと、「とろけるような」、「ジューシィな」、そんな月並みな言葉では表現しきれない、味わいが広がります。驚愕の味覚に言葉が追いつかず、脳内にベートヴェンの交響曲第五番が流れます。「うんめい」。

特上ロースとヒレ

その後も、A5ランクお肉のパレードが間断なく続きます。「上ロース」に「ヒレ」。この順番はロースとヒレのどちらが牛肉の最高部位であるか、自らの舌で判断せよと迫られているように感じることでしょう。リブロースかシャトーブリアンか。

筆者はそんな鋭敏な味覚を持っておりませんので、「これは・・・」と絶句する、『美味しんぼ』の山岡士郎のような呟きが漏れただけでした。

  • 写真:熊猫

ハラミ

コースの終盤はホルモンです。「カルビ」や「ロース」とは異なる食感の内臓も焼肉の醍醐味といえます。「ハラミ」は、横隔膜を形成する内臓で、若干乳臭い薫りがたまりません。

一般的な串焼き屋で出てくる「ハラミ」は堅いものばかりで、ガムを噛んでいるような味気なさがありますが、「もうもう亭」のハラミはさすがです。

噛むほどに弾力を楽しめる柔らかさに思わず悶絶することでしょう。その心は、まさにホル悶。新鮮なサンチュに挟んで食べたら、またホル悶。

  • 写真:熊猫

ホルモン盛り合わせ

トリを務めた、ホルモン三兄弟。「レバー」、「ミノ」、「シマチョウ」の美しさといったら。ピカピカに光って輝いています。とりわけ、レバーは刺身でもいけそうだとついついいけない企みが頭をよぎりました。

オリジナルのタレにつけられた新鮮なホルモンはそれぞれの素材の食感が楽しめます。「レバー」は臭みもなく、これならレバーが苦手な人も納得するでしょう。

  • 写真:熊猫

まとめ

〆は「クッパ」、「ビビンバ」、「冷麺」から選ぶことができます。祭りの後のほどよいクールダウンはいかがでしょうか。

今回の訪問は19年ぶりとなりましたが、「もうもう亭」は、今でも筆者の焼肉史に燦然と輝くお店であることが確認できました。「もうもう亭」は郡山に行ったら外せないマストな焼肉といえるでしょう。

もうもう亭
福島 / 焼肉 / ランチ
住所:福島県郡山市朝日3-6-3 レジデンス朝日1F地図で見る
電話:024-923-9437
Web:http://www.moumoutei.com

福島の旅行予約はこちら

福島のパッケージツアーを探す

福島のホテルを探す

福島の航空券を探す

福島の現地アクティビティを探す

福島のレンタカーを探す

福島の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。


【会津若松】女子旅におすすめ♡七日町通りで買える可愛いお土産26選

レトロな街並みで人気の会津若松・七日町通りは可愛い&オシャレなお土産の宝庫!赤べこグッズや会津木綿の小物、会津漆器など、会津若松を訪れる女子旅で買いたいお土産を...

福島・子供と行きたい観光スポット30選!子連れ旅行におすすめ

ベビープールも完備のスパリゾートハワイアンズや、白鳥へのエサやりが楽しい猪苗代湖、世界最大級のタッチプールを擁するアクアマリンふくしまなど、福島への子連れ旅行に...

まるでハリポタの世界【福島】ブリティッシュヒルズ

重厚な門をくぐると、そこは霧に包まれた中世の英国。日本でありながら、イギリスを!中世を感じる空間、しかも映画『ハリー・ポッター』を彷彿とさせる世界が広がるのです...

並ばずに食べられる!行列ができる人気店のお取り寄せグルメ18選

行列ができるほど評判のお店のグルメなら、一度は食べてみたいもの。でも並ぶのはちょっと…という方のために、全国各地の行列ができる人気店のお取り寄せグルメを一挙にご...

この記事を書いたトラベルライター

さすらいびと
「いつか、ある人にこんなことを聞かれたことがあるんだ。たとえば、こんな星空や泣けてくるような夕日を一人で見ていたとするだろ。もし愛する人がいたら、その美しさやその時の気持ちをどんなふうにつたえるかって?」
「写真を撮るか、もし絵がうまかったらキャンバスに描いてみせるか、いややっぱり言葉で伝えたらいいのかな」
「その人はこう言ったんだ。自分が変わってゆくことだって…。その夕日を見て、感動して、自分が変わってゆくことだと思うって」 星野 道夫「旅をする木」(文春文庫)より
https://blog.goo.ne.jp/kumaneko71

140円の鉄道旅「大回り乗車」で楽しむ首都圏1都3県のグルメ旅

JR各社の大都市近郊区間内の特例として、遠回りしながら目的地に行く「大回り乗車」というものがあります。初乗り料金のたった140円でぐるりと関東地方を一周すること...


140円の鉄道旅・大回り乗車で楽しむ東京〜千葉・絶品の駅そば巡り

大回り乗車をご存じでしょうか。JR各社の大都市近郊区間内の特例として、運賃上正式な乗車ルートではない路線を利用し、遠回りして目的地に行く乗車方法のことです。この...


うどんだけじゃない。高松名物「骨付鳥」は、CAも通う「蘭丸」がおすすめ

高松といえば、讃岐うどん。でも、もうひとつの名物「骨付鳥」はあまり知られていません。文字通り、鳥の骨付きもも肉を焼いたもので、スパイシーな味付けが特徴です。近年...

階段降りたら2秒でアジア。アジア食材・調味料が揃う「アメ横センタービル・地下食品街」

今、東京でも屈指の多国籍タウンになりつつある「アメ横」。今回は、色々な国の様々なエッセンスが薫る商店街の中でも、とりわけホットなスポットとして注目を集めている「...

【福井】永平寺の修行体験 1泊2日の参籠で心を整える

旅行ガイド『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』において二つ星がつけられるなど、国内外から注目を集める永平寺。でも観光で訪れるだけとは、なんとももったいない。...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります