長崎
長崎観光
ハウステンボスやグラバー園など、有名観光スポットが多数

【長崎】上五島滞在なら絶対マルゲリータホテル!女子旅におすすめのおしゃれリゾート

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:26都道府県

2021年1月14日更新

447view

お気に入り

写真:中嶋といろ

長崎県の上五島市にある「五島列島リゾートホテル マルゲリータ」。修道院をイメージしたホテルは、シンプルながらもとてもおしゃれで女子旅にぴったりのホテルです。今回はご飯も温泉も景色も楽しめる「五島列島リゾートホテル マルゲリータ」の魅力をご紹介します!

この記事の目次表示

予約が取れない!?地元民からも愛される「五島列島リゾートホテル マルゲリータ」

  • 写真:中嶋といろ

イタリア語でマーガレットの意味を持つ「マルゲリータ」。その名を冠したのが、上五島の教会をイメージして作られた「五島列島リゾートホテル マルゲリータ」です。

名前の通り、春には可愛らしいマーガレットの花が咲き乱れるお庭があり、全室オーシャンビューの客室からは五島灘を見下ろすことのできる、眺望が最高なホテルです。

  • 写真:中嶋といろ

2018年には「長崎と天草の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に登録され、時期によっては、予約ができないこともあるほど人気になっています。

全室オーシャンビュー!ゆっくりステイしたくなるおしゃれなホテル

教会をイメージしたシンプルな館内

  • 写真:中嶋といろ

「五島列島リゾートホテル マルゲリータ」は、教会をイメージしたホテルのため、館内は白を基調としていて、窓から見える緑を美しく感じることができます。

客室も館内同様、修道院を思わせるシンプルなインテリア。ウェルカムドリンクは、マンゴーのソーダやドリップコーヒーのほか、紅茶、日本茶、ミネラルウォーターなども揃っています。

また、アメニティーも充実。シンプルなコットンの部屋着に、温泉に行くときに荷物を入れるための大きな帆布製トートバッグもあり、お風呂セットの多い女子にはありがたい気遣いです。

  • 写真:中嶋といろ

さらに、可愛らしいマルゲリータ柄の便箋や、教会のイラストが書かれたポストカード、上五島のイラストマップもあり、見ているだけできゅんきゅんしてしまいます。

  • 写真:中嶋といろ

客室は全室オーシャンビューで、広いバルコニーからは、東側のお部屋であれば、お庭と雄大な五島灘を、西側のお部屋からは東シナ海を眺めることができます。お部屋にいながら雄大な自然と、サンライズやサンセットを眺められるのは旅の最高の特典ではないでしょうか。

  • 写真:中嶋といろ

上五島にはスーパーもあるので、ホテルにチェックインする前にちょっとしたお酒を買っておけば、五島灘を眺めお酒を楽しみながら、優雅にガールズトークを楽しむこともできます!

地元民が記念日に食べに来るほどおいしい!地元の食材を使ったレストラン「空と海の十字路」

  • 写真:中嶋といろ

食事は、ホテルに併設されているレストラン「空と海の十字路」で取ることができます。修道院をイメージしたレストランの店内はとてもシンプルで、ホテルの雰囲気を保った空間で食事を楽しむことができます。

こちらのレストランでは、五島でとれた新鮮なお魚やお肉、お野菜を味わうことができます。嬉しいのが和食ではなく本格的なイタリアンを楽しめると言う所!温泉が楽しめるいわゆる旅館では、なかなか本格的なイタリアンが楽しめると言うところは少ないです。特に地方であればなおさらではないでしょうか。

メニューには和食もあるものの、やはり女子旅にはイタリアンのコース料理がオススメですよ。筆者は五島牛のコース料理をいただきましたが、お肉だけではなく、お魚やお野菜もたくさん味わえ、ボリュームも満点で大満足のディナーでした。

  • 写真:中嶋といろ

イタリアンがメインというだけあって、ワインもとても充実。グラスでの提供もあるので、あまりお酒が得意でない女子やひとり旅の場合でも、安心して楽しむことができますよ。ちょっぴり贅沢したい女子旅にはぴったりです!

こちらのレストランは地元の方からも愛されているようで、筆者が利用したタクシーのドライバーさんによると、ちょっとした記念日などに夫婦で訪れたりするそうです。地元の人も納得する、地元の食材を使ったレストランなら、安心して楽しめますね。

レストラン 空と海の十字路
長崎
住所:長崎県南松浦郡新上五島町小串郷1074地図で見る
Web:https://margherita-resort.com/2018/06/07/restauran...

雄大な自然に癒される!滞在中何回も入りたい温泉

  • 写真:中嶋といろ

マルゲリータはとてもシンプルでおしゃれなホテルですが、なんと源泉掛け流しの温泉があります。番嶽温泉という名の自家源泉で、弱アルカリ性低張性低温泉です。内風呂と露天風呂の2つがあり、両方から美しい眺望を楽しむことができますが、露天風呂からはサンライズとサンセットも眺められます。

特に、筆者が気に入ったのは内風呂で、お湯に肩までつかりながら眺める五島灘の美しい景色は、最高に癒されます。特に日が落ちてきて、だんだんとオレンジと青が混ざり合っていく空は、本当に美しく感動的でした。ビル等の無機質な建物がなく広がるのは海と山と島だけの自然。癒しの女子旅にはぴったりではないでしょうか。

温泉にゆっくりつかって温まったら、メディテーションデッキから、雄大な自然を眺めて涼むのがオススメ。五島灘を見渡せる最高のロケーションで、さらなる癒し時間を満喫できますよ。

観光後の気分をそのままに…上五島の魅力を詰め込んだホテル

  • 写真:中嶋といろ

「五島列島リゾートホテル マルゲリータ」の近くには、観光地としても人気の「青砂ヶ浦天守堂」があり、上五島ならではの観光を楽しむのにもぴったりのホテルです。

  • 写真:中嶋といろ

さらに、島内の主要の観光地を巡る観光バスの停車スポットにもなっているため、レンタカーを借りずともホテルにアクセスできるのは嬉しいポイントです。

上五島への旅行の際は、「五島列島リゾートホテル マルゲリータ」を利用してみてはいかがでしょうか。

青砂ヶ浦天主堂
長崎 / 教会
住所:長崎県南松浦郡新上五島町奈摩郷1241地図で見る
五島列島リゾートホテル マルゲリータ
長崎 / ホテル
4.6 (18件の口コミ)
料金(目安):10,800円〜48,300円
宿泊時間:15:00〜10:00
住所:長崎県南松浦郡新上五島町小串郷1074地図で見る
電話:0959-55-3100
Web:https://margherita-resort.com/

長崎の旅行予約はこちら

長崎のパッケージツアーを探す

長崎のホテルを探す

長崎の航空券を探す

長崎の現地アクティビティを探す

長崎のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2021年1月14日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

ソロトラベラー(ひとり女子旅専門ライター)
フリーランスのトラベルライター 。

女性目線の女子旅を主にひとりで、時々友達と楽しんでいます。写真を撮るのも好きで、Olympus PENとGoproを連れて旅しています。

世界遺産や遺跡、自然、絶景、美術、教会、グルメを主な発信としています。
世界遺産検定2級を取得しました!

あまりメジャーではないスポットや、寝台列車や、お酒のスポットなど、まだ女性向けの情報のないスポットに行き、女性目線で情報を得て発信するしてきたいと思っています。

旅はしたいけど、友達との予定があわずなかなか旅ができない社会人女子の参考にしてもら得るとうれしいです!
http://withbe.net

2日間で島根を巡る♡縁結びの出雲大社とご利益スポット女子ひとり旅

島根県と言えば縁結びやパワースポットがたくさんあります!日本一の縁結びスポットの出雲大社はもちろん、鏡の池で有名な八重垣神社や、フォトジェニックなまるで竜宮城の...


【弾丸】たった4時間でも京都を満喫できる女子のひとり旅モデルコース

京都といえば、魔都と言われるほど美しく旅人を引きつけてやまない街です。数えきれないぐらいの歴史的な寺社と、うっとりするような華やかな街並み。そんな素敵な京都の観...


【神奈川県・横須賀市】冬の無人島・猿島への非日常体験のひとり女子旅へ♪

横須賀市にある東京湾唯一の無人島「猿島」は、船で10分でむかえるとても気軽な旅スポットです♪夏は家族やグループが多く、バーべキューや海水浴を楽しむ人であふれてい...

はじめての女子ひとり旅はアジアで決まり!おすすめの国3選

社会人になると友達と予定が合わず、人と一緒に旅行する事がなかなか難しくなってきます。しかし、旅好きの女子としてはやっぱり年に何回かは海外に旅行に行きたいと思うも...

【岩手県】平泉の中尊寺金色堂!夏休みも意外と空いてる歴女なひとり旅♡

夏休みと言えば、どこに行っても人がごった返していて、なかなかひとり旅に出かけるのは億劫になってしまいますよね。しかし!2011年に世界遺産に登録された岩手県の平...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります