タイ
タイ観光
多彩な魅力をもつタイには世界中から多くの旅行者が訪れる

【タイ】チェンマイ発☆のんびりローカル列車の旅

取材・写真・文:

タイ在住
訪問エリア:9ヶ国

2021年12月21日更新

288view

お気に入り

写真:瀬奈

旅の日程に余裕があったら、のんびりローカル列車の旅はいかがでしょうか?ガタンゴトンとゆっくり線路を進む列車の車窓からは、タイの田舎の景色や、人々の生活を垣間見ることができ、どっぷりとローカルな雰囲気に浸ることができます。

この記事の目次表示

タイ最北の終点、チェンマイ駅からの列車旅

  • 写真:瀬奈

タイの鉄道は、バンコクを中心に、北部、南部、東部、東北部に線路が伸びています。今回は、北部線の最終駅チェンマイから、バンコク行きの列車に乗ってウタラディット駅まで約230キロ、約5時間半の鉄道旅をご紹介します。

  • 写真:瀬奈

筆者は、始発の6時30分の列車に乗りました。日の出前のチェンマイ駅はひんやりと涼しく、とても静かです。チケット売り場で行き先を告げて、チケットを購入することができます。

  • 出典:12go.asia12Goのスクリーンショット

チケットは駅のカウンター、もしくはタイ国鉄のHPで購入することも可能ですが、筆者がよく利用するのは「12Go」というチケット予約サイトです。日本語も選択可能で、出発地と目的地を入力すると、利用可能な公共交通機関と時刻、料金が表示されます。クリックしてそのままチケットを購入できるのでとても便利です。

象の置物で飾られたチェンマイ駅のホーム

  • 写真:瀬奈

ここが、タイ国鉄最北端の終点部分です。日本と違い、駅のホームは線路とほぼ同じ高さになっています。あまり間近で見る事のない列車の車輪も見えるので、迫力を感じます。

  • 写真:瀬奈

バンコクから750キロ北に伸びた線路の最後は、たくさんの象の置物で飾られていました。

チェンマイ駅
チェンマイ / 駅
住所:チェンマイ駅地図で見る

アジアを感じる、レトロな車内

  • 写真:瀬奈

駅員にチケットを見せれば、出発する列車を教えてくれます。駅にはいくつか列車が止まっていますが、線路は一本のみ。タイの国鉄は単線なので、出発する列車も一つのみです。

  • 写真:瀬奈

終点はバンコクです。時刻表を見ると、バンコクに到着するのはなんと21時10分。15時間近くかかります!目的地がバンコクなら、時間を有効に使うためには夜行列車が良いかもしれません。

  • 写真:瀬奈

車高が高いので、ステップを上がって乗車します。ステップも結構な高さがあるので、子供やお年寄りには少々乗りにくいかもしれません。

  • 写真:瀬奈

今回筆者が購入したのは、2等エアコン席です。1等席は寝台車なのですが、昼間の運行なので予約できませんでした。よく見ると、筆者が予約した席は上に収納スペースがあり、階段も設置されているので、夜行便の時にはここが2等寝台席になるのだと思います。

  • 写真:瀬奈

こちらが座席です。席は直角で、とても座り心地が悪いです。向かい側の席との距離もとても近く、普通に座ると膝がぶつかり合ってってしまいます。身内なら良いですが、他人の場合、とても気まずいのではないかと感じました。

また、タイの暑い気候を考えてエアコン席にしたのですが、エアコンが効きすぎでとても寒く、30分も座っていることができませんでした。また、窓も開けることができません。プライベート感はありますが、少し残念な席でした。

  • 写真:瀬奈

こちらは、2等エアコンなしの席です。エアコンは無いですが、窓を開けることができ、リクライニングも可能なので、時期にもよりますが、エアコンなしでも良さそうです。

  • 写真:瀬奈

そして、3等席です。こちらは、エアコンなし、指定席もなしの一番カテゴリーの低い席です。短い距離の移動をする地元の人々はこちらを利用している人が多かったです。カテゴリーは低いですが、好きな席に座ることができ、窓も開けられて解放感抜群!筆者はとても気に入り、ほとんどこの席に座っていました。

いよいよ出発進行!

  • 写真:瀬奈

列車はカタンコトン、と気持ちの良いリズムでゆっくりと進みます。

  • 写真:瀬奈

なんと列車のドアは開けっ放しです!日本の電車のスピードではとても怖くて近づけませんが、タイの列車はそれほど早くないので外の風を感じながら、旅を楽しむこともできてしまいます。

風景を楽しみながら旅できる

  • 写真:瀬奈
  • 写真:瀬奈

田園風景や、畑作業を営む人々の暮らしをのんびり眺めながら、本当にのんびりとした旅を楽しむことができます。筆者が利用したのはちょうど雨期だったので、あまり天気が良くありませんでしたが、雨に濡れたタイの緑もきれいです。

  • 写真:瀬奈

また、途中で立ち寄る小さな駅も、とても雰囲気があります。ローカルの人々の暮らしを垣間見ることができます。

  • 写真:瀬奈

途中の駅では、お弁当売りのおばちゃんも乗り込んできます。出来立てのガパオライスをいただきました。

目的地に到着

  • 写真:瀬奈

目的地、ウタラディット駅に到着しました。5時間半の予定でしたが、30分ぐらい遅れての到着でした。やはり日本の電車のようにぴったり正確にはいきませんね。

ちなみにトイレは洋式もあり、日本人でも使いやすいです。しかし、便器の下はそのまま線路になっていて、線路に落ちる仕組みです。少し勇気が要るトイレでした。

  • 写真:瀬奈

帰り道は友人の車で約4時間。タイでは列車での旅の方がゆっくりなのです。時間がかかる分リーズナブルで、タイの人々の暮らしが身近に感じられますし、のんびりと旅を楽しめます。寝台列車で長距離の旅もよいですが、短い距離なら、無理なく旅ができると思います。旅の日程に余裕がある方には、ローカルな列車旅をお勧めします。

\紹介されたスポットに立ち寄るなら/
タイの旅行予約はこちら

タイのパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

タイのホテルを探す

タイの航空券を探す

タイの現地アクティビティを探す

タイのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

旅はまだまだ終われない☆東南アジア放浪中♪
タイに魅せられ、2015年より夫婦でチェンマイに移住。
チェンマイを拠点に、東南アジアを旅しています。
高級ホテル滞在からバックパッカーまで、幅広いスタイルの旅を楽しんでいます。
日本人にはあまり知られていないレアな情報をお伝えしていきます!

ちょっぴりワイルドなバックパッカー旅!秘境の村ラオス・バンビエン

ラオスの首都ビエンチャンからバスで4時間ほどの所にある秘境の村バンビエン。ここでは手つかずの大自然を生かしたアクティビティーが楽しめます。世界中からバックパッカ...


【タイ】パタヤビーチからすぐ!透き通る海のラン島でビーチを満喫

バンコクから車で1時間半ほどの所にある有名な観光地・パタヤビーチから、さらに船で約40分の所にある小さな島「ラン島」。海の透明度、ビーチの美しさはパタヤビーチと...


【タイ】バンコクで一番高いルーフトップの展望台「マハナコーン・スカイウォーク」

78階建て、地上314メートルの「キングパワー・マハナコーンビル」の最上階にある、タイで一番(2019年時点)高い展望台「マハナコーン・スカイウォ-ク」。見晴ら...

【タイ】ランチがお得!マハナコーンタワーの絶景レストラン「マハナコーン・バンコク・スカイバー」

バンコク中心部にそびえる、高さ314メートルの高層ビル・マハナコーンタワー。76階にはニューヨーク出身の有名な料理人がシェフを務める、絶景のレストラン「マハナコ...

本格フレンチも味わえる!ラオス・ビエンチャンのおいしい洋食店4選

東南アジアの小さな国、ラオスの首都ビエンチャン。意外なことにたくさんの洋食店があるんです。特にフランス人が経営しているフレンチレストランでは、とてもリーズナブル...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

アプリ「Pokke」でタイの音声ガイドを聴く

タイの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります