青森
青森観光
自然景勝地を多く有する、日本一のりんご生産地

【青森】十和田湖・奥入瀬渓流と合わせて行きたい!八戸・十和田周辺のおすすめスポット10選

取材・写真・文:

宮城在住
訪問エリア:32都道府県

2022年1月24日更新

370view

お気に入り

写真:dory

広大なエリアを持つ青森。行きたい地域が多ければ多いほどルートを考えて効率よく回りたいものです。十和田湖や奥入瀬渓流は人気の観光地ですが、その八戸・十和田エリアで合わせて行きたいおすすめのスポットをご紹介します。

この記事の目次表示

1. 種差海岸

三陸復興国立公園内にある種差海岸は、国の名勝として親しまれている場所で、ウミネコの繁殖地、岩礁、砂浜、天然の芝生地など、多彩な景観が楽しめるスポットです。

  • 写真:dory太平洋を望む天然芝の国立公園

ベストシーズンは、草花が咲く5月から10月ごろ。天然の芝生でのピクニックや、隣接のキャンプ場でキャンプを楽しむ人でにぎわいます。

種差海岸
青森 / 自然・景勝地 / 観光名所 / 一人旅 / 春のおすすめ観光スポット / 夏のおすすめ観光スポット / ハイキング / 遊び場 / ツーリング
住所:青森県八戸市大字鮫町字棚久保地図で見る
電話:0178-51-8500(種差海岸インフォメーションセンター)

2. 蕪嶋神社

種差海岸の最北に位置する蕪島の上には、ご利益を求めて遠方からも多くの方が訪れる蕪嶋神社があります。1706年に建立したとされる歴史ある神社で、弁財天さまがを祀られ、商売繁盛、漁業安全の守り神として古くから信仰を集めています。

  • 写真:dory大鳥居

読みが同じ蕪島の「蕪」と「株」から、株価と人望の「かぶ」が上がるご利益があると言われています。ウミネコの繁殖地としても知られ、ウミネコをモチーフにした神社オリジナルのグッズも人気です。

蕪島
青森 / 神社 / 女子旅 / 島・離島
住所:青森県八戸市大字鮫町字鮫56−2地図で見る

3. みなと食堂

陸奥湊駅から徒歩2分とのころにあるみなと食堂は、早朝から営業しています。全国からのリピーターが足しげく通う人気店で、八戸で採れた新鮮な魚を使った海鮮丼をいただくことができます。

  • 写真:dory外観

ここの看板メニューなんといってもは「平目漬丼」。丼を覆い尽くす平目、丼の真ん中には青森県産地鶏の卵黄がのっており、見た目も美しく、食べる前から美味しいオーラを纏っています。秘伝のたれがすでにかけられているので、醤油をかける必要はありません。黄身を崩してまろやかな味わいに変化するのを楽しめるのもいいところ。

  • 写真:dory平目とまぐろ漬け丼 1,050円

限定販売の「平目えんがわ半々漬丼」や「平目とまぐろ漬け丼」もおすすめ。青森の郷土料理のせんべい汁やいちご煮もあるので、ここで青森の味を一気に堪能できますよ。行列必至ではありますが、それだけの価値がある美味しさです!

みなと食堂
青森 / 魚介・海鮮料理 / モーニング・朝ごはん / ランチ / 海鮮丼
住所:〒031-0812 青森県八戸市湊町久保45−1 地図で見る
電話:0178-35-2295

4. 館鼻岸壁朝市

3月中旬から12月末まで、毎週日曜の夜明けから午前9時まで開催されている八戸の朝市です。観光客のみならず、地元の人でにぎわっています。

  • 写真:dory八戸で捕れた新鮮な魚の炉端焼きも楽しめる

岸壁には、全長約800m、およそ300店の巨大朝市が出現。人気店ではオープン前から行列ができ、5時、6時には売り切れてしまうメニューも少なくありません。ピークは7時頃ですが、5時頃には駐車場は満車状態になってしまうようですので、お目当てがある方はくれぐれも注意してください。

  • 写真:doryホタテとウニソースの貝焼き
  • 写真:dory行列ができる人気店「十和田焼き小籠包」6個入り570円

当地の新鮮魚介や郷土料理、ラーメンやパン、スイーツまで数も種類も豊富です。複数人で行っていろいろシェアしてみるのもいいですよ。

舘鼻岸壁朝市
青森 / 市場・朝市 / 観光名所 / 女子旅
住所:青森県八戸市新湊3丁目999地図で見る
電話:0178-80-7878

5. みろく横丁

  • 小さな屋台が立ち並ぶみろく横丁

八戸の夜を楽しむなら、はしご酒やバーホッピングは欠かせません。飲み屋さんが立ち並ぶスポットであるみろく横丁は、初心者や観光客でも入りやすいオープンなスペース。

  • 写真:doryおでん いし井 おまかせ5品 880円

各店舗が5名程度でもう満杯になってしまうくらい狭いスペースなので、自然と会話が弾みすぐに仲良くなってしまう打ち解けやすい雰囲気です。何軒か回って八戸の夜を楽しんでみてはいかがでしょうか?

八戸みろく横丁
青森 / 居酒屋 / ご当地グルメ・名物料理 / 一人旅 / 春のおすすめ観光スポット / 夏のおすすめ観光スポット / 秋のおすすめ観光スポット / 冬のおすすめ観光スポット
住所:青森県八戸市六日町10地図で見る
電話:0178-29-0815(みろく横丁 事務局)
Web:http://36yokocho.com/

次のページを読む

青森の旅行予約はこちら

青森のパッケージツアーを探す

青森のホテルを探す

青森の航空券を探す

(青森空港)

(三沢空港)

青森の現地アクティビティを探す

青森のレンタカーを探す

青森の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【2022】8月の国内おすすめ旅行先20選!夏休み旅行にぴったりな観光地特集

真夏の猛暑でも出かけたくなる夏でも涼しい避暑地・観光スポットや、夏は一層美しく見える絶景スポットなど、8月のお盆休みや夏休みにおすすめの国内旅行先をご紹介します...


夏でも涼しい国内の観光スポット27選!真夏の旅行・お出かけにおすすめ

夏休みやお盆休みなど、旅行・お出かけの機会も増える夏。爽やかな高原やいつでも気温が低い鍾乳洞、高所の雲海スポットなど、暑さから逃れたいときにもぴったりな、夏でも...

【2022】7月の国内おすすめ旅行先22選!夏休みに行きたい観光地特集

7月ともなると暑さも本格的!涼しい避暑地や、海にひまわり畑・ラベンダー畑など夏らしい景色を求めて旅行に出かけたくなる季節ですね。7月の連休や夏休みにおすすめの国...

全国の人気ご当地グルメ47選!お取り寄せもできる都道府県別の名物グルメ特集

旅行の楽しみの一つ「ご当地グルメ」。この記事では全国47都道府県ごとに、人気の名物グルメを厳選してご紹介します。いずれのご当地グルメもお取り寄せもできますよ。

【2022】10月の国内おすすめ旅行先31選!秋の連休に行きたい観光地特集

10月は、北日本や標高の高い場所を中心に紅葉が各地で見頃を迎え、早いところではイルミネーションイベントも始まる時期です。10月の連休や週末におすすめの国内旅行先...

この記事を書いたトラベルライター

まだ知らないイロドリミドリな世界へ
学生時代からふつふつとしていた旅欲を満たすため、年々フットワークが軽くなり国内外問わずあちらこちらにすぐ顔出します!元海外在住、元外資系豪華客船員が学んだ旅のこと、食べ物のこと、アートのこと、景色のこと、楽しく旅するノウハウをお伝えします!
http://irodorimidori.blogspot.jp

【香川】これでバッチリ!アートを巡る直島観光モデルコース

見どころの多いアートな場所「直島」ですが、どういうルートでめぐるか、どこを優先的にみるべきなのか迷いがちです。くまなく直島を楽しむために、効率的に直島をまわるプ...


【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...


【モロッコ】人気上昇中の旅先で絶対に食べたい絶品モロッコ料理BEST5

今、女子旅人気急上昇の旅先であるモロッコは、どこを切り取ってもフォトジェニックな異文化の香り漂うエキゾチックな国です。そんなモロッコで食べられる本場のモロッコ料...

【仙台】お土産に迷ったらコレ!老舗揃いの仙台銘菓5選

東京から新幹線でたったの1時間半で行ける仙台。旅行や出張で来たら買って帰りたい手土産ですが、思い浮かぶのはやはり「萩の月」でしょうか?いやいや、仙台には歴史ある...

【宮古島・下地島】行くべき絶景17エンドへの行き方・楽しみ方

沖縄県宮古島諸島にあるみやこ下地島空港のすぐそばには、日本とは思えないような青と白のグラデーションが素晴らしい絶景が広がる場所「17エンド」があります。2019...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります