青森・十和田でアート&ネイチャー満喫!

373

view
   2017年4月7日更新

青森県十和田市には、世界で活躍するアーティスト達の作品が、美術館内にとどまらず、街中にも設置されており、街ごと美術館のような場所があります。また、郊外へ少し足をのばせば、藍色の湖面をたたえる十和田湖に躍動感あふれる奥入瀬渓流と、豊かな自然に心も体も解放されます。東北新幹線で青森-東京間は約3時間。たまには、日常の忙しさから脱出してみませんか?

アートの街のシンボル「十和田市現代美術館」

Arts Towada計画

  • 『愛はとこしえ十和田でうたう』草間彌生

十和田市は、魅力的で美しい官庁街通りの景観を作り出すとともに、未来へ向けた新しいまちづくりの一環として、「Arts Towada」計画に取り組み、その中核施設となる十和田市現代美術館が2008年に開館、引き続き美術館周辺の整備、シンボルアートの設置を行い、「Arts Towada」は2010年春に完成しました。

  • 『ファット・ハウス』『ファット・カー』エルヴィン・ヴルム
  • 『アッタ』椿昇

官庁街通りという屋外空間を舞台に、通り全体をひとつの美術館に見立て、多様なアート作品が設置されています。

  • 『フラワー・ホース』チェ・ジョンファ

官庁街通りの別名が駒街道であることから、馬をモチーフにしたものが何点かあります。美術館前に設置されているチェ・ジョンファの『フラワー・ホース』は、全長5.5mと巨大ながらも、全身をカラフルな花で装っていて、とても華やかです。

十和田市現代美術館って、どんな美術館?

美術館の特徴は、通称ホワイトキューブと呼ばれる個々の展示室を独立させており、それをガラスの廊下でつないでいます。また、ショーウィンドーのように展示室が街に向いているものもあり、開放的な構成となっているのも特徴です。

常設作品には、奈良美智、オノ・ヨーコ、山本修路など、世界で活躍する33組のアーティストによる作品が38点展示されています。どれもここでしか見ることができない作品ばかりです。

必見は、ロン・ミュエクの『スタンディング・ウーマン』。迫力ある女性像は高さ4m近くもあり、今にも動き出しそうなほどリアルで圧倒されます。手のひらのシワまで表現されており、その精彩さに驚愕するはず。写真撮影は禁止されているため、ぜひ、実物を見て頂きたい作品の一つです。

十和田市現代美術館の概要

開館時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌日)、年末年始

入館料

・お得なセット券1,000円(企画展+常設展)
・企画展 600円
・常設展 510円
・高校生以下 無料

十和田市現代美術館

青森 / 博物館・美術館

鏡のように美しい十和田湖

アートを満喫した後は、少し足を伸ばして自然の懐に飛び込んでみましょう。空も周りの山々も全てを映し込む鏡のように美しい湖、十和田湖。青森県と秋田県の県境に位置します。約20万年前の火山活動によって形成された二重式カルデラ湖です。

外輪山に囲まれ周囲が約44kmあり、日本では12番目に大きい湖です。水深は一番深いところで327m、日本では第3位の深さ。十和田八幡平国立公園内にあり、春夏秋冬いつ訪れても美しい湖と評判で、多くの観光客が訪れます。

  • 『湖畔の乙女の像』高村光太郎

御前ヶ浜の北端には、高村光太郎氏の晩年の作品『湖畔の乙女の像』が立っています。

十和田湖

青森 / 自然・景勝地

自然が作り出した癒しの地、奥入瀬渓流

十和田湖畔から奥入瀬渓流までは、車で40分ほど。夏なら木々が緑まぶしいトンネルになり、快適なドライブコースです。

十和田湖から流出する奥入瀬川の渓流で、十和田湖と合わせて特別名勝及び天然記念物に指定されています。

十和田湖畔・子の口から鳶川と合流する焼山までの約14kmは、まさに千変万化の流れ。苔むした岩や木々が点在し、数々の滝が流れ落ち、様々な表情を見せる清流、癒される水の音は、抒情的な雰囲気を感じさせる場所。

森の中を歩きながら、おもいきり深呼吸したくなる緑豊かな空間です。新緑や紅葉の頃は、特に素晴らしいと評判。車窓からも見られますが、ここはやはり、ゆっくりと遊歩道を歩いて探勝したいですね。

奥入瀬渓流

青森 / 自然・景勝地

【関連記事】
美しい渓流めぐりにコケさんぽ!?青森県・奥入瀬渓流の歩き方ガイド

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年4月3日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
お出かけ、食べることが大好き!

日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

同じテーマの記事

【トラベルライターアワード2016 受賞結果発表】2016年、特に人気を集めた記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!