前橋市

【群馬県】赤城神社は女性に嬉しい祈願ができる最強パワースポット

取材・写真・文:

群馬在住
訪問エリア:14都道府県

2021年6月29日更新

71view

お気に入り

写真:CHIRI

群馬の名峰「赤城山」の頂上、大沼付近に鎮座する赤城神社。真っ赤な社殿や境内にかかる橋など、見どころたっぷりです。女性に嬉しい祈願がたくさんできる最強パワースポット「赤城神社」をご紹介しましょう。

この記事の目次表示

赤城神社のロケーション

  • 写真:CHIRI

群馬の名峰「赤城山」は標高1,828mを誇り、観光地としても人気のスポットです。頂上付近には大沼と呼ばれるカルデラ湖があり、今回ご紹介する赤城神社はその大沼から突き出る小鳥ヶ島に鎮座します。

  • 写真:CHIRI

まず目を引くのは、真っ赤な啄木鳥橋(きつつきばし)。以前は、この橋を渡って赤城神社へアクセスしていましたが、2021年現在、老朽化のため渡ることはできません。そのため大沼をぐるりと回るように少し車を走らせると、赤城神社駐車場と鳥居、そして参道が見えてきますので、ここから境内へアクセスします。

ちなみに群馬には赤城神社が2社あり、もう1社は赤城三夜沢神社といって赤城山の中腹にあります。お間違えのない様に。

赤城神社の境内

  • 写真:CHIRI

駐車場に車を停め、鳥居をくぐり啄木鳥橋が見える参道を通って境内へ。まずは右手に社務所があるので、その先へ進みましょう。正面に真っ赤な手水舎があります。身を清め、心を沈めて拝殿へ進みます。

  • 写真:CHIRI

手水舎の背後には、大沼の美しい姿が広がり開放感抜群!澄んだ空気が漂います。

  • 写真:CHIRI

真っ赤な美しい社殿

  • 写真:CHIRI

境内の真ん中に鎮座する拝殿・本殿。真っ赤で光沢があり、周辺の水と緑との調和が美しいです。拝殿に進むと神々しさを感じ、心が清らかになるのが分かるでしょう。

赤城神社の由緒・伝説・御祭神・ご利益

由緒創建

  • 写真:CHIRI

806年(大同元年)に大沼湖畔に創建されたと言われる赤城神社は、年号にちなんで「大洞赤城神社」と呼ばれていました。

江戸時代には、徳川家康公が祀られ社殿を再建。11世紀に入ると神域は赤城山全体に及び、8箇所ある登山口に村民が鳥居を作るほど、厚い信仰を受けていました。

明治に入ると赤城山内の神社を合祀。1970年に現在の場所へ遷宮され、2006年には誕生1200年を記念して社殿などの修復が行われました。古くより厚い信仰を受けてきた由緒ある神社です。

女性のご利益を叶えてくれる赤城神社の伝説

赤城神社には数々の伝説がありますが、ここでは女性の願掛けの由来となったものをご紹介しましょう。

その昔、履中天皇の代に高野辺大将家成という公家がいましたが、無実の罪で赤城山近くの里山へ流されてしまいました。その先で、誰もが羨むような美しい赤城姫と淵名姫を授かりますが、母君を若くして亡くしてしまいます。

後妻が迎え入れられ、2人の姫が生まれるものの、赤城姫と淵名姫の美しい姿には及びません。そのため、後妻は赤城姫と淵名姫を妬ましく思い、殺害を計画するのです。

ある時、家成が赦免され都へ出かけるために家を空けた際、淵名姫が後妻によって殺されてしまいます。赤城姫の方は、隙をついて赤城山へ逃げます。家に戻った家成は異変に気付き、赤城姫の後を追います。大沼の東方にたどり着くと、一羽の鴨が翼を広げ、その背後には淵名姫と赤城姫の姿が見えたのだそう。

2人の姫は赤城大明神に召され、小鳥ヶ島になったと言い伝えられています。これが女性の願いを叶えてくれるという赤城神社の伝説です。

御祭神・ご利益

赤城山と湖の神様「赤城大明神」とともに、大国主神(オオクニヌシノカミ)、磐筒男神(イワツツノオ)、磐筒女神(イワツツメノカミ)、経津主神(フツヌシノカミ)が主祭神として祀られています。

相殿には、徳川家康公や大山昨神(オオヤマクイノカミ)、合祀された小沼宮や豊受神社の豊受大神(トヨウケオオミカミ)や倉稲魂神(ウカノミタマノミコト)が祀られています。また境内社には伊邪那岐命(イザナギノミコト)や菅原道真公など、たくさんの神様がいらっしゃいます。

縁結びや子授け、安産、子育てなど、女性に嬉しいご利益が有名です。また心身健康、無病息災、病気平穏、開運招福、学業成就など、たくさんのご利益を賜れます。もちろん七五三や厄除けなどのご祈願も行ってくれます。

お守りや御朱印

  • 写真:CHIRI

赤城神社に足を運んだら、ぜひ入手したいのがお守りや御朱印。

赤城山ならではの登山お守りや願いが叶う御守、殿方御守、赤城神社の四季を織り込んだ四季御守など、珍しいものもたくさん。

もちろん御朱印もあります。筆者が頂いたのは、美しい啄木鳥橋から続く境内への風景と赤城神社の真っ赤な文字が入ったこちらの御朱印。

  • 写真:CHIRI
  • 初穂料300円
  • 社務所営業時間:9:00~16:00

種類豊富な御朱印帳もあるので、お気に入りを見つけてみてくださいね。

おわりに

  • 写真:CHIRI

群馬屈指のパワースポット「赤城神社」をご紹介しました。2人の姫の伝説にちなみ、女性に嬉しい祈願ができる神社として人気ですが、もちろん男性の願いも叶えてくれますよ!

御祭神にちなんだたくさんのご利益もあり、年間を通じて多くの参拝客が足を運びます。神社から見える赤城山や大沼の景色も抜群。群馬に足を運んだ際にはぜひ立ち寄って欲しい、オススメの神社です。

赤城神社
前橋市 / 一人旅 / 神社 / パワースポット / 縁結びスポット / 女子旅
住所:群馬県前橋市富士見町赤城山 4-2地図で見る
電話:027-287-8202
Web:http://akagijinja.jp/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2021年6月24日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


群馬デートに!カップルにおすすめのデートスポット35選

イギリスで建てられたお城を移築したロックハート城に、東洋のナイアガラと言われる吹割の滝、こんにゃく生産量日本一の群馬ならではのこんにゃくパークなど、カップルのお...


群馬のおすすめドライブスポット22選!車でお出かけしよう

イギリスのお城をそのまま移築したロックハート城や、東洋のナイアガラと言われる吹割の滝、車の中から動物たちの野生の姿を観察できる群馬サファリパークなど、車でのお出...

群馬・子供と行きたい観光スポット35選!子連れ旅行におすすめ

温泉まんじゅうや射的など周辺の散策も楽しい湯畑や、夏休みの自由研究にもおすすめの富岡製糸場、湯もみショーのパフォーマンスが必見の熱乃湯など、群馬への子連れ旅行に...

群馬のおすすめ牧場6選!人気の牧場を一挙紹介

シープドッグショーが人気の「伊香保グリーン牧場」や、道の駅が併設された「道の駅ぐりーんふらわー牧場・大胡」、子ヤギ・子羊の散歩などを楽しめる日本最古の洋式牧場「...

群馬県の人気観光スポットTOP26!旅行好きが行っている観光地ランキング

草津温泉や富岡製糸場、群馬サファリパークなど群馬県の数ある観光スポットの中で、トリップノートの6万3千人を超える旅行好きのトラベラー会員(2020年8月現在)が...

この記事を書いたトラベルライター

鶴まう形の群馬県代表フォトライター
「毎日旅するように生きていく」がモットー、フォトラーターCHIRIです。鶴まう形の群馬県を中心に、時々青い海の魅力を求めて時には車中泊で彷徨います。

スイーツから郷土料理、激辛ラーメンまで食べるの大好き!日帰り温泉や秘湯・パワースポット・絶景・秘境などなど、定番から穴場まで胸キュン旅巡航中。

激辛マニアブログもやってます。
https://ilovegekikara.info/

【群馬県】ピリ辛好きからマニアまで楽しめる激辛ラーメン店5選

群馬県、実はラーメン店が多いことをご存知でしょうか?そして、辛いラーメンを提供しているお店も豊富。ここではピリ辛好きさんから超激辛好きまで楽しめる、群馬で激辛ラ...


【群馬パワースポット・満徳寺】日本に2つしかない縁切寺!幸福祈願&不幸との縁切りに

群馬県太田市にある満徳寺は、江戸時代の幕府公認の縁切り寺として有名。現在でも縁切り、縁結びスポットとして多くの人が足を運びます。満徳寺の由緒や、現在でも残る少し...


【群馬パワースポット】大切な人の健康祈願、病気平癒をお願いできる神社6選

群馬県内には病気平癒や健康祈願のできる神社があります。筆者が実際に足を運んだ、大切な人や自分自身の健康や病気平癒をお願いできるパワースポットをご紹介しましょう。

実は群馬、お酒も美味しいんです!地元民おすすめ群馬の地酒3選!

広大な自然、そして山に囲まれた山紫水明な群馬県。温泉やスキー、山歩き、自然など様々な楽しみ方で毎年多くの観光客が訪れます。そんな群馬県で、おすすめしたいのがお酒...

【群馬県】あまりの美味しさにびっくり!世界一濃厚なプリン「天国のぶた」

テレビ番組『嵐にしやがれ』で紹介されたこともあり、ご当地グルメを扱う通販サイトでは数か月待ちという記録を持つ、”たぶん世界で一番濃厚”なプリン「天国のぶた」をご...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります