エクアドル
エクアドル観光
ガラパゴス諸島や首都キトが見どころ

【エクアドル】治安対策と観光地化が進む街!ぜひとも訪れたいグアヤキルの見どころ3選

取材・写真・文:

東京在住

2017年7月21日更新

2,705view

お気に入り

写真:ふるりえ

エクアドル最大の都市グアヤキルは、国内で最も治安が悪い都市として有名。しかし、今では街をあげて治安維持に力を入れ、観光地化も進んでいる見どころ満載の街でもあります。安全に見どころを周るコツ・ポイントとともに、ぜひ訪れてほしい見どころ3か所をご紹介します。

この記事の目次表示

エクアドルのおすすめツアー
南米の秘境!ガラパゴス諸島へ◆【エクアドル4泊7日間】「首都キト2泊」&「ガラパゴス諸島2泊」■往復送迎付き/24時間緊急サポート/アメリカン航空利用
357,800円~459,800円
◆南米の秘境!ガラパゴス諸島へ◆【エクアドル5泊8日間】「首都キト2泊」&「ガラパゴス諸島3泊」■往復送迎付き/24時間緊急サポート/デルタ航空利用
377,000円~400,000円
◆南米の秘境!ガラパゴス諸島へ◆【エクアドル5泊8日間】「首都キト2泊」&「ガラパゴス諸島3泊」■往復送迎付き/24時間緊急サポート/ユナイテッド航空利用
405,000円~482,000円

グアヤキルってどんな場所?

赤道直下の国エクアドル。首都は北部にあるキトという街ですが、経済的に最も大きな街はここ、グアヤキル。その規模の大きさゆえ治安が悪く、観光客も恐れて立ち入らないほどでした。

しかし最近では治安対策が進み、観光地には随所に警察官が立っていたり、正式なタクシーを利用すれば問題なく目的地に着けるなど、安心して観光することができるようになってきました。

訪れたい場所No.1:サンタアナの丘

そんなグアヤキルの中で、昔から観光客に最も人気なのがサンタアナの丘。444段の階段は、豊かな情緒を漂わせた石畳になっており、その両側にはカラフルな建物の飲食店やお土産物屋が並びます。

  • 写真:ふるりえサンタアナの丘の入口

1年を通して暑いグアヤキルでは、階段を上るのも一苦労。ときおり振り返っては視界が開けるグアヤキルの街並みに心を洗われつつ、階段の右端に付けられている階段番号を目安に、444段目を目指して登ります。

  • 写真:ふるりえサンタアナの丘に登る階段に表示される段数

360°眺められる表情豊かな街並み

階段を上りきると、グアヤキルを360°眺められる広場に到着です。大きなグアヤス川沿いには、およそ2.4kmにわたってのびる遊歩道・マレコン2000が見えます。

  • 写真:ふるりえグアヤス川

広場にはかわらしい展望台と教会もあります。展望台からの眺めは抜群!

  • 写真:ふるりえサンタアナの丘の展望台からの眺め

教会の背後に見えるのはラス・ペーニャスと呼ばれる地区です。丘の斜面は赤、青、黄色のカラフルな民家で埋め尽くされています。この地域は経済的に恵まれない人々が生活しているエリアで、治安対策が進んだ今でも観光客が足を踏み入れるのはタブー。

サンタアナの丘ですら、かつては治安が悪いことで有名だったので、グアヤキル市内を歩く時は油断せず、周囲の様子を注意深く観察しつつ、身の回りの安全を確かめながら観光してください。

  • 写真:ふるりえラス・ペーニャス地区
サンタアナの丘
エクアドル / 展望・景観
住所:Diego Noboa y Arteta, Escalon 444 Cerro Santa Ana, Guayaquil地図で見る

訪れたい場所No.2:優雅に散策が楽しめるマレコン2000

サンタアナの丘から下りたら、その目の前にはマレコン2000が続きます。これは川沿いに設けられた遊歩道で、観覧車やメリーゴーラウンドなどのミニ遊園地、フードコート、博物館までそろい、絶好の憩いの場となっています。

  • 写真:ふるりえマレコン2000

このエリアは治安の悪さはまったく感じることなく、安心してのんびりと散策することができます。

  • 写真:ふるりえマレコン2000内の広場

街中散策にも挑戦

サンタアナの丘から下りて、マレコン2000を1kmほど歩き、次の目的地を目指して街中へと足を踏み入れます。美しい教会が、都会の象徴であるビルの合間を縫っていたるところにあります。

  • 写真:ふるりえグアヤキルの街並み

人通りが多い昼間はあまり危険は感じませんが、荷物は前に持ち手で押さえる、暗い路地には入らない、挙動の怪しい人の近くには寄らない、など気を付けながら散策してください。

マレコン2000
エクアドル / 町・ストリート
住所:Malecón Simón Bolivar, Guayaquil 090313 エクアドル地図で見る

訪れたい場所No.3:ここは外せない!イグアナ公園

そしてたどり着いたのは、イグアナ公園ことセミナリオ公園。白い大きな教会・メトロポリタン大聖堂が目印です。この教会の目の前にあるこの公園は、なんと様々な種類のたくさんのイグアナが放し飼いにされているのです。

  • 写真:ふるりえイグアナ公園ことセミナリオ公園

街中の普通の公園なので、入場料はもちろんなし。公園内にはエサとなるキャベツを販売しているおばさんがいて、50円程度で袋いっぱいのキャベツを購入することができます。

キャベツを差し出すと、振り向いてムシャムシャとくらいついてくれるイグアナたち。公園内の子供たちも、びくびくしながら手を伸ばしてイグアナに触ったり、おもいおもいに交流を楽しんでいます。

  • 写真:ふるりえイグアナにキャベツを直接餌付け

キャベツを販売していたおばさんが、店じまいなのか、園内にキャベツをばらまきました。イグアナはよほどキャベツが好きなのか、まるでバーゲンセールに集う女性の争いのごとく、上から下から何匹も群がります。

同じような色なので、どれがキャベツでどれがイグアナなのか見分けるのも難しいほど。様々なイグアナがいて、あっという間に時間が経過してしまいます。

  • 写真:ふるりえキャベツに群がるイグアナたち
セミナリオ公園
エクアドル / 公園・動植物園
住所:Chimborazo, Guayaquil 090313 エクアドル地図で見る

夜は外出しないのが吉。どうしてもというなら・・・

今回紹介した3か所は、観光地化が最も進んだ治安対策のしっかりされたエリアですが、暗くならないうちに、早めに宿に帰るようにしてください。

どうしても夜景を見たい、という方は、サンタアナの丘のそばに宿泊しましょう。夜の早めの時間であれば、観光客もまだ多く、比較的安全に丘を登ることができます。油断はせずに、安全対策をしっかりしてグアヤキルを楽しんでください。

  • 写真:ふるりえサンタアナの丘からの夜景

エクアドル旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばエクアドルのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でエクアドルのすべてのツアーをみる>>

エクアドルの旅行予約はこちら

エクアドルのパッケージツアーを探す

エクアドルのホテルを探す

エクアドルの航空券を探す

エクアドルの現地アクティビティを探す

エクアドルのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年7月23日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


赤道直下の世界遺産~歴史地区が美しいエクアドルの首都キト散策~

南米エクアドルの首都キトは、アンデス山脈が南北に連なる山間都市です。赤道直下に位置していますが、高所に位置するため年中涼しく、過ごしやすい気候です。今回は、旧市...


【ガラバゴス諸島・イサベラ島】自由奔放な野生のアシカと出会える島!

ガラパゴス諸島には、渡し船などを使って自力で行ける島が3つあります。そのうちの一つが「イサベラ島」。3つの島の中でも、自然や野生の動物が多く存在すると言われてい...

これぞガラパゴス諸島!!魚市場にやってくるのは人間だけじゃない?

エクアドルから飛行機で約1時間半、見えてくるのはガラパゴス諸島。様々な動物が共存すると言われています。ガラパゴス諸島の中で2番目に大きい島、サンタ・クルス島にあ...

カラフル!楽しい写真スポット満載!知られざるガラパゴスの街並み

ガラパゴス諸島の中でも一番栄えている町、プエルト・アヨラ。ガラパゴス諸島の中でも2番目に大きい島、サンタ・クルス島の南に位置するところにあります。町の中心部は、...

この記事を書いたトラベルライター

日本と世界を繋げたい、お酒だいすき国際唎酒師
心惹かれるままに行きたい場所に行き、やりたい事に挑戦し続けていたら、気づけばこれまでに訪れた国は40以上、国内もほぼ全都道府県を制覇。見知らぬ土地を訪れるワクワク感に魅了され、アメリカ・イギリス・オーストラリアの3カ国に留学したり、ヨーロッパ周遊バスツアーに参加したり、2016年はバックパックを背負って世界一周してきました。現在は、某Webメディアで編集・ライター業に携わりながら、世界各地の魅力を日本の皆様に発信しています。
http://fururie.site/portfolio/index.html

コロナだけじゃない!メキシコはビール天国だった<世界のビール探訪>

マヤ文明やティオティワカン文明のピラミッド、美しい海が広がるカンクンなどで観光客に人気のメキシコ。世界各国を旅するとき、観光地だけではなく、ひとつの軸を持って複...


【ノルウェー】個人でも行ける!通年で観光できるソグネフィヨルド満喫の旅

ノルウェーのフィヨルド観光ベストシーズンは夏の6~8月と言われていますが、5大フィヨルドと呼ばれる5か所のフィヨルド観光スポットの中で唯一、通年で観光できるのが...

【チリ】「帰りたくない」旅人の誰もが絶賛するトーレス・デル・パイネ国立公園

荒々しく氷河で削られた山々、冷たい風になびく草原、色鮮やかな高山植物、深い青の湖など、パタゴニアの見所がぎゅっと凝縮された場所「トーレス・デル・パイネ国立公園」...

【モロッコ】星空のサハラ砂漠に宿泊!リヤド・マムーシュのラクダツアー

世界最大の砂漠といわれ、アフリカ大陸の3分の1近くを占めるサハラ砂漠。このサハラ砂漠を楽しく手軽に楽しむことができる、メルズーガの町にあるホテル「リヤド・マムー...

リアルな姿を激写!ガラパゴス諸島で必ず出会える珍しい動物たち

大小多くの島と岩礁からなるガラパゴス諸島。現在、123もの島に名前が付いているそうです。今回はその中でも、観光客が最も訪れやすい「サンタ・クルス島」「サン・クリ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?