函館
函館
洋館や教会が建ち並ぶハイカラな港町

函館で泊まるならココ!「ラビスタ函館ベイ」の見どころ徹底ガイド

2018年5月25日更新

653view

お気に入り

札幌、小樽と並んで北海道で人気の観光地・函館。函館駅周辺をはじめ、五稜郭や元町など、人気の観光エリアを中心にホテルがありますが、中でも人気のホテルがベイエリアにあるリゾートホテル「ラビスタ函館ベイ」です。温泉はもちろん、絶品の海鮮グルメが味わえる朝食など見どころ満載!今回は一度は泊まりたい「ラビスタ函館ベイ」の見どころをご紹介します。

「ラビスタ函館ベイ」ってどんなホテル?

  • ラビスタ函館ベイ

函館港に近いところに位置しているリゾートホテル「ラビスタ函館ベイ」。すぐ近くにある金森赤レンガ倉庫をイメージして壁にレンガが使われており、滞在中大正ロマンな雰囲気を楽しめます。

ホテルの近くには飲食店が集まる「函館ベイ美食俱楽部」があって飲食を楽しめるほか、エリア内にはラビスタ函館ベイの最上階にある天然温泉「海峡の湯」を使った足湯があります。無料で入れるので、函館散策でひと休みしたい方におすすめです。

  • 函館市内を走る路面電車

ラビスタ函館ベイまでは函館駅から路面電車で行くのが便利!函館駅前電停から約6分、魚市場通電停から函館港方面へ歩いて6分でアクセスできます。また、バスでも行くことができ、市内循環バスで約8分で行けるほか、函館空港からも連絡バスで約20分でいけるので、あわせて利用してみて。

【見どころ1】大正ロマンをイメージしたクラシカルな客室

  • シングルルーム

最初にご紹介するのは客室。シングルからダブル、ツインなど6種類あり、大正ロマンをイメージしたお部屋で有意義な時間を過ごせます。

窓からは函館市内の町並みはもちろん、函館港や金森赤レンガ倉庫、そして函館山が見えるお部屋もあり、絶景を眺めながら快適な旅を堪能できます。


【見どころ2】北海道グルメを堪能できるお店が集結!「函館ベイ美食俱楽部」

  • 函館ベイ美食俱楽部

お部屋でゆっくり過ごしたり、函館散策を満喫した後はホテルに隣接する「函館ベイ美食俱楽部」で食事を楽しみましょう。和と洋を融合した4つの建物では海鮮やジンギスカン、スープカレーなど、北海道のグルメを堪能できます。

ハイレベルな回転寿司が味わえる「函館まるかつ水産本店」

  • 回転寿司函館まるかつ水産 本店

函館ベイ美食俱楽部内で人気のお店のひとつが回転寿司のお店「函館まるかつ水産本店」。近くにある「はこだて海鮮市場本店」を経営している水産会社「まるかつ水産」の直営店で、定番の寿司ネタから函館近郊でしか味わえないネタを味わえます。

  • まぐろ三好(左・税込723円)といくらの醤油漬け(右・税込399円)

人気の一品が本マグロの大トロと赤身、ネギトロがセットした「まぐろ三好」。脂がのっていて、絶品です!この他にも、生ウニやイクラ、カニバラ身の軍艦巻きがセットした「北海三味」(税込831円)やボタンエビ(507円)も堪能できます。

  • 真鱒(桜鱒)税込399円

また函館近郊をはじめ、室蘭や登別などに面する内浦湾(噴火湾)でとれた新鮮なネタを日替わりで味わえるのも魅力のひとつ。函館近郊の恵山(えさん)近郊の「桜鱒」(税込399円)や「生ヤリイカ」(税込291円)、噴火湾の「松川カレイ」(税込507円)など、北海道でしか堪能できないネタも味わえます。

回転寿司 函館まるかつ水産本店
函館
住所:北海道函館市豊川町12-10 函館ベイ美食俱楽部内
電話:0138-22-9696
Web:http://www.hakodate-factory.com/sushi/

函館塩ラーメンの老舗「函館麺厨房 あじさい」

  • 函館麺厨房 紅(くれない)店

また海鮮だけでなく、函館を代表するグルメのひとつ「塩ラーメン」を味わえるお店もあり、五稜郭に本店のある塩ラーメンの老舗「あじさい」ではあっさりとしたスープが特徴的なラーメンを味わえます。

  • 味彩塩拉麺(税込750円)

人気の「味彩塩拉麺」は細麺ストレートに昆布ベースのトンコツ、鶏ガラスープで仕上げた一品。コクがあり奥深い旨みのあるスープと細麺とが絡み合って絶品です。あわせて自家製のバラ肉とモモ肉のチャーシューを使ったチャーマヨ丼(税込350円)もおすすめ。

函館麺厨房 あじさい 紅店
函館
住所:北海道函館市豊川町12-7 函館ベイ美食俱楽部内
電話:0138-26-1122
Web:http://www.ajisai.tv/

【見どころ3】函館山の絶景を楽しめる天然温泉「海峡の湯」

函館散策で疲れを癒やすなら、ホテルの最上階にある天然温泉「海峡の湯」に入るのもおすすめ。岩風呂から檜風呂など、4種類の湯船に入って函館港や函館山の景色を眺めながら浸かることができます。なお、岩風呂と内湯のタイル風呂以外が源泉かけ流しの湯。疲労回復や冷え性などに効果があります。

温泉に入った後は涼み処「そら」でひと休みするのもおすすめ。函館山や金森赤レンガ倉庫など、函館の景色を眺めながらひと休みできます。また無料でアイスキャンディーも味わうことができるので、湯上りに食べてみては。


【見どころ4】「シェリーズ バー」で優雅なひと時を過ごそう!

  • シェリーズ バー

ただ単に部屋でゆっくり休むのもいいけど、絶景を眺めながら有意義な時間を過ごしたい方におすすめのお店が12階にあるサロンバー「シェリーズ バー」。函館湾や金森赤レンガ倉庫の夜景を眺めながらお酒を堪能できます。

  • フィオリーレ(税込1,200円)

おすすめは季節ごとに登場するオリジナルカクテル。木々に緑、花が宿るイメージで作ったメロンリキュールの「フィオリーレ」や、“愛を伝える石”といわれるブルーストーンをイメージしたカクテル「ムーンストーン」(税込1,200円)などを堪能できます。(※別途テーブルチャージ代500円かかります)

シェリーズバー
函館
住所:北海道函館市豊川町12-6 ラビスタ函館ベイ 12階
電話:0138-23-6111
Web:https://www.hotespa.net/hotels/lahakodate/

【見どころ5】口コミサイトで話題の朝食を味わおう!

ゆっくり休んで快適な朝を迎えたら、ホテル自慢の朝食を堪能しましょう。2階にある朝食会場「北の番屋」では北海道の海の幸をふんだんに使った朝食を味わうことができ、世界を代表する口コミサイトで朝食が美味しい北海道のホテルランキングで1位に輝いています。

焼き物ではイカやシシャモ、サケ、アスパラガスなど、北海道の食材を使った一品を味わえます。

朝食の目玉は甘エビやサーモン、イカ、イクラなどを好きなだけトッピングできる海鮮丼。市場で仕入れた新鮮な魚介をわさび醤油で味わってみて。

また、函館近郊の牧場で仕入れた牛乳や濃厚なカスタードを使った、オリジナルの濃厚プリンも味わうのもおすすめ。朝食の締めくくりに試してみて。

さいごに・・・

  • 金森赤レンガ倉庫

函館で人気のホテル「ラビスタ函館ベイ」の見どころをご紹介しました。ホテルの近くの新鮮な海の幸が手に入る「はこだて海鮮市場」や、おしゃれな雑貨やお土産品が販売している「金森赤レンガ倉庫」でショッピングを楽しむのもおすすめです。ぜひ函館観光の際はぜひ泊まってみてくださいね。

ラビスタ函館ベイ
函館 / ホテル
住所:北海道函館市豊川町12-6
電話:0138-23-6111
Web:https://www.hotespa.net/hotels/lahakodate/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年5月13日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

【函館】人気ご当地バーガーショップ「ラッキーピエロ」を食べつくそう!

日本各地にあるご当地バーガー。旅先でもしあったら、絶対食べて帰りたいですよね?北海道にも数多くのご当地バーガーがありますが、中でも、知名度バツグンの函館ご当地バ...

日本一空港に近い温泉街-【函館・湯の川】のおすすめスポット6選

「函館の奥座敷」「日本一空港に近い温泉街」として人気の高い湯の川温泉街は、約20の温泉・旅館があります。温泉に入ってのんびり癒やされるのは、温泉旅行の醍醐味です...

函館観光におすすめ!路面電車で行けるおすすめスポット・お店10選

北海道の南端、津軽海峡に面した港町・函館。世界屈指の美しさを誇る函館山の夜景はもちろん、新鮮な魚介類を堪能できる函館駅前や戊辰戦争の激戦地「五稜郭」など見どころ...

【函館】海鮮丼に寿司!海鮮が美味しいスポット6選

北海道の函館に行ったら、やっぱり新鮮な海鮮は食べておきたいですよね。当記事では、海鮮が楽しめるあらゆる注目スポットをまとめてお届けします。初めてでどこへいったら...

【函館】国指定重要文化財・タチカワ カフェ レストラン メゾンの絶品フレンチで至福の時を!

明治の建物であるTACHIKAWA CAFÉ RESTAURANT MAISON(タチカワ カフェ レストラン メゾン)は住宅兼レストランとなっており、国指定重...



この記事を書いたトラベルライター

日本の魅力を発信する旅男(タビオ)!
はじめまして。サトホークと申します。

旅とグルメが大好きなフリーライターです。2013年から旅行会社で約2年間販売業務をした後、広告会社で大手旅行会社の旅行商品パンフレットを中心とした約7か月間の編集職の経験を経て、現在は旅行やグルメの記事を中心に執筆活動を行っています。

日本国内を中心に有名な観光スポットから穴場スポットまで、月に1回、日帰りを含めて旅行に出かけてスポットの魅力を個人のホームページやブログで公開しています。

日本の四季の風景や観光施設、グルメまでおすすめポイントと散策の楽しみ方等をご紹介しています。
多くの皆さまに行ってみたいと感じていただける記事を執筆したいと考えています。
また取材依頼も待っています。Facebookまたはinstagramからメッセージを送っていただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。
http://ameblo.jp/satohawk/

路面電車に乗って広島観光を楽しもう!おすすめスポット・お店10選

中国地方最大の都市・広島。世界遺産「原爆ドーム」等の観光はもちろん、名物・お好み焼きなど、グルメを堪能できるスポットも目白押しです。市内観光とグルメ探索、どちら...

お土産におすすめ!GINZA SIXで買えるスイーツのお店5選

2017年4月20日、銀座エリアで最大級の複合施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」がオープンしました。店内には高級ブランドショップやレストランがあるほか...

富山観光におすすめ!路面電車で散策できるスポット・お店10選

金沢に次ぐ北陸を代表する城下町・富山。市内には、おしゃれなデザインの美術館から富山湾で水揚げされた海の幸を使ったお寿司が食べられるお店まで、見どころ満載!富山駅...

グルメやショッピングにおすすめ!「コレド室町」の楽しみ方10選

「東海道」の起点として有名な東京・日本橋。その中でも、地下鉄銀座線三越前駅からすぐの場所にあり、グルメやショッピングを楽しめる商業施設が「コレド室町」です。コレ...

【岡山】おすそ分けしたい!倉敷美観地区で買えるお土産のお店10選

風情のある白壁の街並み・倉敷美観地区周辺の観光やグルメを楽しんだ後は、お土産を買うだけ!でも、スイーツや雑貨など、いろんなお店が集まっていてどこで買おうか迷っち...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?