チリ
チリ
世界7不思議のモアイ像やチリワインに乾杯

【チリ】「帰りたくない」旅人の誰もが絶賛するトーレス・デル・パイネ国立公園

2018年3月5日更新

274view

お気に入り

荒々しく氷河で削られた山々、冷たい風になびく草原、色鮮やかな高山植物、深い青の湖など、パタゴニアの見所がぎゅっと凝縮された場所「トーレス・デル・パイネ国立公園」の魅力をご紹介します。

パイネ国立公園とは

チリの首都サンティアゴから南へ約3,000キロ。パタゴニアと呼ばれる氷河に覆われた南米の地に、トーレス・デル・パイネ国立公園はあります。1959年に氷河、山、森林、湖などの豊かな自然が評価され、2,400平方キロにも及ぶ地域が国立公園に指定されました。

公園の名前にもなっている三本の屹立した岩峰トーレス・デル・パイネには清涼な青い氷河がのぞき、絶え間なく吹き下ろす冷え冷えとした鋭い風は、ここが風の大地パタゴニアだということを実感させてくれます。

パイネ国立公園を楽しむには、個人で何泊もキャンプをしながらトレッキングをするか、日帰りツアーに申し込むのがおすすめ。キャンプでは、3泊4日をかけて主な見所をWの字を書くように周るWルートが人気です。

「360度自分の周囲全てが絶景で、どこに目を向けてもため息が出るほど。脇を流れる川の水はいつも喉を潤してくれる、まるで楽園のような場所」

行きかう旅人たちが、そのようにこのWルートを称え「帰ってきたくなかった」と本気で話していました。

宿泊しながらのトレッキングには、テントや寝袋などの用具を個人で手配しなければなりません。当記事では、そんな装備が不要な、気軽にどなたでも参加できる日帰りツアーをご紹介します。

拠点の街プエルト・ナタレスからパイネ国立公園へ向かおう

パイネ国立公園に向かうには、近隣の都市プエルト・ナタレスを拠点にするのが便利。レストランや宿泊施設はもちろん、テントや寝袋などのキャンプ道具のレンタル屋が軒を連ね、パイネ国立公園を目指す旅人たちで賑わっています。

日帰りツアーへは、宿で申し込むことができます。チェックインする際、オーナーに相談すると、おすすめの日帰りツアーを紹介してくれます。筆者が参加したのはTURISMO PPKROというツアー会社で、約5,400円。スペイン語のツアーですが、観光スポットでは英語の説明にも対応してくれました。

プエルト・ナタレス
チリ / 町・ストリート
住所:Puerto Natales,Chile

日帰りツアーに出発!パイネ国立公園の見どころをおさえよう

日帰りツアーでは、見るべきビューポインを効率良く回れます。主なビューポイントは、

1.遠景で公園を望む
2.湖や滝など複数のポイントを巡る
3.パイネ大滝からグランデ山とパイネの塔を観る
4.美しい湖畔沿いのキャンプ場で昼食をとる
5.グレイ湖付近からグレイ氷河の遠景を望む

というもので、朝8時頃に出発し、夜8時頃に戻ります。

では早速、1~5のビューポイントをご紹介していきましょう。

1.遠景で公園を望む

バスでパイネ国立公園へ向かっていると、ひときわ高く豪快にそびえる山々が見えてきます。道の脇にはグアナコという、アルパカの兄弟のような動物たちも。バスを降り、写真撮影をさせてくれます。

2.湖や滝など複数のポイントを巡る

湖越しの遠景や広く迫力のある滝から眺める山々、赤く可愛らしい高山植物の咲くポイントからの撮影タイム。どんどんと近づくパイネの山々に、期待が高まります。この後、入園料約1,600円を支払い、ついに公園内に入ります。

3.パイネ大滝からグランデ山とパイネの塔を観る

日帰りツアーの中での最も注目すべきビューポイントが、パイネ大滝とそこから望める山々。下の写真右がレース・デル・パイネ。「パイネの塔」という意味を持ちます。その隣がパイネ・グランデ(グランデ山)です。

美しいエメラルドグリーンの色をした、氷河の雪解け水が流れる川。轟音となってパイネ滝に流れ、冷たい風の吹き荒れる音と相まって、自然の荒々さが感じられる場所でした。

4.美しい湖畔沿いのキャンプ場で昼食をとる

公園内にたくさんある湖。木々に囲まれているため風が弱く、あたたかな日差しの中でほっとひと息つくことができます。昼食を取っていると、観光客の食事のおこぼれをねらって鳥やアルマジロなど、日本人には馴染みのない珍しい動物たちが姿を現してくれました。

5.グレイ湖付近からグレイ氷河の遠景を望む

最後のビューポイントが、グレイ氷河。駐車場でバスを降りて歩くこと30分。遠方にかすかに見える氷河から崩れ落ち、対岸に流れ着いた氷河を目にした瞬間、再びパタゴニアの地に足を踏み入れたことを実感します。

日帰りツアーでは氷河は遠く彼方からしか見ることができませんが、Wルートのトレッキングでは、このグレイ氷河を真横から眺めることができるそうです。

また、北方にある別の国立公園「ロス・グラシアス国立公園」では、氷河トレッキングツアーに参加することができます。様々な魅力あふれるパタゴニア。ぜひ旅行日程に余裕を持って、各地を巡ってみてください。

トーレス・デル・パイネ国立公園
チリ / 自然・景勝地
住所:Magallanes y la Antártica Chilena Region

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年9月23日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

地球歴数万年の氷河も!壮大な自然を満喫する旅~南米パタゴニア「ロス・グラシアレス」と「トーレス・デル・パイネ」~

パタゴニア地方は、南米大陸のアルゼンチンとチリ両国にまたがる南方の地域の総称です。大西洋へ流れるコロラド川以南から、南北に連なるアンデス山脈の南端までに至るこの...

【チリ】アタカマ砂漠観光の拠点「サン・ペドロ・デ・アタカマ」の魅力

地球上のものとは思えない景色を有するアタカマ砂漠は、アフリカのサハラ砂漠と中国のゴビ砂漠に並ぶ世界3大砂漠のひとつ。その観光の拠点となるサン・ペドロ・デ・アタカ...

知る人ぞ知る チリとボリビアの国境をまたいで旅する絶景の秘境地・アルティプラーノ

ボリビア・ペルー・チリにまたがる高原地帯・アルティプラーノ。“天空の鏡”と呼ばれる「ウユニ塩湖」があるのもこのアルティプラーノで、実はウユニ塩湖以外にも、数々の...

モアイ像に会いに行こう!チリ・イースター島

太平洋にポツンと浮かぶ島「イースター島」。イースター島といえば、もちろんモアイ像を思い浮かべる人がほとんどだと思います。また意外にも、イースター島と日本には深い...

【チリ】月の谷に虹の谷!絶対に見たいアタカマ砂漠の絶景

世界で最も降水量の少ない地域で、かつ、平均標高は2,000mを超すという過酷な地域・アタカマ砂漠。しかし、そこには、地球上とは思えないほどの絶景が広がっています...



この記事を書いたトラベルライター

日本と世界を繋げたい、お酒だいすき国際唎酒師
心惹かれるままに行きたい場所に行き、やりたい事に挑戦し続けていたら、気づけばこれまでに訪れた国は40以上、国内もほぼ全都道府県を制覇。見知らぬ土地を訪れるワクワク感に魅了され、アメリカ・イギリス・オーストラリアの3カ国に留学したり、ヨーロッパ周遊バスツアーに参加したり、2016年はバックパックを背負って世界一周してきました。現在は、某Webメディアで編集・ライター業に携わりながら、世界各地の魅力を日本の皆様に発信しています。
http://fururie.site/portfolio/index.html

コロナだけじゃない!メキシコはビール天国だった<世界のビール探訪>

マヤ文明やティオティワカン文明のピラミッド、美しい海が広がるカンクンなどで観光客に人気のメキシコ。世界各国を旅するとき、観光地だけではなく、ひとつの軸を持って複...

【モロッコ】星空のサハラ砂漠に宿泊!リヤド・マムーシュのラクダツアー

世界最大の砂漠といわれ、アフリカ大陸の3分の1近くを占めるサハラ砂漠。このサハラ砂漠を楽しく手軽に楽しむことができる、メルズーガの町にあるホテル「リヤド・マムー...

【台湾】安くて旨くて混雑しない!穴場のかき氷屋さん「冰讃(ピンザン)」

美味しい食べ物が盛りだくさんの台湾。その中でも「かき氷」は観光客のみならず地元民にも大人気。たくさんの人気店がある中で、特に安くて美味しくて混雑しないと話題の穴...

【モロッコ】青い街シャウエンで旅人を癒す!世界平和を願うカフェ「ブルー・ドリーム」

それぞれに違った魅力を持つモロッコの街の中でも、ここ「青い街」で知られるシャウエンは世界中の旅行者に大人気。そんなシャウエンで見つけた、美味しいごはんと包まれる...

【オーストラリア】おしゃれな町バイロンベイでサーフィン初体験

ゴールドコーストから車で約1時間。オーストラリアの最東端にある町バイロンベイは、良好な波が来るためサーフィンのメッカとして有名です。また、美味しいコーヒーが飲め...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?