デンマーク
デンマーク観光
アンデルセンの故郷はまるでおとぎの国

【コペンハーゲン】世界各国を味わえるデザイナーズ公園、スーパーキーレン

取材・写真・文:

大阪在住

2019年11月18日更新

200view

お気に入り

写真:ピラ

デンマーク、コペンハーゲンのノアブロ地区には、真っ赤な広場や、キックボクシング場、真っ黒なタコや卓球場がある“カッコいい”公園があります。その全貌をご紹介!

この記事の目次表示

スーパーキーレンってどんな公園?

  • 写真:ピラレッドスクエア

デンマークのコペンハーゲン市ノアブロ地区に2012年6月に完成したスーパーキーレン(Superkilen)。縦長のこの公園の広さは約3万㎡にも及び、スポーツがテーマの「レッドスクエア」、家族連れや子どもを持つ親同士の交流を目的とする「ブラックマーケット」、そして見通しの良い公園空間の「グリーンパーク」の3つのエリアに分かれます。

スーパーキーレンは、デンマークを代表する建築事務所の一つ、BIG(Bjarke Ingels Group/ビャルケ・インゲルス・グループ)と、デンマークのアーティスト集団スーパーフレックス(Superflex)、そしてベルリンのランドスケープデザイン事務所のTopotek 1(トポッテック1)の三者によって作られました。

  • 写真:ピラブラックマーケット

この地区は、もともと国外から来た労働者が多く暮らす地域でした。留学生も多く住民の出身国は50を超え、住民間の交流も少なかったそうです。そして宗教や習慣の違いなどから住民同士の争いごとも頻発し、犯罪も多いエリアとなっていました。

そこで対策として生まれたのが公園を作る案。

  • 写真:ピラグリーンパーク

はじめにこの地区に住む住民と対話することから始めたそうです。みんながはじめから協力してくれるわけではなく、地域の新聞に広告を出したり、学校に出向いたり、公民館に行ったりして、住民それぞれの出身国の「記憶」を聞き出したとか。

その結果生まれたのが、世界各国の特徴を再現した公園「スーパーキーレン」だったのです。

レッドスクエア

レッドスクエアには、オランダの自転車スタンドやインドの遊具、タイボクシングのリングなどが配置してあります。

  • 写真:ピラ中央にある「牛乳王国」は、台湾のネオンサインなんだそうです。

このレッドスクエアは、もともと「ノアブロホール」というスポーツ施設があったこともあり、そのイメージを引き継いでスポーツをテーマにしたそうです。スポーツを軸に、住民同士のコミュニケーションを図って問題を解決したいという目的があったそうなのですが、その思いの通り、スケートボードやブランコなどで遊ぶ人々で賑わっていました。

  • 写真:ピラ子供から大人まで、思い思いに公園を活用しています。
  • 写真:ピラタイのキックボクシングリング。奥にはサンドバッグも。

ブラックマーケット

道路に描かれた白いラインが印象的なブラックゾーン。すぐ横にある、車用の本物の道路と区別がつくようにと細かく引かれているそうです。

障害物に応じて湾曲するラインはだまし絵のようで、ちょっと目がおかしくなりそう!

  • 写真:ピラ丘の上に登ると、ブラックマーケットが見下ろせます。奥にはレッドスクエアも。

このゾーンで日本人なら多分反応するだろう遊具が、タコの滑り台。これは、日本から職人を呼んで制作してもらったものだそうです。

  • 写真:ピラタコの遊具。遊び方は日本人と同じでした。

日本の一般的なタコの遊具とは色が違いますが、黒になるだけでこんなにおしゃれになるとは!この公園の中でも特に人気のある遊具らしいですよ。

  • 写真:ピラモロッコの噴水からパレスチナの丘を。

他にも、モロッコの星型の噴水や、パレスチナから運搬した土を一部に使って作った丘などがあります。

グリーンパーク

レッドゾーンから入ると一番奥に配置されているのがグリーンゾーン。近くに幼稚園があるため、犯罪を防ぐためにも見通しの良い公園にしたとか。

  • 写真:ピラ家族や友人と一緒に遊べる遊具がいっぱい。

体操競技でもできそうな大きな吊り輪や卓球台など家族で楽しめるものから、ベンチやハンモックまで、“庭”的な機能が散りばめられています。

  • 写真:ピラグリーンパークにも小高い丘が配置されています。

世界各国から来たものを探してみる楽しみ

今回紹介したもの以外にも、スロベニアやチュニジアのベンチ、オーストラリアのハンモック、エジプト カイロの車止め、アフガニスタンのブランコ、アルゼンチンのバーベキューグリル、ジャマイカのサウンドシステム、イギリスのゴミ箱、タンザニアのマンホールなど、57か国から来た108種類のオブジェが配置されているそうです。

  • 写真:ピラプレートには、デンマーク語とそのオブジェの国の言葉で説明が。

それぞれのオブジェには、どこの国のものなのかが書かれた簡単なプレートが配置されています。何気なく座ったものでも、実は遠い国から来ている可能性があるので、それを一つ一つ探しながら歩いて見るだけでもとても楽しく過ごせます。

おわりに

海外の公園で遊ぶというと、「外国人」として少し目立ってしまう可能性がありますが、もともと外国から来た人が多いこの地域だと、すんなり馴染みながら、まるでデンマークに元から住んでいたかのように楽しむことができます。

観光ではない楽しみ方をしたい人へ、おすすめの公園です。

スーパーキーレン
デンマーク / 公園・動植物園
住所:Noerrebroruten, 2200 Koebenhavn地図で見る

デンマークの旅行予約はこちら

デンマークのパッケージツアーを探す

デンマークのホテルを探す

デンマークの航空券を探す

デンマークの現地アクティビティを探す

デンマークのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年11月18日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

人とはちょっぴり違った旅が好き
田舎でも都会でも、国内でも海外でも暮らした経験から、ガイドブックに載っているような旅だけではなく、その土地の人しか知らない、人とはちょっぴり違う旅が好きになりました。
もちろん、有名な地にも足を運びますが、そこに+αの私が見つけたステキなものを写真と共にお伝えできたらなと思っています。

【奈良】簡単には行けない!?予約必須!生駒山中のオーガニックレストラン山岡ピザ

生駒山中にある山岡ピザは、お店までの道中がとても狭い道路で運転技術が必要だったり、雪の降る2月は休業に入ってしまったり、予約なしで突撃しても食べられなかったりと...


ピーターラビットに会いに!イギリス・湖水地方の歩き方

美しい景観が魅力のイギリス、湖水地方。ここには、ピーターラビットの作者、ビアトリクス・ポターが住んでいた町があります。都会のスタイリッシュなイギリスもおすすめで...


まだこんな秘境があった!和歌山・奈良・三重にまたがる、瀞峡めぐり

和歌山・奈良・三重の3県にまたがる瀞峡(どろきょう)。ここには、現代の秘境とも言える美しい渓谷があります!目に映る景色は、どこもまるでジブリの世界。どこかでトト...

【大阪】やりなおし神社と呼ばれる姫嶋神社で新たなスタートを切ろう!

姫嶋(ひめじま)神社は、大阪市西淀川区姫島にある神社。主祭神である阿迦留姫命(アカルヒメノミコト)は「新しいスタートを切る方」「働く女性」「女性の自立」を応援す...

【東京】カフェの街だけどカフェだけじゃない!清澄白河さんぽのすゝめ

カフェの街として有名な清澄白河。でも実は街を歩いてみるとオシャレスポットがたくさん!半日ほどでまわれる、清澄白河さんぽへご案内します。

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?