横須賀市

猿島観光の所要時間、マップ、1日の見どころや子連れ情報まで【横須賀】

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:

2021年1月26日更新

57,115view

お気に入り

写真:たっきー

猿島は神奈川県横須賀市にある無人島で、都内から電車で約1時間+フェリー10分で行ける日帰り観光の島です。森に隠れた旧日本軍の要塞跡地巡りが最大の見どころですが、BBQや釣り、海水浴など、海のレジャーも人気です。

この記事の目次表示

猿島とは?

猿島は東京湾最大の自然島。しかし最大とはいえ、周囲は約1.6km、南北の長さは直線距離で500mもありません。島の大部分は手つかずの森林に覆われており、そこにレンガ積みのトンネルや砲台跡などの旧日本軍施設が残されています。

「猿島」という島名の由来と歴史

  • 写真:たっきー

1253(建長5)年、日蓮が千葉の房総から鎌倉へ海を渡る途中、嵐に遭います。避難した島で一匹の白猿が現れ、陸地の方向を指さしたそうです。これを日蓮は、この島から去り陸へ行けということだと思い、船で再び陸へ向かったということです。これが猿島(去島とも書かれる)の由来だそうです。

猿島の観光所要時間

  • 写真:たっきー東京湾に浮かぶ無人島「猿島」

島内の要塞跡地の森林散策にかかる時間は1時間ほど。じっくり見学をしたり、子連れ散策の場合でも1.5~2時間で十分でしょう。

そして猿島では、通年でBBQや海釣り、夏季は海水浴も楽しむことができます。午前中から夕方までの半日滞在で、たっぷりと堪能するのがおすすめです。

猿島に宿泊することはできません。猿島へ渡る朝1番のフェリーが三笠発8:30で、帰り便の最終が猿島発17:00です。ですから猿島での滞在可能時間は、最長で8時間強となります。

※12月~2月はフェリー営業時間が9:30~16:00です。また土日祝のみの運行です。

猿島観光マップ

  • 写真:たっきー猿島観光マップ(島内の地図標識より)

観光マップ右下の「猿島桟橋」がフェリーの発着所です。桟橋を歩いて島へ上陸すると、各種ショップなどの施設が集まる建物があり、ここに島内唯一のトイレがあります。旧要塞施設の森林散策へ出る際には、一度寄ってから出発しましょう。

  • 写真:たっきー猿島到着時のフェリーから

桟橋の先、写真の右手にある砂浜がBBQや海水浴場エリアです。その左、写真中央の小さな緑と白が、管理棟2階ウッドデッキのビーチパラソルです。この周辺にテイクアウトレストラン、レンタルショップ、多目的ホール、トイレ、更衣室・シャワールーム、足洗い場などの設備が集まります。そして左手の森の中が要塞跡地の散策エリアです。

猿島観光ポイントその1 ~森の要塞跡の見どころ~

幕末の黒船への海上防備として、国内最初の砲台が建設されてから、猿島は要塞としての歴史を歩み始めます。要塞とは、外敵を防ぐための防御施設のことです。幕末、明治初期、昭和の計3度にわたり砲台が築かれた猿島は、2015年に近代軍事施設として初めて「国史跡」に指定されています。

要塞跡の切通し

  • 写真:たっきー猿島の要塞跡。弾薬庫などが残っている。

切通し(きりどおし)とは、山や丘などを切り開いて通した道のことを言います。猿島要塞は外からその姿を隠すため岸壁を彫り込んで造られており、島の外からは要塞が見えないつくりになっているのです。

  • 写真:たっきー国史跡に指定されている「切通し」

要塞はうっそうとした森に囲まれており、真夏でも涼しい場所です。すっかり緑に苔むした切通しは、どこか神秘的な雰囲気もあることから、撮影スポットとしても人気があります。猿島が「ラピュタの世界観」と言われ続けているのも納得です。

  • 写真:たっきー

愛のトンネル

  • 写真:たっきー敵から出口が見えないように傾斜があるトンネル。中は暗く、夏でもかなり涼しい。

全長90m、幅4m、高さ4.3mの総レンガ造りのトンネルは、中に入ると照明が少ないため、目が慣れるまでしばらく暗闇の状態になります。この時カップルが自然と手を取りあうことから「愛のトンネル」と呼ばれているそうです。

貴重なフランス積のレンガ建造物

  • 写真:たっきー猿島のレンガは「フランス積」で積まれている

フランス積(正式にはフランドル積)という方式で積み上げられたレンガの建造物は、世界遺産の「富岡製糸場」や猿島要塞も含めて、日本全国で4件が確認されているのみです。

レンガの壁を見ると、ツー、トン、ツー、トンとレンガの長手と小口が交互に積まれているのが分かります。これが「フランス積」という方式です。積み上げた時の美しい外観が特徴です。

有名なフォトスポットの三叉路

  • 写真:たっきー猿島で有名な撮影スポットの三叉路

第一砲台弾薬庫前の三叉路は、右が愛のトンネル、左が展望台方面へと続きます。このポイントが猿島で最も有名なフォトスポットの1つです。三方トンネルが交わるこの三叉路では、カメラを構えながら、人通りが途切れる瞬間の撮影を待つ方々もいらっしゃいました。

「オイモノ鼻広場」の絶景ビューも撮影ポイント

  • 写真:たっきーオイモノ鼻広場。房総半島まで一望できる絶景ビュースポット。

三叉路を過ぎ、森を抜けた先にあるのが「オイモノ鼻広場」です。ここは桟橋や海水浴場エリアからちょうど島の反対側に位置します。

三浦半島最東端の観音崎や千葉県の房総半島まで一望できる、絶景のビュースポットです!テーブルとベンチもありますので、広大な海を眺めながらのランチもいいですね。

専門ガイドによる島内の見学ツアー

  • 写真:たっきーガイドさんによる猿島見学ツアー

猿島には、島の歴史を知り尽くした専門ガイドさんが常駐しています。1日2回、見学ツアーでしか入ることができない兵舎・弾薬庫内も特別に案内してもらえます。各回45分程度の所要時間で、先着60名の受付です。

無人島・猿島 史跡見学ツアー(予約不可・当日受付のみ)
URL:https://www.tryangle-web.com/sarushima/tour.html
・1回目のツアー10:45受付開始
・2回目のツアー12:45受付開始
・料金:300円(案内料・保険料込)

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年9月10日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【関東】春のおすすめ花畑24選!3月・4月・5月に見頃を迎える花の名所ガイド

あちらこちらで花の便りが聞かれる”春”。芝桜、ポピー、チューリップなど、春の花が一面に咲く花畑を見にお出かけしませんか?3月・4月・5月に見頃を迎える、関東の花...


神奈川デートに!カップルにおすすめのデートスポット45選

ロマンチックな夜景が眺められる名所や海の見える公園、2人で思いっきり楽しめるレジャースポットに、絶景が魅力の観光スポットまで、カップルで行きたい神奈川のおすすめ...

三浦半島の人気観光スポットTOP20!旅行好きが行っている観光地ランキング

記念艦三笠や猿島など三浦半島の逗子・葉山・三浦・横須賀エリアの観光スポットの中で、トリップノートの6万5千人の旅好きトラベラー会員(2020年10月現在)が実際...

神奈川のおすすめ絶景スポット23選!感動の景色に会いに行こう

長谷の街並みや相模湾を見渡せる長谷寺や、白煙が立ち込める「かながわの景勝50選」の一つ・大涌谷、ミシュランで3つ星の評価を得た竹林が素晴らしい報国寺など、感動の...

【神奈川県・三浦半島】侮れない!プチ本格登山を楽しむ三浦アルプス

神奈川県の三浦半島にある三浦アルプスは、逗子、葉山、横須賀の境界にある山稜地帯です。三浦アルプスの一番の魅力は、200m程度の低い山々にもかかわらず、まるで原生...

この記事を書いたトラベルライター

クラフトビール大好き♡Webディレクター&デザイナー
Web業界約15年のフリーWebディレクター・デザイナーです。15歳でNYに留学したことをキッカケに海外に興味を持ち、これまで20ヶ国41都市を訪れました。

旅行の楽しみは、ハーブや香辛料の効いたおいしい料理とビール♡。最近はクラフトビールにハマっています。

日本では見られない絶景や遺跡も大好きで、(かなり昔の)新婚旅行ではアフリカのタンザニアにサファリへ行き、気球で空からゾウやシマウマの群れを眺めました。

最近新しい一眼レフカメラを購入。カメラを勉強して、旅の思い出を素敵に残したいです!
横浜在住、2児の母。
http://www.takitakita.jp/

【カンボジア】現地SIMカードはシェムリアップ国際空港で買える、しかも激安の$3で!

海外旅行中、自分のスマホでインターネットを使うには、現地のSIMカード(シムカード)を購入するのが安くすむ方法です。アンコールワット観光の拠点であるシェムリアッ...


【福島・猪苗代湖】湖面の白鳥に逢える飛来地へ行こう!

会津磐梯山の麓に広がる、日本で4番目に広い湖の猪苗代湖(いなわしろこ)。毎年2,000羽以上の白鳥がシベリアから渡来し、10~4月にかけて猪苗代湖で羽を休めます...


朝焼けのアンコールワット遺跡が幻想的、誰でも綺麗に撮れる撮影ポイントはここ!

カンボジアのアンコールワットは、ヒンドゥー教寺院で王の墓でもあります。死者が向かう方角の西向きに建てられたため、朝日鑑賞では、東から昇る太陽を背にした、幻想的な...

【シェムリアップ】旅先でできたてのクラフトビールが飲める幸せを!「Siem Reap Brewpub」

アンコールワット観光の拠点となるシェムリアップにも、マイクロブルワリーがあります。ビール醸造所「シェムリアップブリューパブ」は、ビールを醸造するその場所で、でき...

国内最大級のスケール!大自然の動物達に会える「よこはま動物園ズーラシア」

よこはま動物園ズーラシアは、敷地面積53.3ヘクタールで東京ドーム10個分の国内最大級の動物園です。メインテーマに「生命の共生・自然との調和」を掲げるとおり、緑...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります