ボリビア
ボリビア観光
世界の人々を魅了する奇跡の絶景”ウユニ塩湖”

【ボリビア】君は無事に帰って来られるか?!「デス・ロード(死の道)」を駆け抜ける冒険ツアー

取材・写真・文:

東京在住

2017年12月13日更新

539view

お気に入り

写真:ふるりえ

ボリビアのラパスから、日帰りで楽しめる大冒険ツアーをご紹介します。そのツアーの向かう先は「デス・ロード(死の道)」。過去に何人も死者が出たことから名付けられた山奥の道を、自転車に乗って超スピードで駆け抜けるツアーです。

この記事の目次表示

ボリビアのおすすめツアー
【卒業旅行・学生旅行】【4名参加でお得!ウユニ塩湖へ南米ボリビア7日間】《成田-米国間はJAL機材!》■ウユニ塩湖観光たっぷり2日分■スタンダードホテル&塩のホテル泊
319,800円~469,800円
《成田-米国間はJAL機材利用!》【感動の白銀世界!ウユニ塩湖へ南米ボリビア7日間】■ウユニ塩湖観光たっぷり2日分■スタンダードホテル&塩のホテル泊
349,800円~499,800円
★感動の白銀世界!ウユニ塩湖へ南米ボリビア8日間★《ウユニ塩湖観光2日分/ラパス市内観光》エアポートホテル&スタンダードホテル&塩のホテル2泊
410,000円~426,000円

年間200人も被害が出るデス・ロードとは?

ボリビアの首都ラパスとユンガス地方を結ぶ、標高4,700mから標高1,200m、長さ約80kmの山岳道路「ユンガスの道」は「デス・ロード(死の道)」と呼ばれ怖れられています。

1930年代にパラグアイ人捕虜によってつくられ、ボリビア北部のアマゾン森林地帯とラパスを結ぶ数少ない道のひとつとして利用されてきました。建設当時は、農産物をラパスに運ぶトラックや、保養地に向かうバスなどの往来で激しかったといいます。

  • 写真:ふるりえ上から眺めたデス・ロード。長い道のりが絶壁に沿って続いている

デス・ロードの道幅は車1台分程度、場所によっては3m程しかなく、ガードレールはありません。垂直に800メートルも切り立った崖っぷちの場所も多く、下を覗くと足がすくんでしまうほど。

さらに、この地域は雨や霧が多いため視界が悪いこともしばしば。舗装されておらず、泥状ですべりやすい道は、山から滴り落ちる滝に打たれていたり、落石も多いとのこと。

そんな状態にあるこの道では、事故による死者の数が多い事で知られています。年平均209回の事故が起こり、25台の車が谷へと落ち、200人~300人が死亡しているそうで、米州開発銀行は1995年に「世界でもっとも危険な道路」と呼称しています。

1983年7月には、バスがこの道から谷底に転落し、100人以上の死者を出す大事故までありました。

  • 写真:ふるりえ断崖絶壁のデス・ロード(死の道)

この道があまりに劣悪だったため、デス・ロードとは別に新しい道路が2006年に完成しました。しかし現在も残されている「デス・ロード」は、観光の目玉になっています。ダウンヒルを好むマウンテンバイクの愛好者をはじめ、冒険好きの各国の旅行者が、この長い下り坂と絶景を楽しんでいます。

さて、一体どれほどまでに危険なのか、冒険好きが挑戦をやめられないデス・ロードではどのような絶景が楽しめるのか、その様子をご紹介します。

デス・ロードへ行くにはラパスの街中でツアーを申し込もう

「デス・ロード」に挑戦するには、マウンテンバイクをレンタルしてくれるツアー会社をラパスの街中で見つけるのが最も効率的。「death road」という看板を掲げたツアー会社がたくさん立ち並んでいます。

ツアー会社によって、値段や装備、記念品など、若干の違いがあります。マウンテンバイクのグレードを選べるところもあり、サスペンションがついた乗り心地の良いものなど、ご自身の体力やスキルに応じて調整することができます。

筆者は、サスペンション付きのマウンテンバイクを選び、写真撮影、写真データ、記念Tシャツ付きで約6,500円のツアーに参加しました。

いざ、「デス・ロード」へ!

ツアー当日。車で、スタート地点のクンブル峠(標高4,650m!)に向かいます。富士山より高い道を自転車で駆け抜けるなんて、それだけでも興奮してきます。

まずは舗装された新しい道を通り、途中でデス・ロードに入ります。舗装された道路では、超スピードで一気に駆け下り、爽快に絶景を堪能することができます。

  • 写真:ふるりえ標高4,000m以上。雲を横目に見ながらの絶景の峠
  • 写真:ふるりえ舗装された道を自転車で下るのは爽快

デス・ロードに入ると、時折、インストラクターの指示を仰ぎつつ、ガードレールのない細い道を下っていきます。新道が出来たといっても、地元には未だに利用している人もいるらしく、自転車で下っている間も大型トラックやバスが通過していきます。

  • 写真:ふるりえデス・ロードではときたまインストラクターの指示をあおぎ、安全にも配慮する

道のあちこちには十字架が建っており、本当にたくさんの事故が起きているという事実を実感します。

筆者が自転車で駆け抜けていたのはおよそ3時間。ときに絶壁の下をおそるおそる覗いてみたり、雲を目下にながめたり、谷間を超えた山々の向こうに見える山岳村を目にしたり、「怖い」だけではなく、美しいさまざまな情景も味わうことができました。

  • 写真:ふるりえデス・ロードの道々には十字架が建つ

ツアー中は、同行しているガイドがさまざまなタイミングで写真撮影をしてくれます。参加者が華麗にロードバイクを乗りこなしている姿や、デス・ロードにある十字架や滝の前などの撮影スポットで記念撮影・集合写真などを撮影します。

この写真撮影サービスは、参加者が危険な道上でバイクに乗ることに集中できるようにとの配慮なのだそう。

撮影したデータは、ラパスにあるツアー会社に帰ってきた後、その場でCD-ROMとして受けとりました。みなさんもチャンスがあれば、デス・ロードに挑んでみてはいかがでしょうか。

デス・ロード(死の道)
ボリビア / その他スポット
住所:Death Road, N Yungas Rd, Bolivia地図で見る

ボリビア旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばボリビアのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でボリビアのすべてのツアーをみる>>

ボリビアの旅行予約はこちら

ボリビアのパッケージツアーを探す

ボリビアのホテルを探す

ボリビアの航空券を探す

ボリビアの現地アクティビティを探す

ボリビアのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年12月13日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ボリビア】次は思い切ってウユニ塩湖に行こう!現地おすすめツアー会社2選

近年日本人に大人気のボリビアの秘境「ウユニ塩湖」。日本発のツアーを予約すると何もかも高い。。。そんなあなたには、是非とも現地ツアーをおすすめします!


知る人ぞ知る チリとボリビアの国境をまたいで旅する絶景の秘境地・アルティプラーノ

ボリビア・ペルー・チリにまたがる高原地帯・アルティプラーノ。“天空の鏡”と呼ばれる「ウユニ塩湖」があるのもこのアルティプラーノで、実はウユニ塩湖以外にも、数々の...

【ボリビア】まるで月に降り立ったかのよう!ラパス郊外絶景・月の谷

突然ですが、月の表面を想像してみてください。月の表面は、白くてボコボコしているイメージですよね。一生のうちに、月に行くことができるかはわかりませんが、もし地球上...

絶景写真の宝庫!ウユニ塩湖の観光スポットとおすすめフォト6選

ウユニ塩湖といえば、水鏡に空が反射した幻想的な場所として日本でも徐々に知名度を上げている絶景スポットです。ウユニ塩湖はボリビアという南米の国にあり、日本から行く...

ベストシーズンは雨期!幻想的な”天空の鏡”ウユニ塩湖を100%楽しむコツ!

テレビや雑誌などでたくさん紹介され一躍有名な観光スポットとなった大人気のウユニ塩湖。南米ボリビアにある世界最大の塩湖です。今回は、このウユニ塩湖についてご紹介し...

この記事を書いたトラベルライター

日本と世界を繋げたい、お酒だいすき国際唎酒師
心惹かれるままに行きたい場所に行き、やりたい事に挑戦し続けていたら、気づけばこれまでに訪れた国は40以上、国内もほぼ全都道府県を制覇。見知らぬ土地を訪れるワクワク感に魅了され、アメリカ・イギリス・オーストラリアの3カ国に留学したり、ヨーロッパ周遊バスツアーに参加したり、2016年はバックパックを背負って世界一周してきました。現在は、某Webメディアで編集・ライター業に携わりながら、世界各地の魅力を日本の皆様に発信しています。
http://fururie.site/portfolio/index.html

コロナだけじゃない!メキシコはビール天国だった<世界のビール探訪>

マヤ文明やティオティワカン文明のピラミッド、美しい海が広がるカンクンなどで観光客に人気のメキシコ。世界各国を旅するとき、観光地だけではなく、ひとつの軸を持って複...


【ノルウェー】個人でも行ける!通年で観光できるソグネフィヨルド満喫の旅

ノルウェーのフィヨルド観光ベストシーズンは夏の6~8月と言われていますが、5大フィヨルドと呼ばれる5か所のフィヨルド観光スポットの中で唯一、通年で観光できるのが...

【チリ】「帰りたくない」旅人の誰もが絶賛するトーレス・デル・パイネ国立公園

荒々しく氷河で削られた山々、冷たい風になびく草原、色鮮やかな高山植物、深い青の湖など、パタゴニアの見所がぎゅっと凝縮された場所「トーレス・デル・パイネ国立公園」...

【モロッコ】星空のサハラ砂漠に宿泊!リヤド・マムーシュのラクダツアー

世界最大の砂漠といわれ、アフリカ大陸の3分の1近くを占めるサハラ砂漠。このサハラ砂漠を楽しく手軽に楽しむことができる、メルズーガの町にあるホテル「リヤド・マムー...

リアルな姿を激写!ガラパゴス諸島で必ず出会える珍しい動物たち

大小多くの島と岩礁からなるガラパゴス諸島。現在、123もの島に名前が付いているそうです。今回はその中でも、観光客が最も訪れやすい「サンタ・クルス島」「サン・クリ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?