ブラジル
ブラジル観光
地球の裏側に広がる大自然とエキサイティングな街

【ブラジル】リオの街を見守るコルコバードの丘のキリスト像。新・世界七不思議の秘密に迫る!

取材・写真・文:

東京在住

2017年10月18日更新

4,167view

お気に入り

写真:ふるりえ

現地ポルトガル語でCristo Redentor(クリスト・ヘデントール)と呼ばれる、ブラジルのリオデジャネイロにあるコルコバードの丘のキリスト像。2007年に新・世界七不思議にも選ばれたほどの、この像の「なぜ?」に迫ります。

この記事の目次表示

なぜなぜ?コルコバードの丘のキリスト像にまつわる5つの秘密

1.なぜ、コルコバードの丘のキリスト像は誕生したの?

もともと、ポルトガルの植民地だったブラジル。ポルトガルから独立を果たした1822年から約100年後の1931年、その独立100周年を記念してコルコバードの丘のキリスト像は建設されました。建設に要した期間は9年間。しかもなんとフランスで制作されたそうです。

なにやらアメリカにある自由の女神と生い立ちが似ていますね。自由の女神も、独立100周年を記念して1886年にフランスより贈呈された像で、自由と民主主義の象徴、さらには移民にとっての新天地の象徴となっています。

  • 写真:ふるりえ現地のポルトガル語では、コルコバードの丘のキリスト像はCristo Redentor(クリスト・ヘデントール)と呼ばれる

2.なぜ、こんなに大きいの?!そのサイズ感

コルコバードの丘のキリスト像の高さは、台座を除くと30.1メートル(台座を含めると39.6メートル)あるそうです。両手を広げた左右の長さは30メートルあり、全体の重量は635トンとのこと。

対して生い立ちの似ている自由の女神は、台座を除いた像の頭の部分までの高さは33.86メートル。コルコバードのキリスト像とほぼ同じ大きさです。

コルコバードのキリスト像は、自由の女神を意識して造られたのでしょうか・・・?(ちなみに自由の女神は、空に向かって伸ばした腕の高さも含めると48.05メートル、台座を含めると93メートルあるそうです。)

3.なぜ、こんな標高の高い場所に造られたの?

コルコバードの丘の標高は710メートル。像をここまで運ぶのも大変だったでしょうに、なぜ、この丘の上に建てられたのでしょうか。

実際に丘に登るとよく分かりますが、コルコバードの丘からは、リオデジャネイロが一望できます。クリスチャン人口が80%を超えるブラジル。リオデジャネイロが「キリストの神様が見守る街」となるよう、人々の信仰の深さを象徴する像として、この丘に建てられたそうです。

リオ市内のどこからでもその姿を見ることができるキリスト像。確かに、神様に見守られているような気分になります。

  • 写真:ふるりえシュガーローフから眺めるコルコバードの丘のキリスト像
  • 写真:ふるりえレブロンビーチから眺めるコルコバードの丘のキリスト像。夜はライトアップされてる

4.なぜ、両手を広げているの?

両手を大きく広げて立っているキリスト像。これは、ブラジルの人々の心の温かさを表していると考えられています。

「リオデジャネイロは治安が心配」といわれていますが、危険なのは一部の地域で、実際に住んでいる多くのブラジル人はとても親切で心があたたか。ブラジルを訪れた際は、その一旦に触れられる旅になるといいですね。

  • 写真:ふるりえ両手を大きく広げるコルコバードの丘のキリスト像

5.なぜ、新・世界七不思議に選ばれたの?

2007年7月に「新・世界七不思議」に選ばれたコルコバードの丘のキリスト像。上記にあげた「なぜ?」の不思議が、その選出の理由だとは思うのですが、七不思議の中の他の6つはいずれも古い遺跡ばかり。

ちなみに他の6つは、チチェン・イッツァのピラミッド(メキシコ)、万里の長城(中国)、マチュ・ピチュ(ペルー)、ペトラ(ヨルダン)、コロッセオ(イタリア)、タージ・マハル(インド)。

なぜ、唯一、20世紀の建造物であるコルコバードの丘のキリスト像が選ばれたのでしょうか。

その背景には、どうやらブラジル企業が仕組んだ戦略があるようです。新・世界七不思議の最終選考は、一般からの電話投票とインターネット投票により決められたのだそう。

実は、その選考においてブラジルの有力企業が後援し、電話投票を無料で行えるキャンペーンを実施。およそ1,000万人のブラジル人がキリスト像に票を投じたといわれています。

  • 写真:ふるりえキリスト像の後ろ姿

実際にコルコバードの丘のキリスト像を見てみよう

コルコバードの丘への行き方

そんな謎多きコルコバードの丘へは、バスやタクシー、登山電車で行くことができます。

登山電車は、チジュカ国立公園の森の中を通って丘を目指します。世界最大級の都市森林で、運が良ければかわいらしい猿の姿を見ることもできるとのこと。さらに途中の駅では、サンバの演奏をしてくれる音楽隊が乗り込んでくることも。まさにリオらしい愉快な登山電車を楽しめます。

車で行く際は、途中にある駐車場に車を停め、そこからミニバスでキリスト像まで行きます。駐車場にはお土産屋やキリスト像にまつわる博物館もあり、ぜひ一度立ち寄ってみたい場所でもあります。

キリスト像と記念撮影

キリスト像は東向きに立っているため、写真を撮るのに逆光にならない午前中に行くのがおすすめです。キリスト像を真似て、両手を大きく広げたポーズで一緒に記念撮影するのが定番となっています。

また、とても大きいキリスト像をカメラにおさめようと、現地では、寝そべって写真を撮るためのマットが地面にひかれてありました。観光客たちは順番にそのマットに寝そべり、四苦八苦して巨大なキリスト像を撮影していました。

絶景も最大の魅力のひとつ

コルコバードの丘の魅力はキリスト像だけではありません。展望台からは、リオの街並みを一望することがでます。その景色は絶景そのもの。

世界三大美港のグアナバラ湾、ポン・ジ・アスーカルをはじめとする奇形の山々、その間に広がる近代的なビル群。コパカバーナやイパネマのビーチも望むことができます。この自然と街並みが一体となっているリオの風景全体が、2012年に世界遺産に登録されています。

  • 写真:ふるりえコルコバードの丘から眺めるリオの街並み

リオを訪れたらまず先に、このコルコバードの丘に立ち寄るのをおすすめします。リオの地形とその美しさ、魅力全体を把握するのに最適な観光地です。

コルコバードのキリスト像
ブラジル / 観光名所
住所:Cristo Redentor,Rio de Janeiro - RJ, ブラジル地図で見る
コルコバードの丘
ブラジル / 自然・景勝地
住所:Rua Cosme Velho 513 Cosme Velho Rio De Janeiro地図で見る

ブラジルの旅行予約はこちら

ブラジルのパッケージツアーを探す

ブラジルのホテルを探す

ブラジルの航空券を探す

ブラジルの現地アクティビティを探す

ブラジルのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年10月18日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


ブラジルのおすすめ観光スポット10選!ブラジル旅行で外せない観光地特集

アマゾン川やイグアスの滝をはじめとする大自然から、コロニアルな建築が残る街並、絶景が楽しめるスポットまで、リオデジャネイロを中心に、ブラジルを旅行するなら外せな...


【ブラジル】サンパウロの観光名所!パウリスタ通りを徒歩で楽しむおすすめ半日観光プラン

サンパウロ最大の目抜き通りとなる「パウリスタ通り」は治安も良く、サンパウロ観光に外せないおすすめスポット。今回は、このパウリスタ通りを徒歩で無駄なく巡る半日観光...

世界最大イグアスの滝の見どころ徹底解説!!【ブラジル側】

世界三大瀑布のひとつである「イグアスの滝」。南米ではマチュピチュやウユニ塩湖と並び、「一生に一度は行きたい場所」として世界中から観光客が押し寄せています。今回は...

南米大陸ブラジルとアルゼンチンにまたがる“イグアスの滝”の歩き方

「イグアスの滝」は、南米大陸のブラジルとアルゼンチンの二ヶ国にまたがる世界最大の滝で、日本で三大瀑布(ばくふ)と言われている「ナイアガラの滝」、「ヴィクトリアの...

【ブラジル】リオデジャネイロのオススメ観光スポット7選

リオデジャネイロは、ブラジル南東部に位置する、サンパウロに次ぐブラジル第二の都市。リオのカーニバルや丘の上に立つキリスト像が有名ですが、美しいビーチ、そびえ立つ...

この記事を書いたトラベルライター

日本と世界を繋げたい、お酒だいすき国際唎酒師
心惹かれるままに行きたい場所に行き、やりたい事に挑戦し続けていたら、気づけばこれまでに訪れた国は40以上、国内もほぼ全都道府県を制覇。見知らぬ土地を訪れるワクワク感に魅了され、アメリカ・イギリス・オーストラリアの3カ国に留学したり、ヨーロッパ周遊バスツアーに参加したり、2016年はバックパックを背負って世界一周してきました。現在は、某Webメディアで編集・ライター業に携わりながら、世界各地の魅力を日本の皆様に発信しています。
http://fururie.site/portfolio/index.html

コロナだけじゃない!メキシコはビール天国だった<世界のビール探訪>

マヤ文明やティオティワカン文明のピラミッド、美しい海が広がるカンクンなどで観光客に人気のメキシコ。世界各国を旅するとき、観光地だけではなく、ひとつの軸を持って複...


【チリ】「帰りたくない」旅人の誰もが絶賛するトーレス・デル・パイネ国立公園

荒々しく氷河で削られた山々、冷たい風になびく草原、色鮮やかな高山植物、深い青の湖など、パタゴニアの見所がぎゅっと凝縮された場所「トーレス・デル・パイネ国立公園」...


ブラジルの飲食文化とは?国民食フェイジョアーダと眠らない夜

日本で「ブラジル料理」というと、バーベキューのように肉を串刺しにした「シュハスコ(シュラスコ)」を思い浮かべる方が多いかもしれません。東京都内にもシュハスコ専門...

リアルな姿を激写!ガラパゴス諸島で必ず出会える珍しい動物たち

大小多くの島と岩礁からなるガラパゴス諸島。現在、123もの島に名前が付いているそうです。今回はその中でも、観光客が最も訪れやすい「サンタ・クルス島」「サン・クリ...

【ノルウェー】個人でも行ける!通年で観光できるソグネフィヨルド満喫の旅

ノルウェーのフィヨルド観光ベストシーズンは夏の6~8月と言われていますが、5大フィヨルドと呼ばれる5か所のフィヨルド観光スポットの中で唯一、通年で観光できるのが...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?