モロッコ
モロッコ観光
活気あるマラケシュから世界遺産の町にサハラ砂漠まで

【モロッコ】星空のサハラ砂漠に宿泊!リヤド・マムーシュのラクダツアー

取材・写真・文:

東京在住

2017年7月7日更新

2,338view

お気に入り

写真:ふるりえ

世界最大の砂漠といわれ、アフリカ大陸の3分の1近くを占めるサハラ砂漠。このサハラ砂漠を楽しく手軽に楽しむことができる、メルズーガの町にあるホテル「リヤド・マムーシュ」が主宰するツアーをご紹介します。

砂漠に1泊ツアー

ホテル「リヤド・マムーシュ」が主宰しているツアーのうち、最も人気なのが砂漠に1泊するツアー。宿泊者以外でも参加することができます。

このツアーは16時にリヤド・マムーシュに集合し、ラクダに乗って砂漠のど真ん中を2時間ほどかけてキャンプサイトへ向かい、翌8時頃に戻ってきます。

このツアーの他にも、バギーに乗って砂漠を散策したり、ノマドと呼ばれる遊牧民のお宅におじゃましたり、砂漠の動物に会いに行くツアーなども開催されています。

  • 写真:ふるりえリヤド・マムーシュがオーガナイズするツアー一覧

出発

さて、時刻は16時。太陽が東に傾きかけた頃に出発です。

ホテルの前までラクダが迎えに来てくれています。身体の大きいラクダは、乗るのも一苦労。座っている状態のラクダに跨った後、まずラクダは後ろ足を伸ばします。乗っている身体が急にガクンと大きく前のめりになり、危うく落ちそうになります。

そしてラクダの前足も伸ばして完全に立ち上がると、見えていた景色が一変。視界が大きく広がり、砂漠や土壁の建物など、赤茶色の世界が大きく目の前に広がります。

  • 写真:ふるりえラクダに乗ってサハラ砂漠へ

1頭1頭行儀よく並んで歩くラクダ。ツアーガイドに引かれて、ゆっくりと砂漠を闊歩します。大きな砂丘を器用に歩いていきますが、下り坂では乗っている身体も大きく傾き、落ちないようにしっかりとラクダの背に取り付けられた鞍にしがみつきます。

  • 写真:ふるりえラクダに乗ってサハラ砂漠を連なって歩く

どこまでも広がる砂漠。美しく広がる丘陵に目が奪われます。

  • 写真:ふるりえ丘陵が美しいサハラ砂漠

砂漠で過ごす一夜

あっという間の2時間。キャンプサイトに到着しました。

  • 写真:ふるりえサハラ砂漠に忽然と現れるキャンプサイト

キャンプサイトの建物は、鮮やかなベルベル風の織物で覆われ、断熱性にとても優れています。これなら、陽が沈むと急激に寒くなる砂漠でも、あたたかく眠ることができます。

  • 写真:ふるりえテントの中はベルベル人の絨毯で暖かい

夜は美しい星空のもと、ベルベル人の音楽を聴きながらキャンプファイアーが始まります。ベルベル人とは、北アフリカの広い地域に古くから住んでいるベルベル語を話す民族で、モロッコでは特に砂漠のエリアに多く住んでいるそうです。

  • 写真:ふるりえ砂漠の真ん中で始まるベルベル人の演奏会

迫力のある賑やかな音楽、英語と日本語、ボディーランゲージを入り交えての楽しい会話で、夜は次第にふけていきます。

  • 写真:ふるりえ迫力のあるベルベル人の太鼓演奏
  • 写真:ふるりえ星空にたたずむラクダ

美しい朝焼けを堪能

朝はもちろん、早起きをして朝陽が昇るのを眺めます。だんだんと明るくなる空。太陽の気配を感じるにつれて、周囲の砂丘の陰影が濃くなっていきます。

  • 写真:ふるりえ砂漠に昇る朝陽

刻一刻と色合いを変えていく赤い砂。前日も十分に堪能したはずなのに、どれだけ眺めても美しく広がる砂丘には飽きることを知りません。

  • 写真:ふるりえどこを見ても砂漠の丘陵

何もない、ということが、これほどまでに美しいのだと初めて知りました。モロッコへ来たら、ぜひ、この砂漠の地を訪れてみてください。

ラクダに乗って砂漠1泊ツアー(リヤドマムーシュ)
モロッコ / 体験・アクティビティ
住所:Riad Mamouche, Ksar Hassilabiad, Merzouga 52202, Hassilabied, モロッコ地図で見る
Web:http://www.morocco-tajinya.com/hotel.html
メルズーガ大砂丘
モロッコ / 自然・景勝地 / 観光名所
住所:Merzouga, Kingdom of Morocco地図で見る

日本語もOKのリヤド・マムーシュ

続いてこのツアーを主宰する「リヤド・マムーシュ」についてもご紹介しておきましょう。

リヤド・マムーシュはサハラ砂漠の入口の街「メルズーガ」にあります。「リヤド」とは「中庭のある邸宅」という意味で、モロッコで中流以上の宿泊施設では「リヤド」を冠しているホテルが多いです。

  • 写真:ふるりえリヤド・マムーシュ外観

リヤド・マムーシュは砂漠のすぐそばに建っており、一歩外に出ると、大きな砂丘が目の前に広がります。

  • 写真:ふるりえリヤド・マムーシュからはサハラ砂漠が目の前に見える

このリヤド・マムーシュは、日本人をはじめバックパッカーに大人気。その理由のひとつは、「リヤド」という贅沢な造りの宿泊施設にもかかわらず、「ドミトリーの格安プラン」が用意されていること。

通常なら1泊400DH(約4,600円)のところを、朝夕2食付きで200DH(約2,300円)で宿泊できるのです。広いプール、異国情緒あふれるベルベル風テントやカーテン、砂漠や満天の星が見える屋上など、贅沢な宿泊施設でのんびりと過ごすことができます。

  • 写真:ふるりえリヤド・マムーシュ内観

現地のホテルや、電話・メールも日本語で対応してくれのも嬉しいところ。日本人のお客様も多く、1人旅でも楽しい同行者を見つけることができます。

ホテルに宿泊した場合、朝8時に砂漠ツアーから帰ってきてから、夜に発車するバスの時間までの間、チェックアウト後ものんびり過ごさせてくれるのも、優しいリヤド・マムーシュのスタッフの魅力。砂漠に包まれた1日をのんびり過ごしに滞在するのにもおすすめです。

リヤドマムーシュ
モロッコ / ホテル
住所:Riad Mamouche, Ksar Hassilabiad, Merzouga 52202, Hassilabied, モロッコ地図で見る
Web:http://www.morocco-tajinya.com/hotel.html

モロッコの旅行予約はこちら

モロッコのホテルを探す

モロッコの航空券を探す

モロッコのパッケージツアーを探す

モロッコの現地アクティビティを探す

モロッコのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年6月30日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

保存版!マラケシュからの2泊3日サハラ砂漠ツアー♪最終日にフェズへ抜ける方法も!

モロッコに来たら絶対行きたい、サハラへの砂漠ツアー!モロッコを旅行される際には、プランに入れている方も多いと思います。今回は、実際に筆者が参加したサハラ砂漠ツア...

【モロッコ】サハラ砂漠でいざキャンプ!砂漠での過ごし方とは?

モロッコにある世界一大きな砂漠である「サハラ砂漠」。サハラ砂漠でテント泊を楽しめる「ドュンズ・ラグジュアリー・キャンプ」と砂漠での過ごし方についてご紹介します!...


【モロッコ】まるで異世界!アイット・ベン・ハドゥを個人旅行で楽しむ方法

土壁でできた城砦の集落「カスバ」。いくつか残るカスバの中で、世界遺産にも登録されている有名なカスバが、今回紹介するアイット・ベン・ハドゥです。映画『ソドムとゴモ...

使ってみよう!HostelworldとBooking.comで予約できるオススメ宿4選

世界中の旅行者に広く使われているホテル予約サイトのHostelworldとBooking.comですが、実際にどんなところに宿泊できるのでしょうか?筆者が実際に...


この記事を書いたトラベルライター

日本と世界を繋げたい、お酒だいすき国際唎酒師
心惹かれるままに行きたい場所に行き、やりたい事に挑戦し続けていたら、気づけばこれまでに訪れた国は40以上、国内もほぼ全都道府県を制覇。見知らぬ土地を訪れるワクワク感に魅了され、アメリカ・イギリス・オーストラリアの3カ国に留学したり、ヨーロッパ周遊バスツアーに参加したり、2016年はバックパックを背負って世界一周してきました。現在は、某Webメディアで編集・ライター業に携わりながら、世界各地の魅力を日本の皆様に発信しています。
http://fururie.site/portfolio/index.html

コロナだけじゃない!メキシコはビール天国だった<世界のビール探訪>

マヤ文明やティオティワカン文明のピラミッド、美しい海が広がるカンクンなどで観光客に人気のメキシコ。世界各国を旅するとき、観光地だけではなく、ひとつの軸を持って複...

【ニュージーランド】オークランドから30分!ワイナリー巡りが楽しいワイヘキ島

ワインの名産地として名高いワイヘキ島は、ニュージーランド最大の都市オークランドからフェリーでわずか35分。「オークランドの宝石」と呼ばれている、ハウラキ湾に浮か...


【チリ】「帰りたくない」旅人の誰もが絶賛するトーレス・デル・パイネ国立公園

荒々しく氷河で削られた山々、冷たい風になびく草原、色鮮やかな高山植物、深い青の湖など、パタゴニアの見所がぎゅっと凝縮された場所「トーレス・デル・パイネ国立公園」...

【アルゼンチン】運動不足でも登頂できる!燃えるフィッツロイを目指す夜のトレッキング

有名なアウトドアブランド「パタゴニア」。このロゴデザインのモデルになった山が、アルゼンチンのエル・チャルテンという街にあります。その山の名は「FitzRoy (...


【アルゼンチン】南極に最も近い町・ウシュアイアは寒いのにあたたかい!旅人がこの町に長期滞在する理由

アラスカから17,848km。車が踏み入ることのできる地球上の最南端の地が、アルゼンチンのウシュアイアにあります。「最南端」という言葉に惹かれて多くの旅人がこの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?