ドイツ
ドイツ観光
ロマンティック街道には古城や中世の街並

【ドイツ】14のテーマでご紹介!ベルリン・ドイツ技術博物館

取材・写真・文:

ドイツ在住
訪問エリア:12ヶ国

2018年5月9日更新

1,406view

お気に入り

写真:ジョー

今回は、ベルリンにある、科学と技術をテーマにしたドイツ技術博物館(Deutsches Technikmuseum)をご紹介します。ベルリンの中心からは少し外れているけど、そこまで遠くないグライスドライエック(Gleisdreieck)という場所に建っており、地下鉄を使って簡単に行くことができるので、ベルリンに来た時のオプションとしても最適です。

この記事の目次表示

輸送機離陸中?

市内鉄道の最寄り駅を降りて博物館に向かうと、まず目を引くのがヨーロッパ空輸サービス(European air transport service)の飛行機が博物館の建物から飛び出そうとしているところです。

もちろん燃料は入っていないので動き出すことはないのですが、わくわくするポジションに置いてあるので、中を見学するのがより楽しみになってきます。

  • 写真:ジョーもう半分飛び出してます

テーマもりだくさん

ドイツ技術博物館には、8つのエリアがあり、一つ一つにユニークな展示品を置いています。じっくり見ていくといくら時間があっても足りません。

今回は14のテーマに分けて、どんなものが見られるのかをご紹介します。筆者は15時前に着いて、18時の閉館までにぎりぎり全部見終わったので、十分時間に余裕をもって行った方がいいでしょう。

【1】モノを作る音

スタート地点は旧館にあたる建物です。チケットを順路のスタート地点で見せて階段を上がると、私たちがふだん使っている物の模型が並んだ台があります。設置してあるボタンを押してみると、それらを作るときの音、または使っているときの音を聞くことができます。

  • 写真:ジョーとりあえずボタンを押してみよう

【2】 繊維を日用品に変える

音が出る展示のそばにあるのは、編む、縫うなどしてできる布製品です。裏へ回ると、機織り機、ミシンなどの機械系も。

また、ちょっと分かりにくいですが、すぐそばにある上へあがる階段の先には、繊維は繊維でも、紙を取り扱うコーナーもあります。紙がどうやってできるのか、印刷の仕組みを学ぶ一方、折り紙で作られたなかなか凝った作品も見ることができます。

  • 写真:ジョー昔ならではのごわごわ感
  • 写真:ジョー右はワンピース、左は…?
  • 写真:ジョー折り紙で作った機関車と運ばれる牛

【3】 コミュニケーションツール

音、繊維のコーナーと同じフロアの反対側は、コンピューターや電話といったテレコミュニケーションをテーマにしています。

「世界で最初に発明されたコンピューター」が展示されていますが、今のデスクトップやノートパソコンからは想像できない大きさと構造です。そこから奥に行くと、ドイツにあった昔の通信機、電話、ラジオが並んでいます。

  • 写真:ジョーコ、コンピューター???
  • 写真:ジョーラジオの電波を飛ばすための機械

【4】 海、空、宇宙へ

続いて隣の新館に移動しましょう。こちらには船、飛行機、宇宙飛行用のロケットをテーマにしており、特に上層階の飛行機のコーナーでは、過去にドイツで使われていた輸送機、戦闘機の実機を見ることができます。

そしてこちらから、冒頭にご紹介したヨーロッパ空輸サービスの輸送機が展示している屋外に出られます。飛行機と同じ目線で、ベルリンの街を見渡してみてはいかがですか。

  • 写真:ジョー船の模型。どんな材料使ったんでしょうね。
  • 写真:ジョールフトハンザの輸送機
  • 写真:ジョーこの角度からもかっこいい

【5】 砂糖ができるまで

  • 写真:ジョー砂糖の精製に使う材料
  • 写真:ジョー真ん中は砂糖が作れる植物、左端は昔売っていた砂糖の塊です。

新館にはもう一つ、砂糖に関連するコーナーが設置されています。技術博物館なので、砂糖の物質としての構造や、生成方法を紹介しているのですが、筆者が個人的に驚いたのは、カニやエビの殻が砂糖の一部になるという説明でした。未だに「なんで?」と思うのですが、身近なものにも新しい発見があるんだと感心しました。

  • 写真:ジョーこれがどうしたら砂糖に…?

【6】 鉄道とドイツ

旧館に戻り、反対側の通路へ抜けると、鉄道の展示エリアです。今は国内でほとんど使われていない蒸気機関車や、ナチス時代にドイツを走っていた列車などが置かれており、その一部に入り込むこともできます。

このエリアは屋内外に広がっており、屋外の展示は線路に乗せて飾られてるので、より臨場感を味わうことができます。

  • 写真:ジョーナチス時代の鉄道車両
  • 写真:ジョー屋外にある蒸気機関車の展示

【7】 工芸品づくり

鉄道のエリアに挟まれている建物では、3つのテーマに基づいたコーナーがあり、まず1階はカバンや装飾品などの工芸品がどう作られてきたのかを見ることができます。

と言っても、展示物がずらっと並んでいるというわけではなく、工房のような構造で、不定期で実際に職人が担当の品を作っているところを見ることができるのです。ただ、それがいつかは予測しきれないので、予めご了承ください。

  • 写真:ジョー今日は残念ながら誰もおらず…
  • 写真:ジョー小さいかばんから、トランクまで

次のページを読む

ドイツの旅行予約はこちら

ドイツのパッケージツアーを探す

ドイツのホテルを探す

ドイツの航空券を探す

ドイツの現地アクティビティを探す

ドイツのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年5月9日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


ヨーロッパの人気観光スポットTOP55!旅行好きが行っている観光地ランキング

ローマのコロッセオやパリのエッフェル塔などのヨーロッパの観光名所の中で、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行ってい...


ヨーロッパの人気のお城・宮殿TOP30!旅行好きが行っているお城&宮殿ランキング

バッキンガム宮殿やノイシュバンシュタイン城などヨーロッパの城・宮殿の中から、トリップノートの6万3千人の旅好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行って...

【ドイツ】定番だけ厳選したベルリンのおすすめ観光地11選+みどころ

ドイツの首都ベルリン。実際に3年間住んだ経験を元に、旅行者におすすめなベルリンの定番観光地を11件厳選し、 各地のみどころと共に紹介します!

【ドイツ】『進撃の巨人』のモデルの街、ネルトリンゲンを巡る旅

ミュンヘンから、電車で2時間ほど北上したところにある都市「ネルトリンゲン」。隕石が落下した跡にできたこの街は、日本でおなじみの漫画『進撃の巨人』のモデルとなった...

【ドイツ】今やハンブルグの観光名物!伝説の風俗街「レーパーバーン」

ドイツ・ハンブルクのザンクトパウリ地区に存在する巨大歓楽街レーパーバーン(Reeperbahn)は、今やB級スポットとして大人気の観光地。「飾り窓」や「ビートル...

この記事を書いたトラベルライター

おっさん学生 ドイツ支部
こんな歳で今更ですがドイツで学生やり直してます。
今までに行った旅行先は日本国内もそうですが、海外も数ヵ国行っているので、記事によってガラッと風景が変わるかもしれません。主に街歩きの中で気づいたことを紹介するので、訪問してくださる方が今後の旅行で小さな発見をするときの参考になればいいなと思います。

こちらで旅行相談も受け付けておりますので、ぜひご覧ください。
TRAVELOCO ロコネーム ジョー
https://traveloco.jp/loco/rio_edj

旅行先(国別):ドイツ(在住)、ベルギー、オーストリア、オランダ、ハンガリー、チェコ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、台湾、香港、中国、日本

【ドイツ】モザイクなし!ベルリン人体博物館

ベルリン観光のハイライトシーンが集うアレキサンダー広場の中でも、一番目立つランドマークであるテレビ塔(Fernsehturm)。よくよくそのあたりを散策してみる...


【ドイツ】カール大帝ゆかりの地、アーヘン観光名所ピックアップ!

ドイツ西側の国境に位置し、ベルギーのリエージュへは電車で1時間、オランダのマーストリヒトにも直通バスで1時間と隣国の観光地へのアクセスもいいカトリックの街、アー...


【オランダ】閲覧注意! ハーグ・拷問博物館

オランダの政治首都、ハーグ(Den Haag)は、400年以上前からオランダ国内でその役割を担ってきました。それを証明するのが、犯罪者や謀反者を罰してきた拷問の...

【ドイツ】ベルリン通になろう!市内バス、電車おすすめ路線一覧

ドイツ国内随一の市内交通網を誇るベルリンには、東京ほどではないものの、公共交通機関がそこら中に張り巡らされています。数が多すぎて、旅行に行きたいけど何に乗ってど...

【ドイツ】お手軽!ベルリン100番、200番バス観光スポット14選

ベルリンの旅行を計画するときに、ガイドブックを開くと必ずと言っていいほど出てくる市内交通100番、200番バスを利用した観光ルート。回る場所も観光会社が開催して...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

アプリ「Pokke」でドイツの音声ガイドを聴く

ドイツの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります