韓国
韓国観光
日本から3時間足らず!激辛グルメや韓国コスメに大満足

【釜山】潮風とアートの香り漂うヒンヨウル文化村

2018年9月14日更新

220view

お気に入り

釜山(プサン)の影山(ヨンド)にある海辺の小さな集落、ヒンヨウル文化村。青い海に小さな家が建ち並ぶ風景から「韓国のサントリーニ」とも呼ばれています。そんなヒンヨウル文化村の見どころについてご紹介します!

この記事の目次表示

韓国映画ファン必見『弁護人』『悪いやつら』の撮影地!

今では韓国の複数都市で行っているフィルムコミッション事業、韓国では釜山が一番早く始めたそうです。そのため釜山で撮影された映画はたくさんあり、映画『弁護人』『悪いやつら』では、劇中で裕福でない家庭の背景としてヒンヨウル文化村が採用されました。

※フィルムコミッション‥映画等の撮影場所誘致や撮影支援をする機関

実際にこの村は朝鮮戦争当時の避難民によって形成された村でもあるので、訪れる際はそんな悲しい歴史や苦しい時代があったことも心に止めておくといいと思います。

『弁護人』の撮影地だった住宅は、今では写真のような案内所になっています。ヒンヨウル文化村のオリジナルグッズや絵葉書等も購入できますし、飲み物も販売しているので、窓に映る海を眺めながら休憩もできます。

ヒンヨウル案内所
韓国 / 観光案内所・ビジターセンター
住所:379 Huinnyeoul-gil, Yeongseon 2(i)-dong,Yeongdo-gu, Busan
Web:http://www.huinnyeoul.co.kr/

散策が楽しくなる街かどアート!

海岸沿いの小道には、ところどころ壁画やオブジェが設置されており、目を楽しませてくれます。これはこの地域の再生事業のひとつで、街の移住者募集により集まったアーティスト達と地域の住民の方が協力して制作したものだそうです。観光客のためだけではなく、住民の生活の質を向上させるための取り組みとのことです。

どれも住民の方のこの土地への思いが感じられるような、海とも路地の景色ともよく似合う作品ばかりですね。


のんびり自由な動物たち

ヒンヨウル文化村では猫や犬も良く見かけます。釜山はソウルと比較して、動物好きな人が更に多いと感じました。本来なら韓国の年配の方は、猫を不吉なものとして嫌う方も多いのですが、釜山では猫好きな方が多いようで野良猫たちものんびり暮らしている様子でした。

動物好きな方は、散策しながら猫や犬を探して楽しめることでしょう。飼い主のいる動物の場合は気軽に話しかけてみてください。動物をきっかけに交流が生まれるかもしれませんね。

カフェからのオーシャンビュー

ヒンヨウル文化村から見える海は、釜山中心部からバスで15分の場所とは思えないほどの青さと透明感!海岸沿いにはいくつかカフェがあり、どこも窓からの景色が素晴らしいんです!

cafeコミ

ちょうど海外沿いの散策路中間あたりにある、2階建てのカフェ。2階の窓際の席が特等席で、海が見渡せます。

  • 梅エイド 6,000ウォン(約600円)

お店のご主人手作りの梅シロップで作るという、梅エイドが爽やかでおいしくおすすめです。

CAFEコミ
韓国 / カフェ・喫茶店
住所:부산 영도구 흰여울길 273
電話:010-7501-7941

the Lazy cat

こちらは漫画家の方が営むお店。お店の中に漫画の猫のキャラクターグッズが散りばめられていて、店内もカラフルでかわいいカフェです。

ここは屋上席からの景色がとにかく抜群!夕日が見える頃もきっときれいですね。

  • peach ice tea 6,000ウォン(約600円) coldbrew beer 7,000ウォン(約700円)

ちなみに飲み物は、猫のキャラクターが描かれたオリジナルグラスで提供されます!

the Lazy cat
韓国 / カフェ・喫茶店
住所:부산시 영도구 절영로 222-2
電話:070-8867-7819
Web:http://www.cafelazycat.com/

オーシャンビューに浮かぶ船の秘密

ここまでご覧いただいて、海に大きな船がたくさん浮いているのが気になりませんでしたか。これはヒンヨウル文化村の前の海が、錨泊(びょうはく)地といって船がいかりを下ろして一定期間留まる海域だからだそうです。海流の関係で船の向きも同じ方向になるんです。この風景も、ヒンヨウル文化村の名物のひとつと言えるでしょう。

時が止まったような海辺の小道

ゆっくりとした時間が流れる美しいヒンヨウル文化村。趣きのある家並みや入り組んだ細い路地は、悲しい歴史を生き抜いてきた証でもあります。実際に住民の方が暮らしている生活範囲でもありますので、もし住民の方と出会ったら笑顔であいさつしてみてくださいね!

ヒンヨウル文化村
韓国 / 町・ストリート
住所:부산 영도구 영선동4가 1044-6
電話:051-403-1861
Web:http://huinnyeoul.co.kr/

※記事内のウォンから円への換算は100ウォン=10円で計算しています

韓国の旅行予約はこちら

韓国のホテル予約をBooking.comで探す

韓国の航空券予約をエクスペディアで探す

韓国のパッケージツアー予約をH.I.S.で探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年8月3日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【韓国】普段着のソウル!望遠洞で食べ歩き&雑貨屋巡り!

望遠洞(マンウォンドン)は弘大のほど近くにあり、昔ながらのにぎやかな伝統市場のある住宅街。でしたが、ここ数年で少し様変わりしてきているようです。市場のにぎやかさ...

【ソウル】景福宮周辺でカフェ巡り♡おすすめ4選

ソウルの定番観光スポットの一つ景福宮。景福宮周辺にあるSNSで人気のお店や、まったり癒される韓国伝統的家屋のお店など、カフェ巡りや観光のひと休みにもぴったりな、...


ソウルのおすすめ観光スポット10選

ソウルと言えばで名前があがる定番の観光スポットから、多くの人で賑わうソウルきって繁華街やお洒落な街まで、ソウルを満喫するなら訪れたいおすすめの観光スポットを紹介...

乗り継ぎ時間に無料ツアー!仁川空港トランジットツアーのすすめ

世界約180都市に就航し、日本人旅行客も多く利用する韓国・仁川(いんちょん)国際空港。スカイトラックスが実施する空港ランキングで、2017年には「乗り継ぎにベス...


【韓国】済州島気分?お茶カフェ「O’sulloc」のおすすめ品!

済州(チェジュ)島の雰囲気が感じられる、韓国で人気のお茶カフェ「O’sulloc tea house(オスロック・ティー・ハウス)」‼済州島産の茶葉を贅沢に使用...

この記事を書いたトラベルライター

食と猫を愛する旅写真家
韓国、台湾のリピーター。韓国在住・就労経験有り。旅写真、猫写真を撮るアマチュア写真家。無類の猫好きで野良猫ストーカー。猫との出会いを求め国内外の猫スポットも巡る。食に異様な執着心があり、旅先では特にその傾向が強い。国内では鄙びた温泉地を好む。基本一人旅。

韓国コスメオタクの聖地!弘大の親切なメイクブラシ屋さん「Ancci Brush House」

韓国へはショッピングのために行くという方が多いと思いますが、中でも手頃な値段で種類も豊富なコスメショップは外せませんよね!お気に入りの化粧品をたくさん仕入れたら...

【韓国】普段着のソウル!望遠洞で食べ歩き&雑貨屋巡り!

望遠洞(マンウォンドン)は弘大のほど近くにあり、昔ながらのにぎやかな伝統市場のある住宅街。でしたが、ここ数年で少し様変わりしてきているようです。市場のにぎやかさ...


【台湾】朝を制す者は台南グルメを制す!台南朝食はしごのススメ

人気急上昇中で注目の台南!台南発祥の台湾料理も多く美食の街と言われており、小吃(シャオチー)の宝庫です。小吃とは麺料理、ご飯もの、おやつまで含んだ気軽に食べられ...

【台湾】食の都・台南名物代表!おすすめ意麺(イーミェン)3選

麺好きにはたまらない麺大国・台湾の中でも、食の都と言われる台南の名物麺料理「意麺(イーミェン)」。油で揚げてから茹でた卵麺が「意麺」と呼ばれており、インスタント...


【台湾】時を越え日台をつなぐ彩り!嘉義マジョリカタイル博物館

阿里山鉄道の始発駅のある嘉義市(かぎし)。日本統治時代には東アジア最大の材木集散地でした。山から切り出した檜(ひのき)を阿里山鉄道で嘉義駅まで運び、駅周辺は林業...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?