シンガポール
シンガポール
いまアジアで最も勢いのある多国籍な近未来都市

【シンガポール】至極のホテルステイ★充実のマリーナベイサンズに泊まろう!

2018年5月18日更新

437view

お気に入り

シンガポールにある「マリーナベイサンズ」は、世界中の誰もが知っているホテルの一つではないでしょうか。日本でもCMなどで起用され、とても有名な憧れホテルですよね。一生に一度は泊まってみたい、マリーナベイサンズでの過ごし方をレポートします!ラッキーな裏話も!

憧れのマリーナベイサンズ

マリーナベイサンズはシンガポールのマリーナ・ベイに面して建てられたリゾートホテルで、2010年4月に開業されています。建築家モシェ・サフディによって設計され、総工費はなんと!80億SGDとも言われています。日本円でおよそ6,557億円!まったく想像のつかない額です。

プールやカジノやショッピング、グルメなど見どころ豊富な、まだまだ新しい複合型リゾートホテルのマリーナベイサンズですが、一日中ホテル内にいても飽きることはありません!むしろ宿泊日はぜひホテル内を満喫しましょう。

気になる客室と、そこから望むシティビュー

お部屋のグレードは様々ありますが、最も安いグレードがデラックスルーム。こちらは眺望を選ぶことができ、ガーデンビュー、ハーバービュー、シティビュー、スカイビューの4タイプあります。

今回はデラックスルームのシティビュー(19階~39階、市街側)に宿泊しました。宿泊費は2名で528.47SGD(Inclusive of Taxes)です(2017年11月22日時点)。日本円でおよそ43,300円なので、1人あたり21,650円ほどです。想像するよりは現実的な価格ではないでしょうか。

部屋に入るとタオルで作られた可愛いゾウさんがお出迎えしてくれます。

お部屋の内装はこんな感じで、ダブルベッドが2つ。リーズナブルなお部屋でも結構豪華です。

客室からはマーライオンも!

お部屋からの景色ですが、対岸から見て3本のホテルのうち左側の3号館39階に通されました。ここからはマーライオンの姿も確認できます。

  • お部屋からの景色。マリーナ湾が一望できます
  • 望遠レンズであれば部屋からマーライオンも撮れます

小ネタになりますが、マーライオンを上からちょこちょこ見ていると、午前中は観光バスがたくさん止まっており、人が大勢いました。ですが午後になると比較的空いているのが確認できましたので、筆者は後日、午後にマーライオンを見に行きました。

サンセットも夜景も!客室から絶景を味わえる

夕方日が暮れて、マジックアワーと言われる日没後15分程度の時間帯に撮影した、客室からの景色がこちら。

幻想的な景色で、シンガポール市内に明かりがつけられ始め、少しずつ街中に光が増えてきます。

完全に日が暮れ、夜景になるとマリーナベイサンズのお部屋から見える景色はまさに絶景です。

マリーナベイサンズでの過ごし方

ショッピング編

マリーナベイサンズ内には巨大ショッピングモールがあり、地下2階分と地上1階の3フロアに300を超えるショップが入っています。

日本では入手が難しいVICTORIA'S SECRETや、日本でも人気のLongchampの限定デザインバッグなどがありますよ!

ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ
マリーナ / ショッピングモール・デパート
住所:2 Bayfront Ave, Singapore 018956
電話:6688-8868
Web:http://jp.marinabaysands.com/shoppes-jp.html

食事編

マリーナベイサンズ内にあるレストランはなにも高級なところばかりではありません。リーズナブルに食事ができるところもあります。ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズの地下2階にはフードコートがあります。

ラサプーラ・マスターズと呼ばれるフードコートには960席ほどあり、シンガポール料理だけでなく、インド料理、ベトナム料理、中華や日本食などもあります。筆者はマリーナベイサンズ滞在中の食事はこのラサプーラ・マスターズを利用しました。

ラサプーラ・マスターズ
マリーナ / フードコート
住所:#B2-50 The Shoppes at Marina Bay Sands, 2 Bayfront Ave, Singapore
電話:6506-0161
Web:https://jp.marinabaysands.com/restaurants/hawker-a...

プール編

マリーナベイサンズの最大の特徴と言ったら、3つのホテルの上にかかった船のような形のプールですよね!マリーナベイサンズのインフィニティプールは57階、地上200mの屋上から見下ろす眺めは最高の一言。上を見上げると広い広い空だけ…。何と言っても開放感がすごいです。

インフィニティプールは朝は6時から、夜は11時まで営業しています。人が少ない時間帯はやはり営業してすぐか、夜11時ギリギリでしょう。また、午前11時~午後3時はチェックアウト・インの時間と重なるので、この時間帯はほとんど連泊している人しかいません。インフィニティプールにはぜひ時間帯を変えて何回でも行ってみてください!

朝・昼・夕方・夜で景色が変わっていきますよ。

インフィニティプールのあるフロアはスカイパークと呼ばれており、プールを利用するにはスカイパークの入り口で、キーカードを通す必要があります。キーカードは宿泊者一人ひとりにチェックイン時に渡されます。また、部屋からタオルを持っていく必要はありません。

プールサイドにはラウンジチェアがたくさん用意され、ドリンクやフードの購入もできます。泳ぐ以外にも寝て過ごしたり、本を読んで過ごしたり、皆自由にその時間を楽しんでいました。

インフィニティプールのある階から、市街側と反対側では海とガーデンズ・バイ・ザ・ベイも見下ろすことができます。こちらも昼と夜では見せてくれる表情が変わりますよ。特に夜はライトアップされているのでとても幻想的です。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
マリーナ / 公園・動植物園
住所:18 Marina Gardens Drive, Singapore
電話:6420-6848
Web:http://www.gardensbythebay.com.sg/

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年11月22日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

4泊5日♪これが王道?!シンガポール女子旅モデルスケジュール!

人気の海外旅行先であるシンガポール。初めてシンガポールへ行かれる女性の方へ、平日仕事終わりに出発する4泊5日のシンガポール女子旅モデルコースをご紹介します!穴場...

【シンガポール】 ここだけは絶対に外せない!必見必食スポット

毎年世界各国から多くの観光客が訪れる、東南アジア屈指の近代都市シンガポール。多種多様な文化や習慣を持ち合わせていて、自然、食、歴史など、様々な面で旅を楽しむこと...

シンガポールの夜景とお酒を楽しむ天空バー6選

せっかくの海外旅行は夜早く寝るなんてもったいない!うっとりするようなシンガポールの夜景を楽しみながらお酒をいただくひとときは、日常を忘れさせてくれます。次のシン...

シンガポールから4時間で楽園へ!大人気「ラワ島」リゾート満喫の秘訣

数々のリゾート地へ気軽に行けるのがシンガポールの魅力でもありますが、その中でもシンガポールから飛行機を使わずに、車とボートで4時間弱で行けちゃうマレーシアの「ラ...

アジア最大の観覧車シンガポールフライヤーで、夜空に浮かぶロマンチックなディナーを♪

シンガポールのマリーナエリアにそびえ立つ巨大な観覧車、シンガポールフライヤー。その迫力ある姿は、絶景スポットとしてもすっかり有名です。なんとこの観覧車では、シン...

この記事を書いたトラベルライター

オーロラハンターに憧れる会社員トラベラー
学生時代から現在に至るまで、アジア、ヨーロッパ、オセアニア、北アメリカと、絶景求めて世界をまるっと、幅広く旅する転勤族会社員トラベラー。
特に北欧がお気に入りで、海外渡航歴は約20か国。
自然、絶景、夜景、建築が好きなオーロラリピーター。
海外記事を中心に、読んで頂く皆さんに、非日常なわくわくした世界をお届けできたらと思います!

モロッコ旅から帰国しました!

4泊5日♪これが王道?!シンガポール女子旅モデルスケジュール!

人気の海外旅行先であるシンガポール。初めてシンガポールへ行かれる女性の方へ、平日仕事終わりに出発する4泊5日のシンガポール女子旅モデルコースをご紹介します!穴場...

世界一美しい湖畔の街オーストリア・ハルシュタットで深呼吸しよう!

世界で最も美しい湖畔の街とうたわれているハルシュタット。オーストリアにある小さな小さな街ですが、歴史もあり、世界文化遺産にも登録されています。次の旅先として、豊...

【NY】ブロードウェイミュージカルをお得に!Today Tixを使おう

タイムズスクエアと言えば、思いつくのはブロードウェイでの本場のミュージカルですよね!ニューヨークを訪れたことのある人は、ミュージカル鑑賞をしたことのある人が多い...

乗り継ぎ利用だけでも必要!カナダ入国にはeTAの取得を!

アメリカへ旅行する際にはESTAの取得が必要だと認識されている方は多くなってきているかと思います。皆さん、同様に、お隣の国カナダでも入国時に電子渡航認証「eTA...

【エストニア・タリン】春の旧市街に一目惚れ!街歩きガイド

エストニアの首都、タリンの美しい旧市街でぜひ見て回るべきポイントと、フォトスポットを紹介します。北欧は夏の観光シーズンが人気ですが、オフシーズンの冬~春にこそ見...

トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?