シンガポール
シンガポール観光
いまアジアで最も勢いのある多国籍な近未来都市

シンガポールで絶対食べたい、絶品ピザ屋さん3選

取材・写真・文:

シンガポール在住
訪問エリア:19ヶ国

2019年2月18日更新

5,356view

お気に入り

写真:Kokoa

人種の多様なシンガポールでは、多国籍料理屋さんがたくさんあり、本場さながらの絶品料理を味わうことができます。今回は、お手軽に楽しめるイタリアの代表料理、絶品ピザ屋さんのご紹介です!

この記事の目次表示

1. パリの街角ピザ屋さん!?「PS Cafe Petit (PSカフェ・プティ)」

「PS Cafe Petit (PSカフェ・プティ)」は、シンガポール発祥の有名レストランチェーン、PSカフェグループが展開するピザ屋さん。よく映画の舞台にもなるおしゃれエリア「Tiong Bahru(チョンバル)」にあります。

  • 写真:Kokoa
  • 写真:Kokoa

パリの街角にあるようなおしゃれな店内は、黒を基調としていてモダンでシック。

おすすめはシンプルにピザの味を味わえる「ピッザ・マルゲリータ」(SGD24/約1,950円)。シンプルながらにバジルの香りがアクセントになっていて、美味です。

  • 写真:Kokoaピッザ・マルゲリータ

店長の一押しは、クリームソースがベースのきのこのピザ「ビアンカ・フォンギ」(SGD28/約2,280円)。クリーミーなソースと4種類のキノコがとっても合います。

  • 写真:Kokoaビアンカ・フォンギ

デザートには、ふわっふわ、あつあつのスポンジケーキと、バニラアイスクリームのとろけるおいしさ、ジンジャープディングを試してみて。その名の通り、スポンジケーキはほんのり生姜の風味。冷たいアイスクリームとの相性ばっちりです。

  • 写真:Kokoaジンジャープディング

また、店内に所狭しと並んでいるワインボトルは、物価の高いシンガポールの中ではとてもリーズナブル(SGD35〜/約2,850円〜)。ワインバーとして使用するのもおすすめですよ。

  • 写真:Kokoa
  • 写真:Kokoa
ピーエスカフェ・プティ・チョンバル店
チョンバル / カフェ・喫茶店
住所:No.41 Blk 78. Guan Chaun St, Singapore 160078地図で見る
電話:9226-7088
Web:http://www.pscafe.com/pscafe-petit-at-tiong-bahru/

2. 住宅街にこっそりたたずむピザ屋さん「Art Pizza(アートピザ)」

落ち着いた飲食店が並ぶ「Robertson Quey(ロバートソンキー)」にあるピザ屋さん「Art Pizza(アートピザ)」。イタリアン屋台のようなスタイルのこのお店、店内に席はなく、外に何席かテーブルがあるのみ。相席だって構わない、イタリアンスタイルです。

  • 写真:Kokoa
  • 写真:Kokoa
  • 写真:Kokoa

イタリアンオーナーご自慢のピザは生地がふっかふかで、これぞ本場のイタリアンピザ。

おすすめは、4種類のお味が一度に楽しめちゃう「Quattro Stagioni(クアトロ・スタジョーニ)」。イタリア語で「四季」という意味なんですって。季節折々をピザで表してしまうなんて、なんともイタリアンなユニークさですね。

  • 写真:Kokoaクアトロ・スタジョーニ
  • 写真:Kokoa
Art Piza
ロバートソンキー / 洋食・西洋料理
住所:7 Rodyk St, #01-33, Singapore 238215地図で見る

3.毎日行きたいカジュアルなピザ屋さん「CIBO(チボ)」

大人の住宅街「River Valley(リババレー)」にあるピザ屋さん「CIBO(チボ)」。CIBOとはイタリア語で「食べ物」という意味だそうです。

  • 写真:Kokoa
  • 写真:Kokoa

おすすめは、ハム、アンティチョーク、きのこ、オリーブなどがのった「Carricciosa」(SGD17/約1,380円)。もっちりとしたピザ生地に具沢山のこのピザ、食べごたえがあります。

  • 写真:KokoaCarricciosa

こちらはピザ以外のメニューも充実していて、パスタも手作り。きのことトリュフのクリームソースラビオリ「Ravioli Porcini & Tartufo」(SGD20.9/約1,700円)も絶品です。

  • 写真:KokoaRavioli Porcini & Tartufo

デザートはチョコレートが中からとろけだす、「ラバケーキ」(SGD 10.9/約840円)を試してみて。その名の通り、とろけるおいしさです。

  • 写真:Kokoaラバケーキ
Cibo (チボ)
オーチャード / 洋食・西洋料理
住所:428 River Valley Rd, Singapore 248327地図で見る

まとめ

いかがでしたか?デートにも、家族でも、友達とも、どんなシーンにも活用できる絶品ピザ屋さん。是非一度行ってみてくださいね。

※日本円の換算レートは2019年2月です。

シンガポールの旅行予約はこちら

シンガポールのパッケージツアーを探す

シンガポールのホテルを探す

シンガポールの航空券を探す

シンガポールの現地アクティビティを探す

シンガポールのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


シンガポール料理・ご飯のおすすめ14選!シンガポールで食べたいローカルフード厳選

中国やマレーシアの食文化も入り交じったローカルフードが揃い、多彩な食事が楽しめるシンガポール。現地でぜひ食べておきたい、おすすめのシンガポール料理をご紹介します...


シンガポールで食事するならココ!おすすめグルメ・レストラン25選

シンガポールでおすすめのグルメ・レストランを一挙にご紹介!観光地からもアクセスしやすい人気店を厳選しました。シンガポール旅行中の食事はこれでもう悩まない!

スイーツ好き必見!シンガポールで美味しいスイーツを食べるならココ5選

ローカルフードもいいけれど、スイーツ好きならシンガポールの人気スイーツも外せないですよね♪でも海外のスイーツというと、甘過ぎたり、色合いがカラフルだったりと実際...

シンガポールのおすすめアフタヌーンティー&ハイティー12選

シンガポールには、アフタヌーンティーやハイティーが自慢のホテルがたくさんあります。ちょっぴり贅沢に楽しみたい、シンガポールのおすすめアフタヌーンティー&ハイティ...

シンガポールで焼肉ならココ!在住日本人おすすめの8店

ここ数年、シンガポールでは日本食が大人気。クオリティーの高い焼肉屋も増え、日本人のみならず、現地の人や世界中からの観光客をとりこにしています。シンガポールにいな...

この記事を書いたトラベルライター

常夏の国シンガポールを拠点とした暑い情報を伝えます
---------------------------------------------------------------------
2017年上半期海外部門
アクセストップ賞とお気に入りトップ賞をダブル受賞しました!
https://tripnote.jp/minna/award/2017/1
---------------------------------------------------------------------
シンガポール現地採用で働いていましたが、シンガポールで出会ったイタリア人と国際結婚。現在は子育てしながら夫婦でフィットネスジム経営中。

エネルギッシュな常夏の国から、好きな想いを綴ります。
https://www.kokoasan.com/

やっぱり麺が好き!絶対食べてほしいシンガポールおすすめヌードル5選

シンガポールでは、ホーカーセンターと呼ばれる屋台街や、団地やビジネスビルにもフードコートが必ずといっていいほどあり、多くのお店が所狭しと並びます。せっかくシンガ...


おやつに何食べる?絶対食べたいシンガポールのローカルスイーツ6選!

旅行と言えば、食べ歩き。特に甘いものは、疲れを癒してくれますよね。今回は、お手軽なお値段で気軽に試せちゃう、シンガポールならではのご当地スイーツ6選を紹介します...


安くて使える!タイに行ったら絶対買いたいお土産8選!

3か月に1度のペースでタイ・バンコクに遊びに行くほどタイ好きの筆者。今回は、筆者が本当に大量買いしてくる、リーズナブルなのに優秀な品を集めました。どれも日常で使...

新しいお店が続々オープン!シンガポールの駅ビル「タンジョンパガーセンター」おすすめ5選

2016年12月にオープンしたMRTタンジョンパガー駅直結ビル「タンジョンパガーセンター」。地上64階のシンガポールで一番高い複合施設の勢いはとどまるところを知...

シンガポールから4時間で楽園へ!大人気「ラワ島」リゾート満喫の秘訣

数々のリゾート地へ気軽に行けるのがシンガポールの魅力でもありますが、その中でもシンガポールから飛行機を使わずに、車とボートで4時間弱で行けちゃうマレーシアの「ラ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります