シンガポール
シンガポール観光
いまアジアで最も勢いのある多国籍な近未来都市

【シンガポール】チャンギ国際空港の新ホテル「ヨーテルエアー」

取材・写真・文:

オーストラリア在住
訪問エリア:36ヶ国

2019年4月19日更新

7,149view

お気に入り

写真:Booboo56

チャンギ国際空港にオープンした話題の大型複合施設「ジュエル」。その4階に、130の客室を持つバジェットホテル「ヨーテルエアー」があります。ヨーロッパ版カプセルホテルだとも言われていますが、さて、どんなホテルか見てみましょう。

この記事の目次表示

ヨーテルエアーって

母体は、急成長を続けるイギリス発のホテルチェーン「ヨーテル(Yotel)」。ロンドンのガトウィック空港とヒースロー空港のほか、ニューヨークやシンガポールのオーチャードロードに「ヨーテル」ブランドのホテルを展開中です。

  • 写真:Booboo56

今回オープンした「ヨーテルエアー シンガポールチャンギエアポート」は、アジアで初めての「ヨーテルエアー」ブランドのホテルとなります。

ポップで近未来的なホテル

デジタルに詳しい若者をターゲットにしているそうで、内装は紫とシルバーを基調としたポップなデザイン。客室も「客室」とは言わず「キャビン」、フロントデスクを「ミッションコントロール」と言ったり、スタッフのユニフォームもカジュアルな仕様になっているなど、従来のホテルとは一味違います。

チェックインはセルフで

  • 写真:Booboo56
  • 写真:Booboo56

チェックインは、入り口にある丸テーブルの上にある端末を使ってのセルフチェックインとなります。使い方がわからないときは、奥の受付に待機しているスタッフが手伝ってくれます。端末の指示に従ってEmailアドレスなどの情報を入力、パスポートをスキャンし、クレジットカードで支払いをした後、キーカードを作ってチェックイン完了です。

セキュリティ面も安心

  • 写真:Booboo56自動ドアの横にある、この部分にカードキーをかざずとドアが開きます。ドアが自分のほうに向いて開くので、注意が必要。
  • 写真:Booboo56

客室部分は自動ドアで仕切られており、キーカードをかざさないとドアが開かない仕組みになっています。宿泊者以外が客室部分に入ることはできないので、安心感があります。日本のカプセルホテルのように、上下二段のカプセルが並んでいるわけではなく、小さい部屋がいくつか並んでいます。

キャビン内の様子

ベッド

  • 写真:Booboo56
  • 写真:Booboo56

キャビン(客室)のドアを開けると、目の前に大きなベッドがあります。正面には、フラットスクリーンの大型テレビ。ベッドの角度は変えることができ、ベッドとしてもソファーとしても使えます。またベッドの下には空間があるので、機内持ち込みサイズぐらいの荷物なら、ここに2つぐらい収納することができます。

収納棚

  • 写真:Booboo56ドアと棚の間にエアコンのコントローラーがあります。

ドアの隣が棚になっており、ちょっとしたものならここに置くことができますが、洋服をかけるハンガーなどはありません。ミネラルウオーターが2本置かれており、こちらは無料でいただけます。

収納棚にはコンセントとUSBポートが2つずつついているので、2人で宿泊してもばっちり充電することができます。

ワークスペース

  • 写真:Booboo56
  • 写真:Booboo56

ベッドの頭部分にかけてあるのは、折りたたみの椅子です。棚の下に収納されている机を引き出すことでデスクワークもできますが、これを使うと、部屋のスペースのほどんどが埋まってしまいます。ひとり旅なら大丈夫ですが、同行者が一緒だとちょっとキツイかもしれません。

もちろんWi-Fiの利用は無料。名前と部屋番号を入力するだけで、サックリ使えます。スピードもなかなか。

お風呂

  • 写真:Booboo56

浴室にバスタブはありませんが、普通の洗面スペース、トイレ、シャワーがあります。シャワーは頭上から水が落ちてくるレインシャワーと、手にもって使えるハンドシャワーの二種類が使えます。水圧もまあまあですが、シャワーブースが完全に閉まるわけではないので、外の床を濡らさずにシャワーを浴びるのは難しいかもしれません。

アメニティはシャンプー、ボディソープ、ハンドソープ、歯ブラシセット。ヘヤードライヤーもついています。

パブリックスペース

  • 写真:Booboo56

フロントの横には、簡単な軽食が置いてあるスペースがあります。朝食やちょっとしたスナックなどが置いてありますが、これは有料。ただし、コーヒーなどのホットドリンクは無料だそうです。この隣にも、自動販売機、テーブルや椅子を備えたパブリックスペースがあり、無料のジムもあります。

デイユースも可能

空港に直接アクセスできるホテルなので、普通のホテルのように一泊ごとに利用する他に、「デイユース」という、最低4時間からの時間単位で利用するプランもあります。4時間を超えて利用するときは、2時間延長ごとに25シンガポールドル(約2,070円)が加算されます。

乗り換え時間が10時間が以上ある人や、出発前の利用に最適!

大型複合施設「ジュエル」自体、何時間いても飽きないぐらい充実した施設で、24時間営業のお店も多いので、待ち時間をゆっくり楽しむのに向いています。なので「乗り換え時間が長く、仮眠をとってから更に時間を潰したい人」や「早朝発の便なので、空港近くに泊まりたいという人」には最適のホテルです。

その際にはジュエル1階にアーリーチェックインカウンターがあるので、ホテルに行く前に荷物を預けて、手荷物だけでホテルにチェックインしましょう。

ヨーテルエアーの利用に向かいない人

ヨーテルエアーのデイユースは「乗り換え時間にベッドでゆっくり休みたい。」という人にはとても便利ですが、飛行機を降りてから一度シンガポールへの入国審査を経て、このホテルにたどり着くまでにはかなりの時間がかかります。

そのため「乗り換え時間が短かくて、荷物は第2目的地まで自動的に運ばれる」ような場合は、チャンギ国際空港のトランジットエリア内にいくつかあるデイユース可能なホテルを使ったほうがいいかもしれません。

「深夜着で到着し、朝までホテルで過ごしたい」という人は、荷物が多い場合、部屋にもフロントにも荷物を置くことができないため、ジュエル1階にある有料の荷物預けを利用することになります(荷物を受け取らず、空港内に残す勇気があれば別ですが。。。)

ヨーテルエアー シンガポールチャンギエアポート
シンガポール / ホテル
住所:YOTELAir Singapore Changi Airport, Jewel Changi 78 Airport Boulevard #04-280 Singapore, 819666地図で見る
Web:https://www.yotel.com/en/hotels/yotelair-singapore...

シンガポールの旅行予約はこちら

シンガポールのパッケージツアーを探す

シンガポールのホテルを探す

シンガポールの航空券を探す

シンガポールの現地アクティビティを探す

シンガポールのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年4月19日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【シンガポール】リッツ・カールトン クラブフロアに宿泊してゴージャスな女子旅を

シンガポールには素敵ホテルは沢山ありますが、マリーナベイの夜景を見渡しながらのシャンパンは女子の憧れ。そんな夢を叶えてくれる素敵ホテル、リッツ・カールトンのクラ...


【シンガポール】マリーナベイサンズのプール「時間帯別」攻略ガイド!

シンガポールを代表するアイコンである、「マリーナベイ サンズ」ホテルのインフィニティプール。宿泊者のみが利用できる「マリーナベイ サンズ」のプールの楽しみ方を、...

シンガポールから4時間で楽園へ!大人気「ラワ島」リゾート満喫の秘訣

数々のリゾート地へ気軽に行けるのがシンガポールの魅力でもありますが、その中でもシンガポールから飛行機を使わずに、車とボートで4時間弱で行けちゃうマレーシアの「ラ...

4泊5日♪これが王道?!シンガポール女子旅モデルスケジュール!

人気の海外旅行先であるシンガポール。初めてシンガポールへ行かれる女性の方へ、平日仕事終わりに出発する4泊5日のシンガポール女子旅モデルコースをご紹介します!穴場...

シンガポールのおすすめ観光スポット・ホテル・お土産&時差・気温ガイド

定番観光スポットからグルメスポットまで、シンガポールのおすすめ観光スポットを徹底ガイド!人気ホテルから現地在住者おすすめのお土産、時差や気温・コンセントなどの基...

この記事を書いたトラベルライター

頭の中は食べることばかり、元バックパッカー 
観光というより、暮らすように旅できるオーストラリア・クイーンズランド州にあるサンシャインコーストの魅力をお伝えしたくて、トラベルライターになりましたが、なかなか思うような記事ができず奮闘中。
旅行の目的は「食べること!」、旅行先で出会った美味しいものもご紹介していきたいと思っています。

【シンガポール】チャンギ空港の新施設「ジュエル」

施設・サービスの充実ぶりで「世界一の空港」の名をほしいままにしてきたチャンギ国際空港ですが、2019年4月17日に新施設「ジュエル」がオープンして更にパワーアッ...


スペイン行ったら、これ食べよ! バルのおすすめタパス8選

スペインのグルメ体験といえば「タパス」。タパスと言ってもいろいろあって、何を食べるか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか?そんなあなたのために、スペイ...


オーストラリア このお土産で女子ウケを狙え!

お土産にコアラのキーホルダーはイマイチ。でも、何を買ったらいいのか迷う方のために、有名どころとはちょっと違うオーガニックコスメや、オーストラリアで定番の人気アイ...

【マレーシア】地味だけど、意外にハマる猫の街!クチンの歩き方

マレーシアのボルネオ島にあるサラワク州の州都クチン。日本人には馴染みが少ない街ですが、「ゆる〜くて、やさしい」独特の雰囲気を持っています。今回はこのクチンの魅力...

【岐阜】意外に絶景⁈ 金華山に登ってみよう

岐阜市民にとっての原風景は、金華山と長良川。特に金華山は、山頂の岐阜城と共に岐阜市のシンボルになっています。標高329mという気軽に登れる山なのですが、山頂から...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?