メキシコ
メキシコ観光
世界遺産の古代遺跡巡りやカリブ海のビーチリゾート

【メキシコ】世界有数の透明度を誇るコスメル島は家族で楽しめるシュノーケリングスポット!

取材・写真・文:

東京在住

2018年3月10日更新

2,271view

お気に入り

写真:ふるりえ

世界的な観光地として人気のメキシコ・カンクン。ここからほど近いカリブ海に浮かぶコスメル島は、子供を連れてシュノーケリングを初体験するのに最適な場所です。

この記事の目次表示

コスメル島は世界最高の透明度と魅惑の歴史を持つ島

美しい海を求めて

コスメル島は、メキシコ有数の観光地として知られ、シュノーケリングやスキューバダイビング、マリンスポーツを楽しむ観光客が世界中から訪れます。

世界有数の透明度を持つカリビアンブルーの海は、別名「ダイバーの楽園」と呼ばれており、海中の平均視界は30m、中には50~60mに達するところもあるといいます。

  • 写真:ふるりえコスメル島の街の中心にある広場

マヤ文明が根付く島

「コスメル」はマヤ語で「ツバメ」という意味。神として祀られていた月の女神イシュ・チェルが愛していたツバメをこの島に放ったという迷信から名付けられた島だそうです。

マヤ人はこの島に4世紀ごろには住んでいたと考えられており、島ではオルメカ文明の工芸品も発見されています。島内のお土産屋さんには、マヤ文明・オルメカ文明を思わせる装飾品なども売られています。

  • 写真:ふるりえのんびりとした雰囲気ただようコスメル島

コスメル島への行き方:カンクンから約2時間

そんな美しい海と魅惑の歴史を持つコスメル島は、メキシコで三番目に大きな島。ビーチリゾートとして人気のカンクンから約90kmの南に位置しています。カンクンからは日帰りで行くこともできますが、旅行者で溢れるカンクンとは違い、ゆったりと海を楽しむことができるので、ぜひ数日間の予定を組んで行くことをおすすめします。

コスメル島への中継地「プラヤ・デル・カルメン」はのんびりビーチを楽しめる楽園

コスメル島に行くには、まずプラヤ・デル・カルメンという街を目指します。カンクンからバスで約1時間。バスの本数も多いのでご自身の予定に合わせて旅程を組むことができます。

  • 写真:ふるりえプラヤ・デル・カルメンの街並み

プラヤ・デル・カルメンの海はとても透明度が高く、砂浜も白くサラサラ。観光客であふれるカンクンのビーチとは違い、リラックスして海を楽しむことができます。コスメル島に行く前に、ここプラヤ・デル・カルメンに数日滞在するのもおすすめです。

  • 写真:ふるりえ真っ白な砂浜のプラヤ・デル・カルメン

船でコスメル島へ

プラヤ・デル・カルメンからコスメル島へは船で約1時間。約10kmのカリブ海を渡ります。港のそばですぐにチケットを買うことができます。

シュノーケルの予約はプラヤ・デル・カルメンの港とコスメル島の港、双方で受け付けているので、港で気になるツアーを見つけたら早速予約してみてください。

コスメル島の楽しみ方

コスメル島の島民のほとんどは、船が発着する西岸の街「サンミゲル・デ・コスメル」で暮らしています。島内には背の高い建物はなく、暑い陽射しと青い海、ヤシの木の中に、港の目の前から海沿いに立ち並ぶ土産物屋やレストランが島の情景に溶け込んでいます。

  • 写真:ふるりえ海沿いにならぶヤシの木と土産物屋

コスメル島でシュノーケルを楽しむ

コスメル島に到着したら、さっそくシュノーケリングを体験してみましょう。ツアーのほとんどは、港のそばの桟橋から数人乗りのボートで出発し、シュノーケリングポイントまでは船で移動します。

  • 写真:ふるりえボートの上でシュノーケリングの説明

海はあたたかいのでウェットスーツは不要。長い距離を泳ぐ必要なくカラフルで可愛らしい魚たちに会うことができるので、足に取り付けるフィンも必要ありません。

ゴーグルとマスクだけで十分に楽しめるシュノーケリングは、初めての方や子供たちも気軽に参加することができます。浮き輪も用意されているので、泳げない人でも安心です。筆者が参加したツアーの中には家族で参加されている方もおり、4~5歳くらいの子供たちも楽しそうに魚を追いかけていました。

  • 写真:ふるりえ透明度の高いコスメル島の海

2時間ほどのツアーで3~4か所のスポットを潜ります。ツアーガイドのお兄さんが一緒に潜ってくれて、魚のいるポイントまで案内してくれます。

お兄さんのもとに、たくさんの魚が集まってきます。なんでだろう?と様子をうかがっていると、なんと、お兄さんの水着のポケットには、魚の餌が隠されているのでした。ツアーに参加した人たちに、たくさんの魚に出会って楽しんでほしい、というツアーの工夫が感じられました。

カラフルな熱帯魚や、小さい魚、大きな魚、さまざまな魚に出会えるコスメル島。カンクンから気軽に足をのばせるので、家族みんなでシュノーケリングを楽しみに、ぜひ訪れてみてください。

コスメル島
メキシコ / その他スポット
住所:メキシコ キンタナ・ロー コスメル地図で見る

メキシコの旅行予約はこちら

メキシコのパッケージツアーを探す

メキシコのホテルを探す

メキシコの航空券を探す

メキシコの現地アクティビティを探す

メキシコのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年7月25日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


海外のおすすめビーチリゾート21選!人気リゾートに“最後の楽園”も

日本人にとっても定番リゾートのハワイやグアムから、知る人ぞ知る“最後の楽園”リペ島やアリカンテ、“天国に一番近い島”の称号をもつニューカレドニアなど、いつか行っ...


美しいカリブ海と自然が堪能できる楽園!メキシコ・カンクンのエコパーク「シカレ」

メキシコのカンクン周辺には、ユカタン半島の豊かな自然をそのまま残しつつ、テーマパークとして遊べるエコロジカルパークがたくさんあります。スノーケリングやジップライ...

【カンクンより魅力的?!】メキシコのプラヤ・デル・カルメン滞在をおすすめする理由

メキシコのリゾートに旅しようと考えた際、真っ先に思い浮かぶカンクン。でも実は、カンクンよりもおすすめのリゾートが、同じユカタン半島にあるんです。今回は、メキシコ...

【メキシコ】カリブ海の楽園に沈むMUSA水中美術館を見に行こう!

成田からANAの直行便でメキシコシティまでおよそ、12時間半。国内線へ乗り換えて約2時間の位置にあるカリブ海に面したカンクン。うまく乗り継ぎができれば日本を出発...

SNSで話題のフォトジェニックスポット!メキシコ・ピンクラグーン

ピンクラグーン、それはピンク色をした湖のことです。ピンク色の湖なんてほんとにあるのか!?と思うかもしれませんが、ピンクラグーンは実在し、その可愛らしさからひそか...

この記事を書いたトラベルライター

日本と世界を繋げたい、お酒だいすき国際唎酒師
心惹かれるままに行きたい場所に行き、やりたい事に挑戦し続けていたら、気づけばこれまでに訪れた国は40以上、国内もほぼ全都道府県を制覇。見知らぬ土地を訪れるワクワク感に魅了され、アメリカ・イギリス・オーストラリアの3カ国に留学したり、ヨーロッパ周遊バスツアーに参加したり、2016年はバックパックを背負って世界一周してきました。現在は、某Webメディアで編集・ライター業に携わりながら、世界各地の魅力を日本の皆様に発信しています。
http://fururie.site/portfolio/index.html

コロナだけじゃない!メキシコはビール天国だった<世界のビール探訪>

マヤ文明やティオティワカン文明のピラミッド、美しい海が広がるカンクンなどで観光客に人気のメキシコ。世界各国を旅するとき、観光地だけではなく、ひとつの軸を持って複...


ブラジルの飲食文化とは?国民食フェイジョアーダと眠らない夜

日本で「ブラジル料理」というと、バーベキューのように肉を串刺しにした「シュハスコ(シュラスコ)」を思い浮かべる方が多いかもしれません。東京都内にもシュハスコ専門...


リアルな姿を激写!ガラパゴス諸島で必ず出会える珍しい動物たち

大小多くの島と岩礁からなるガラパゴス諸島。現在、123もの島に名前が付いているそうです。今回はその中でも、観光客が最も訪れやすい「サンタ・クルス島」「サン・クリ...

【チリ】「帰りたくない」旅人の誰もが絶賛するトーレス・デル・パイネ国立公園

荒々しく氷河で削られた山々、冷たい風になびく草原、色鮮やかな高山植物、深い青の湖など、パタゴニアの見所がぎゅっと凝縮された場所「トーレス・デル・パイネ国立公園」...

【アルゼンチン】南極に最も近い町・ウシュアイアは寒いのにあたたかい!旅人がこの町に長期滞在する理由

アラスカから17,848km。車が踏み入ることのできる地球上の最南端の地が、アルゼンチンのウシュアイアにあります。「最南端」という言葉に惹かれて多くの旅人がこの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります