シンガポール
シンガポール
いまアジアで最も勢いのある多国籍な近未来都市

シンガポール土産の新定番!塩卵の「ソルテッドエッグポテトチップス」は即ゲットすべし

2018年4月11日更新

2,006view

お気に入り

旅行の楽しみといえばお土産選びもそのひとつ。せっかくならばインパクトのあるもので勝負しませんか?シンガポールで話題沸騰中なのが、ソルテッドエッグポテトチップス(Salted Egg Potato Chips)です。「お土産にポテトチップス?」と、侮るなかれ!未知なるその味にびっくりしますよ。日本未上陸の人気店で、争奪戦が繰り広げられているポテトチップスをゲットしちゃいましょう。

驚愕的な濃厚さがクセになる塩卵の正体は?

ポテトチップスといってもフレーバーは数多くあります。そのなかでも、なぜソルテッドエッグが人気なのでしょう。商品の前にまずはソルテッドエッグが何かを紹介します。

その正体は、塩水に漬け込んだ(ハーブやスパイスを加えることも)ゆで卵です。主に中国や東南アジアで食べられているポピュラーな食べ物ですが、卵=ニワトリと思ったら大間違い。なんとアヒルの卵なのです。

  • タイで販売されているソルテッドエッグ

ニワトリの艶やかなゆで卵に比べて、アヒルの卵は光沢のない白身で、黄身の色は質によって薄かったり、くすんでいたりします。重みある濃厚さがあり、強い塩味が特徴です。粥の具や炒め物など幅広く使われていますが、なかでも黄身をソースにした料理は、エビチリのように食材とソースを絡めればクセになるおいしさです。

食のトレンド力が高いシンガポールでは、この数年、黄身のソース(Egg York Souce)を使ったクロワッサンやハンバーガー、パスタなどの創作料理がレストランやカフェで大ヒットし、特に若い世代の胃袋を掴みました。その決定打を放ったのが、ソルテッドエッグポテトチップスです。

#dangerouslyaddictive(危険な中毒性)がSNSを占拠

  • ビボ シティ店は人気商業施設内にあり観光客も立ち寄りやすい場所

シンガポールNO.1といえるソルテッドエッグポテトチップスを一気に広めたのが、「アーヴィンズ ソルテッドエッグ(IRVINS SALTED EGG)」です。

シンガポール国内に8店舗を展開していて、すべての店舗で即日完売になるのですから驚きです。SNSでは、キャッチフレーズでもある「Dangerously Addictive(危険な中毒性)」のハッシュタグ付きの投稿が一気に拡散しました。

  • 「Salted Egg Potato Chips」小 S$8(688円)、大S$16(1,376円)
  • カレーリーフとチリ入り

少々厚みがあるハード系のチップスで、黄身ソースパウダーがしっとりと絡まり、濃厚さがハンパない。甘じょっぱさのある独特な味わいなので、正直好みが分かれるポテトチップスなのですが、ひと口、ふた口と食べると、まさに中毒性があり、袋が空になるまでその手が止まりません。

人気のすごさを実感!連日大行列&即日完売

店頭で購入できる数は、サイズ、フレーバーに関係なく、ひとり5袋までの限定販売。店頭には、工場で当日製造されたものが並ぶとのことです。午後の早い段階で売り切れてしまうため、開店後の早いうちに並ぶことが賢明でしょう。

  • 行列のはるか先に店舗が!

店舗では、人気のすごさを実感することができます。購入待ち人数は50人になることも!待っている人は家族総動員で来る人、購入後に袋を隠して再び並ぶ人など、その人間模様もおもしろい。現地の人が争奪戦をするくらいですから、これは購入のタイミングを逃してはいけません。

  • SNS映えするストリートアートと一緒に撮影してもGood

お父さん世代へのお土産はSalted Egg Fish Skinがおすすめ

  • 「Salted Egg Fish Skin」小 S$8(688円)、大S$16(1,376円)カレーリーフとチリ入り

ソルテッドエッグポテトチップスと人気を二分しているのが、「ソルテッドエッグフィッシュスキン(Salted Egg Fish Skin)」です。こちらはサーモンの皮を揚げたもの。皮の香ばしさが日本酒にも合いそうな、デンジャラスなフィッシュスキンです。

おわりに

  • S$6(516円)~S$8(688円)で購入できる商品がほとんど

人気爆発の同店ですが、貴重な滞在時間を使って並ぶのは無理という人もいるでしょう。ソルテッドエッグポテトチップス自体は他メーカーからも販売されており、スーパーマーケットやコンビニで購入することができます。各メーカーの商品をいろいろ食べ比べしてみても楽しそうです。

スーツケースの場所をとってしまうかもしれませんが、日本では味わえないポテトチップスなので、驚愕の味に興味津々の皆さん、シンガポールで見かけたら即ゲットですよ!

アーヴィンズ・ソルテッドエッグ(ビボシティ店)
シンガポール / その他グルメ
住所:1 Harbourfront Walk, #B2-K25 VivoCity, Singapore,
Web:https://irvinsaltedegg.com/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年3月11日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

シンガポールのおすすめお土産19選!在住者が選んだ喜ばれるお土産ガイド

シンガポールで人気のお土産ならコレ!定番のマーライオングッズに雑貨や紅茶、クッキーなどのお菓子から、女子向けのおしゃれな文房具やコスメまで、シンガポール在住者が...

シンガポール旅行の人気お土産「アーユルベーダ石鹸」徹底ガイド

シンガポールのお土産として、女性に大人気なアーユルベーダ石鹸(せっけん)。アーユルヴェーダというインドの伝統医学をもとに作られている100%植物性の石鹸で、お肌...

シンガポール高島屋のデパ地下で買えるオススメのお土産10選

旅行中時間がなくて、あちこちでお土産を買えないという方、オーチャード通りのど真ん中、最もにぎやかな場所に建つ高島屋の地下2階がオススメです。ここでは、シンガポー...

女性が喜ぶシンガポールのお土産7選

お土産さがしは楽しいけれど、正直ちょっと難しくて大変!とくに男性の方にとって、女性へのお土産は悩みどころだと思います。そんな方のために、今回の記事では女性が喜ぶ...

4泊5日♪これが王道?!シンガポール女子旅モデルスケジュール!

人気の海外旅行先であるシンガポール。初めてシンガポールへ行かれる女性の方へ、平日仕事終わりに出発する4泊5日のシンガポール女子旅モデルコースをご紹介します!穴場...

この記事を書いたトラベルライター

食べることで頭がいっぱいなアジアントラベラー
アジアを中心にふらりとおいしいモノ探しの旅へ。
トレンドも追っかけるけれど、マニアックな食べ物の方が得意かも。
食べるだけじゃなく、そこに使われている食材や調味料、その背景にある歴史とかを探求するのが好きです。

海外の主な渡航先は東アジア、東南アジアへ。
特にシンガポールが恋しくて、日本でも名物のチキンライスを食べ続けています。

東南アジア好きな仲間とごはん食べ比べ探Qユニット「アジアごはんズ」を結成し、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシアのごはんを探求中。
https://ameblo.jp/next-asianfood
トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?