中国
中国観光
アジアでダントツの数を誇る世界遺産の宝庫

【中国・楽山】世界遺産・楽山大仏に会いに行こう

取材・写真・文:

東京在住

2017年9月20日更新

1,388view

お気に入り

写真:ma!ha

四川省の省都・成都は、豊かな自然や多くの歴史的遺産や中国一!と言われる四川料理などなど、中国でも指折りの観光都市の一つ。日本からも東京・大阪からの直行便が飛んでおり、アクセスしやすい成都ですが、ここから日帰りで世界遺産が楽しめちゃうんです。世界最大級の大仏に、グルメに市場に・・・中国国内でも人気の観光スポットである楽山をご紹介します。

この記事の目次表示

世界最大の石刻大仏・楽山大仏

大きさは奈良の大仏の約5倍!

世界最大の石刻大仏と言われている楽山大仏。なんとその大きさは約71メートル!奈良の大仏の5倍近い大きさです。

  • 写真:ma!ha楽山大仏

民衆の願いからつくりあげられた世界遺産

楽山大仏の眼下を流れる岷江では、過去に洪水などの水害が頻繁に起こっていました。水害を静めるという願いをこめ713年に作り始められ、90年かけて岩山を削り803年に完成しました。

当時の大仏は国家の力によって作られることが多かったそうですが、この大仏は民衆のお布施で作られたものといわれております。

  • 写真:ma!ha楽山大仏敷地内からの眺め

大きさを至近距離で体感!徒歩での入場観光

楽山大仏には、徒歩と遊覧船の二通りの観光ルートがあります。

まずは、敷地内に入場し至近距離から大仏を眺めることができる、徒歩ルートをご紹介します。入場料は90元/約1,440円(2017年8月現在) 。

  • 写真:ma!ha楽山大仏入り口
  • 写真:ma!ha楽山大仏チケット

敷地内は緑がたくさん!清々しい景色の中を大仏を目指して登って行きます。

  • 写真:ma!ha楽山大仏への道のり
  • 写真:ma!ha楽山大仏への道のり

岩壁のそこかしこには、赤色の文字で様々な言葉が書かれています。

  • 写真:ma!ha楽山大仏への道のり

アップダウンが激しい移動が続くので、スニーカーなど歩きやすい靴でくることをおすすめします。また、内部には売店等が多くあるわけではないので、水分補給用のお水を持っておくと安心です。

しばらく登り続けると、大仏の頭が見えてきます。ここからは、大仏の至近距離に作られた階段を降りながら、大仏の足元へと行くことができます。一番人気のスポットのようで、階段の入り口には行列が出来ています。休みの時期など混雑するタイミングには、降りてまた登るのに2時間近くかかることもあるのだとか。

  • 写真:ma!ha楽山大仏
  • 写真:ma!ha楽山大仏の足元へ向かう階段

角度や日射しによって変わる表情はどれもとても穏やかで美しいです。

  • 写真:ma!ha階段から眺める楽山大仏
  • 写真:ma!ha階段から眺める楽山大仏

大仏の足元に到着。熱心な仏教徒の多い四川省、たくさんの人がお祈りをしています。

  • 写真:ma!ha楽山大仏の足元
  • 写真:ma!ha大仏の足元で祈りを捧げる人々

足元から見上げる大仏は圧巻!大迫力!

  • 写真:ma!ha足元から見た楽山大仏

敷地内には大仏だけではなく、多くのお寺やお堂があります。

  • 写真:ma!ha楽山大仏敷地内

美しい建築や内装の建物と、緑あふれる風景、本当に素晴らしいです。

  • 写真:ma!ha楽山大仏敷地内
  • 写真:ma!ha楽山大仏敷地内

大仏を眺めたあとは、歩き回って堪能してみて。

  • 写真:ma!ha楽山大仏敷地内

大迫力!全景を楽しむなら遊覧船

楽山大仏の全景を楽しみたい方には、遊覧船がおすすめ。大仏の眼下に流れる岷江から眺めることができます。

  • 写真:ma!ha遊覧船のチケット
  • 写真:ma!ha待機中の遊覧船

遊覧船は70元/約1,120円(2017年8月現在)。約30〜40分ほどの遊覧を楽しめます。停車場にはたくさんの船が待機しており、ものすごく混み合う時期でなければあまり待つことなく乗ることができることが多いです。

  • 写真:ma!ha遊覧船
  • 写真:ma!ha遊覧船内の様子

涼しい風を浴びながら大仏を堪能できるデッキには、出発前から多くの人で賑わっています。もちろん船内席もあるので、足腰に自信のない人や風の冷たさが心配な人も安心。

  • 写真:ma!ha遊覧船からの景色

広い岷江の中を、船はどんどん進んでいきます。

15分ほど進むと楽山大仏が顔を表します。大迫力!!

  • 写真:ma!ha遊覧船からの楽山大仏

正面にて、写真タイムということでしばらく船が停車します。

楽山大仏の全景は、川の上からしか見ることができないので、時間に余裕があったらぜひ遊覧船に乗車してみることをおすすめします。

  • 写真:ma!ha遊覧船からの楽山大仏
楽山大仏 遊覧船乗り場
中国 / 駅・空港・ターミナル
住所:Yanguan St, Shizhong Qu, Leshan Shi, Sichuan Sheng, China, 614000地図で見る

次のページを読む

中国の旅行予約はこちら

中国のパッケージツアーを探す

中国のホテルを探す

中国の航空券を探す

中国の現地アクティビティを探す

中国のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年9月20日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【中国】グルメも観光も夜景も!重慶観光で絶対やりたい10のこと

旅行や出張で中国に行くといえば、北京、上海、広州、あたりがメジャーどころ。しかし、広い中国、同じ国内であっても、ところ違えば見どころや文化、食べ物も大きく違って...


上海の人気観光スポットTOP10!旅行好きが実際に行った観光地ランキング

外灘地区や豫園、新天地など上海の数ある観光スポットの中で、トリップノートの3万8千人を超える旅行好きのトラベラー会員(2019年6月現在)が実際に行っている上海...

今ドキ北京っ子はここに行く!グルメもお土産選びも外さない北京・若者の街5選

中国の首都北京は、言わずと知れた万里の長城や故宮(紫禁城)といった世界遺産で有名な観光都市でもあります。そんな北京ですが、東京の人たちが東京タワーや浅草ではなく...

【中国】最先端の中国高速鉄道に乗ってみよう!

中国国内を旅するのに欠かせないのが、高速鉄道。幅広い地域をカバーしており、時間に正確、短時間で目的地にたどり着ける高速鉄道は、旅の時間が限られることの多い旅行者...

【中国・福建】人気リゾート・アモイ!温暖な気候と異国情緒の街並み

中国・福建省に位置するアモイは、海に面した温暖な気候で、人気のリゾート地となっています。また、近代には租界として発展してきたため、西洋風の建築も多く、異国情緒も...

この記事を書いたトラベルライター

音楽/映画業界で働く会社員トラベラー。目標は、会社員しながら世界一周!!
音楽/映画業界で働く会社員トラベラーです:-)
美しい景色、美味しいもの、そこに住む人々やそこで生まれた音楽、アート、ファッション、イベント、言語、法律などなど、
その瞬間、その場所でしか味わえないいろいろを楽しみたくて、仕事の傍ら国内外で旅を続けています:-)

バックパッカー一人旅からワイワイ女子旅、ゴージャス旅行などなど、
スタイルにこだわらず、好奇心の赴くままに、見たいもの行きたいところにひたすら飛び込むことが旅のモットー

目標は、会社員しながら世界一周!!
現在、海外:35カ国73都市、国内:33都道府県を往訪

【中国】最先端の中国高速鉄道に乗ってみよう!

中国国内を旅するのに欠かせないのが、高速鉄道。幅広い地域をカバーしており、時間に正確、短時間で目的地にたどり着ける高速鉄道は、旅の時間が限られることの多い旅行者...


【ロシア】世界最高峰!ボリショイ劇場でバレエを楽しもう

バレエ大国として知られ、世界のバレエ界を牽引してきたロシア。そんなロシアでは庶民の娯楽の一つとしてもバレエが愛されています。バッチリおめかしをして鑑賞にやってく...

【アラブ首長国連邦・ドバイ】絶景の金ピカ7つ星ホテル「ブルジュ・アル・アラブ」でアフタヌーンティーを楽しもう!

超お金持ち都市ドバイが誇る、世界最高級の7つ星ホテル「ブルジュ・アル・アラブ」。利用客以外は敷地内立ち入り禁止のこのホテル、実は宿泊以外の方法でも楽しむことがで...

【中国・成都】緑あふれる古都・成都で「茶座」文化を楽しもう!

中国・四川省の省都、成都。三国志の舞台の一つでもあり、歴史的な建築物が多く残るこの古都には、古くから「茶座」と呼ばれる屋外でお茶を楽しむ文化が根付いています。今...

【フィンランド・ヘルシンキ】:バルト海クルーズで優雅な休日

人生で一度は行ってみたい!海外クルーズ船旅行。地中海やエーゲ海、カリブ海など温暖な気候のエリアで運行されているイメージですが、北欧・バルト海でも楽しめることをご...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?