福島
福島観光
首都圏からの観光客も多く観光施設が充実

【福島・猪苗代湖】湖面の白鳥に逢える飛来地へ行こう!

取材・写真・文:

神奈川在住
訪問エリア:

2018年2月23日更新

774view

お気に入り

写真:たっきー

会津磐梯山の麓に広がる、日本で4番目に広い湖の猪苗代湖(いなわしろこ)。毎年2,000羽以上の白鳥がシベリアから渡来し、10~4月にかけて猪苗代湖で羽を休めます。湖の白鳥は国の天然記念物にも指定されており、猪苗代湖の冬の風物詩として有名です。冬の猪苗代といえばスキーやスノーボードにいらっしゃる方が多いと思いますが、その際にぜひとも立ち寄っていただきたい、白鳥に逢える人気スポットの長浜(ながはま)をご紹介します。

長浜は、夏は湖水浴場・冬は白鳥に逢える観光スポット

  • 写真:たっきー長浜

広大な猪苗代湖畔には多くの遊泳区域が点在します。夏に長浜湖水浴場と呼ばれる長浜は、冬は白鳥に逢えるスポットとして観光客に人気です。取材当日は大晦日にもかかわらず、多くの家族連れで賑わっていました。

優雅な白鳥の姿に魅了されます

  • 写真:たっきー
  • 写真:たっきー

フワフワの羽毛が見えるほどの至近距離から、白鳥を眺めることができます。

  • 写真:たっきー長浜から見る冬の猪苗代湖。対岸の山並みが美しいです。

また長浜は、対岸にそびえる山並みが美しい撮影スポットでもあります。広大な湖に映える白鳥の姿を撮影してみませんか?


子ども達は白鳥の餌やりに夢中になること間違いなし!

人慣れしていて逃げない白鳥たち

  • 写真:たっきー遊覧船乗り場がすぐ隣り

白鳥やカモは、観光客からエサをもらおうと波打ち際に群がっています。人間によく慣れているようで、ゆっくり近づけば逃げようとしません。
※急に近づくと白鳥も驚きますので注意しましょう。

長浜にはいつも何十羽程度かの白鳥がいますが、カモはその何十倍もいますので圧倒的多数です。白鳥が少なく見えるかもしれませんが、餌やりとしてはその方が楽しいようです。

筆者の子ども達は、どうしたらお目当ての白鳥に餌を食べてもらえるか必死でした。しばし時を忘れて餌やりを楽しむことができますよ。

  • 写真:たっきー餌づけにすっかり夢中
  • 写真:たっきー白鳥に届くようにエサを投げ続ける子どもたち。

白鳥から近づいてくることも!

  • 写真:たっきー
  • 写真:たっきー

しばらく餌をやり続けていると、この時は白鳥が砂浜まで上がり、近づいてきてくれました!

  • 写真:たっきー羽毛のフワフワ感が見える近さです

手を伸ばしたら届きそうな至近距離です。柔らかそうな羽毛まで見える近さでした。

  • 写真:たっきー

周辺情報

白鳥のエサが購入できる売店

  • 写真:たっきーエサの食パンを購入できるお店

長浜にあるお店では、エサ用の食パンの耳が購入できます。ちょっと割高になるのが気になる方は、餌やり用のパンを持参した方が良いかもしれません。

無料駐車場とお手洗い

  • 写真:たっきー

長浜のすぐ隣りには、30台以上は停められる駐車場とお手洗いがあります。駐車場は無料なのが嬉しいですね。(夏期の湖水浴の時期は、有料の場合もあるようです。)

すぐ隣りにある猪苗代湖のレイククルーズ乗り場

  • 写真:たっきー遊覧船の「はくちょう丸」

白鳥の形をした遊覧船「はくちょう丸」の遊覧船は、随時運航しています。乗り場は駐車場のすぐ隣りですので、こちらにもお立ちよりください。

※「はくちょう丸」が休航して、小型船「天神」が運航することもあります。出航時間や運航状況は事前にご確認ください。

磐梯観光船 長浜営業所
福島 / 乗り物
住所:福島県耶麻郡猪苗代町翁沢長浜地図で見る
電話:0242-65-2100
Web:http://www.aizubandai.com/

足元は雪で滑ります。歩きやすい靴でどうぞ

  • 写真:たっきー冬季はいつも雪が残っています

餌やりができる周辺の地面は、踏み固められた雪でツルツル滑る場所も多いです。スニーカーや長靴などの、歩きやすい靴でおいでください。

猪苗代湖畔には他にも白鳥の飛来地があり、場所ごとに違う景色を楽しむことができます。寒い冬ですが、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

長浜湖水浴場
福島 / 自然・景勝地
住所:福島県耶麻郡猪苗代町翁沢長浜地図で見る

福島の旅行予約はこちら

福島のホテルを探す

福島の航空券を探す

福島のパッケージツアーを探す

福島の現地アクティビティを探す

福島のレンタカーを探す

福島の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年2月20日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

一度は行ってみたい!日本のスゴイ桜の名所10選

日本の春といえば、やっぱり桜!可愛くも美しく咲き誇るピンク色の桜を見ると、心もなごみますね。近場のお花見スポットもいいけれど、日本にはその美しさに感動してしまう...

ひそかに人気上昇中!霧幻峡の白い世界【福島・奥会津】

初めて訪れるのに懐かしい。そんな日本の原風景が今も残る場所・奥会津に、夏だけ出現する霧の渓谷「霧幻峡」。緩やかに湾曲しながら流れる只見川は、雪解け水をたたえ、冷...


ちょっと変わってる水族館?!アクアマリンふくしま【福島】

アクアマリンふくしまは、ちょっと変わった水族館です。普通の水族館と一味違うのは、イルカのショーも、アシカやペンギンのショーもありません。別名「環境水族館」の名前...

福島県を代表する名峰!美しい磐梯山の眺望を楽しむ絶景スポット3選を紹介

福島県にある標高1,816mの山・磐梯山。耶麻郡猪苗代町、磐梯町、そして、北塩原村に跨るこちらの山は、福島県を代表する観光地である猪苗代湖畔や会津盆地などから眺...


【福島・裏磐梯】一度は訪れたい神秘の五色沼!初心者にも安心の五色沼ハイキングガイド

福島県、裏磐梯ある「五色沼」は、磐梯山の噴火によってできた30もの沼の総称。四季や天候、時間、角度によって様々な色彩に変わり、沼とは思えない神秘的な美しさで訪れ...

この記事を書いたトラベルライター

クラフトビール大好き♡Webディレクター&デザイナー
Web業界約15年のフリーWebディレクター・デザイナーです。15歳でNYに留学したことをキッカケに海外に興味を持ち、これまで20ヶ国41都市を訪れました。

旅行の楽しみは、ハーブや香辛料の効いたおいしい料理とビール♡。最近はクラフトビールにハマっています。

日本では見られない絶景や遺跡も大好きで、(かなり昔の)新婚旅行ではアフリカのタンザニアにサファリへ行き、気球で空からゾウやシマウマの群れを眺めました。

最近新しい一眼レフカメラを購入。カメラを勉強して、旅の思い出を素敵に残したいです!
横浜在住、2児の母。
http://www.takitakita.jp/

【横浜】煙にまみれて味わう、プルプルのホルモン焼「野毛とんちゃん」

ホルモン焼と韓国料理のお店「野毛とんちゃん 本店」がある野毛エリアは、ホルモン焼・焼肉の激戦区です。15時から開店する店も野毛では珍しくありません。赤ちょうちん...

国内最大級のスケール!大自然の動物達に会える「よこはま動物園ズーラシア」

よこはま動物園ズーラシアは、敷地面積53.3ヘクタールで東京ドーム10個分の国内最大級の動物園です。メインテーマに「生命の共生・自然との調和」を掲げるとおり、緑...


【カンボジア】現地SIMカードはシェムリアップ国際空港で買える、しかも激安の$3で!

海外旅行中、自分のスマホでインターネットを使うには、現地のSIMカード(シムカード)を購入するのが安くすむ方法です。アンコールワット観光の拠点であるシェムリアッ...

朝焼けのアンコールワット遺跡が幻想的、誰でも綺麗に撮れる撮影ポイントはここ!

カンボジアのアンコールワットは、ヒンドゥー教寺院で王の墓でもあります。死者が向かう方角の西向きに建てられたため、朝日鑑賞では、東から昇る太陽を背にした、幻想的な...


もうすぐ長期休館!360度の大パノラマ展望台「横浜マリンタワー」夜景も見逃せない!

横浜開港100周年記念として建設された横浜マリンタワー。1961年(昭和36年)に完成以来、横浜のシンボルとして愛されてきました。なお2019/3/31~202...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?