中国
中国観光
アジアでダントツの数を誇る世界遺産の宝庫

【中国・福建】歴史と宗教文化の色濃く残る街・泉州

取材・写真・文:

宮城在住
訪問エリア:3ヶ国

2019年3月26日更新

276view

お気に入り

写真:青茶

中国・福建に位置する泉州は、世界史の教科書にも出てくる都市です。宋から元の時代に最盛期を迎え、ヨーロッパでも知られていました。本記事では、泉州の史跡や宗教文化を学べるスポットをご紹介します。

この記事の目次表示

中国のおすすめツアー
全日空┃┃成田午前発/現地午後発┃┃淮海路エリア5つ星[オークラガーデンホテル上海]宿泊!毎朝食付き!上海2泊3日間
82,300円~111,700円
全日空┃┃成田午前発/現地午後発┃┃淮海路エリア5つ星[オークラガーデンホテル上海]宿泊!毎朝食付き!上海2泊3日間
82,300円~111,700円
全日空┃┃成田午前発/現地午後発┃┃田子坊エリア3つ星[レイフォントダウンタウンホテル]宿泊!毎朝食付き!上海2泊3日間
69,400円~108,000円

泉州の魅力

かつて栄えた港湾都市

泉州は「ザイトン」とも呼ばれ、海上交易の中心地として栄えました。最盛期はモンゴル時代の13世紀から14世紀にかけてで、イブン・バットゥータやマルコ・ポーロによって、イスラム世界・ヨーロッパ世界にも紹介されました。

  • 写真:青茶清浄寺(イスラム教寺院)

それ以降は海岸線の後退によって港としての機能が失われていきましたが、現在は残された史跡や宗教施設から当時の繁栄を垣間見ることができます。

泉州の地理・気候

泉州は山と海に囲まれていますが、観光スポットの集まる中心部は平地で、見てまわりやすくなっています。レンタサイクルがあれば利用すると便利です。

泉州国際ユースホステルにはレンタサイクルがありました。デポジット100元(約1,654円)、1日20元(約330円)でした。路上にあるシェアサイクルはもっと安いですが、スマホアプリ等での登録が必要なので、旅行者は宿泊先等で借りるのが良いでしょう。

  • 写真:青茶泉州国際ユースホステルで貸出していた自転車。
泉州国際ユースホステル
中国
住所:福建省泉州市鲤城区庄府巷107号地図で見る

泉州の気候は台湾に近く、温暖湿潤です。夏場(日本と同じ6月~9月)は30度以上になる日が続きますが、冬(12月~2月)でも10度程度はあります。自然が豊かなので、体感的には夏でも都会より過ごしやすく感じます。

それでは以下より泉州のおすすめスポットをご紹介します。

中国閩台縁博物館

  • 写真:青茶

泉州にはいくつかの博物館がありますが、閩台縁博物館は大きな博物館です。福建と台湾の関係をテーマとした展示をおこなっています。写真は展示の一例です。

  • 写真:青茶
中国閩台縁博物館
中国 / 博物館・美術館
住所:中国泉州市中国閩台縁博物館地図で見る

開元寺

  • 写真:青茶開元寺

開元寺は唐代に建立された仏教の寺院で、泉州最大規模のものです。筆者が訪れた時は改修中で見られませんでしたが、境内の東西にある二つの塔が見どころだそうです。

開元寺(泉州)
中国 / 社寺・教会
住所:中国泉州市開元寺地図で見る

古船陳列館

  • 写真:青茶

開元寺の中にある宋代の木造船の展示館です。古船はかつての泉州湾に沈没していたもので、1974年に発掘されました。中は撮影禁止ですが、かなり大きく、船の形を保っており見応えがあります。

他にも、同時に出土した錨や銅銭等が展示されており、海上交易全般について学ぶことができます。また、当時さかんに交易されていた香料の香りを体験するコーナーもありました。

古船陳列館
中国 / 博物館・美術館
住所:中国泉州市開元寺地図で見る

清源山・宋代石刻老君像

  • 写真:青茶清源山・老子像。

清源山は標高約600メートル程の山です。泉州中心部に近く、数多くの文物が残されています。最も有名なものが、宋代石刻老君像です。老君は老子のことで、道家思想・道教の始祖とされる伝説上の人物です。『老子』(『老子道徳経』)という書物も伝わっています。

老君像は高さ5メートルほどで、清源山の自然風景とみごとに調和しています。清源山をすべて巡ろうと思うと1日では足りませんが、老子像を見るだけなら1、2時間ですみます。

宋代石刻老君像
中国 / その他スポット
住所:中国泉州市清源山老君岩地図で見る

天后宮

  • 写真:青茶天后宮

女神・媽祖(まそ)を祭る廟です。中国の沿海部や東南アジア各地に天后宮がありますが、海上交通の要衝であった泉州の天后宮は歴史が長く、今でも多くの人々の信仰を集めています。おめでたい色である朱や黄で彩られた境内も見応えがあります。

  • 写真:青茶
天后宮(泉州)
中国 / 社寺・教会
住所:中国泉州市天后宮地図で見る

イスラム教寺院・清浄寺

  • 写真:青茶

北宋時代の1009年に創建されたイスラム教の寺院です。中国で現存する最古のイスラム寺院で、アラブ風の建築が特徴です。

清浄寺
中国 / 社寺・教会
住所:中国泉州市涂門街清浄寺地図で見る

聖墓(イスラム教)

  • 写真:青茶聖墓(イスラム教)

中国に現存する最古のイスラム教聖迹です。白い花崗岩に掘られています。明代に南海大遠征を指揮した鄭和(1371年-1434年)もこの地に立ち寄ったことで知られ、その記念碑が残っています。

聖墓(イスラム教)
中国 / その他スポット
住所:中国泉州市聖墓地図で見る

中国旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならば中国のツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房で中国のすべてのツアーをみる>>

中国の旅行予約はこちら

中国のパッケージツアーを探す

中国のホテルを探す

中国の航空券を探す

中国の現地アクティビティを探す

中国のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年3月25日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【中国】グルメも観光も夜景も!重慶観光で絶対やりたい10のこと

旅行や出張で中国に行くといえば、北京、上海、広州、あたりがメジャーどころ。しかし、広い中国、同じ国内であっても、ところ違えば見どころや文化、食べ物も大きく違って...


今ドキ北京っ子はここに行く!グルメもお土産選びも外さない北京・若者の街5選

中国の首都北京は、言わずと知れた万里の長城や故宮(紫禁城)といった世界遺産で有名な観光都市でもあります。そんな北京ですが、東京の人たちが東京タワーや浅草ではなく...

週末に行ける海外!上海人気観光スポット「外灘」と千と千尋の世界「豫園」へ!絶品小籠包も♪

日本から3時間で行ける海外として人気の「上海」。今回は初めて上海に行く人におすすめの、上海の外せない観光スポット「外灘」と「豫園」を巡るルートをご紹介します。時...

【中国新疆】異国文化漂うウルムチとトルファンのお勧め観光スポット

新疆(しんきょう)ウイグル自治区の首府「ウルムチ」と、映画『西遊記』のロケ地として有名な「トルファン」は、割と近い距離に位置しています。今回は、異国文化漂うウル...

【中国】世界遺産の少林寺風景区!深山幽谷にたたずむ少林寺を訪ねよう

少林拳でも有名な中国・少林寺。「興味はあるけれど、なかなか行けない」という方も多いのではないでしょうか。しかし思い切って行ってみると、深山幽谷の中に点々と寺院や...

この記事を書いたトラベルライター

フリーランス
中国の研究をしながら、フリーランスとして翻訳やライターの仕事をしています。国内外を問わず旅行が好きです。特に中国は、個人的にも、調査や学会参加等でも、様々な都市を訪れてきました!北京・西安などの人気都市から、福建や浙江の小さな街まで、中国の魅力を幅広くご紹介していきたいです。

【中国・福建】人気リゾート・アモイ!温暖な気候と異国情緒の街並み

中国・福建省に位置するアモイは、海に面した温暖な気候で、人気のリゾート地となっています。また、近代には租界として発展してきたため、西洋風の建築も多く、異国情緒も...


【中国】大阪と上海を結ぶフェリー・蘇州号でのんびり楽しむ船旅

大阪と上海の間には、上海フェリーの定期船・蘇州号(SU ZHOU HAO)が就航しています。ほとんど丸二日かかる船旅になりますが、船からの景色は素晴らしいですよ...

【中国】世界遺産の少林寺風景区!深山幽谷にたたずむ少林寺を訪ねよう

少林拳でも有名な中国・少林寺。「興味はあるけれど、なかなか行けない」という方も多いのではないでしょうか。しかし思い切って行ってみると、深山幽谷の中に点々と寺院や...

【中国・西安】世界遺産・兵馬俑!秦始皇帝の地下軍団に圧倒される

中国・西安(せいあん)にある兵馬俑(へいばよう)。世界遺産に登録されており、日本でも歴史の教科書や、テレビ番組で取りあげられることがあります。万里の長城とならん...

【中国】杭州の銘茶・龍井茶を楽しむ

世界遺産・西湖で有名な中国・杭州。同時に龍井茶(ろんじんちゃ)というお茶も有名です。そこで、龍井茶を味わいつくすために、龍井茶の産地・龍井村と、龍井茶の買い方、...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?