台湾
台湾観光
人気急上昇中の国!手軽に行けて美味しいグルメも楽しめる

【台湾】食の都・台南名物代表!おすすめ意麺(イーミェン)3選

取材・写真・文:

愛知在住
訪問エリア:3ヶ国

2017年6月23日更新

3,648view

お気に入り

写真:s0ng

麺好きにはたまらない麺大国・台湾の中でも、食の都と言われる台南の名物麺料理「意麺(イーミェン)」。油で揚げてから茹でた卵麺が「意麺」と呼ばれており、インスタント麺のルーツとも言われています。多種多様な台南意麺、おすすめの3店をご紹介します!

フレンドリーな街の意麺屋「小杜意麺(シャオドゥイーミェン)」

  • 写真:s0ng

まずは、シンプルな意麺をご紹介します。友愛市場のお隣、わりと大きな店構えの小杜意麵。遅い時間まで路上にテーブルが出て大賑わい、店員さんも大勢いて活気のある雰囲気です。

言葉が通じなくても、ジェスチャーで意思疎通を取ろうと頑張ってくれます。そんな温かいホスピタリティが感じられる、旅行者にはホッとできるお店です。

  • 写真:s0ng

意麺(イーミェン)乾・小 ※スープ付 45元(約165円)

汁麺と汁なし麺が選べます。台湾の麺料理店では、汁なし麺は「乾」、汁麺は「湯」と表示されており、こちらの写真は汁なしのものです。見た目はそっけないですが、麺をかき混ぜるとどんぶりの底の濃厚でコクのある醤油ダレが絡まり、チープな麺との相性が不思議とクセになる味です。

  • 写真:s0ng

意麺の店には、サイドメニューとして滷味(ルーウェイ)があることが多いです。滷味とは、野菜やモツや豆腐等を八角の香りのする醤油だしで煮込んだ、おでんのような料理のこと。

小杜意麵で滷味を注文する時は、好きな具材を選んでザルに入れて渡すというオーダー方法。値札がひとつひとつに付いているので、言葉がわからなくても簡単に注文できます。台湾人の大好きな定番料理の滷味も、是非試してみてくださいね!

小杜意麺
台湾 / アジア料理
住所:台南市友愛街143號地図で見る
電話:06-220-8979
Web:https://www.facebook.com/135816839817385

台湾名物タウナギ意麺の名店「阿江炒鱔魚(アージャンチャオシャンユー)」

台南名物のひとつタウナギ意麺。タウナギは鰻によく似た淡水魚で、台湾や中国ではよく食べられている食材です。赤黒い身がグロテスクで食わず嫌いをする旅行者も多いようですが、淡白な味で臭みもなく、ぷりっとした食感がおいしい魚なので、是非トライしてみましょう。

  • 写真:s0ng

タウナギ意麺の名店、阿江炒鱔魚はとても味のある店構えです。オープンキッチンを通り越して、調理場と席との境もあってないようなもの。

筆者は夕方に訪問した所、親子連れから会社帰りのOLさんまで、地元の人でにぎわっていました。旅行者にも人気の店のようで、店員さんは外国人客の扱いにも慣れています。すぐに席を案内してくれて「ヤキソバ? スープ?」と日本語で聞いてくれます。

  • 写真:s0ng

鱔魚意麺(シャンユーイーミェン) 90元(約330円)

オーダーを取ってから一瞬で料理が出てきます。スープと注文すると、出てくるのがこの料理。スープというより餡かけ麺です。甘辛く酸味のある餡に、胡椒の効いたパンチのあるお味。弾力があって柔らかいタウナギの身と麺によくからみ、食欲をそそります。深夜まで営業しているので、夜食にもぴったりですね!

阿江炒鱔魚
台湾 / アジア料理
住所:台南市民族路三段89號地図で見る

変わり種が選べて楽しい「阿龍意麺(アーロンイーミェン)」

東門圓環(ロータリー)近くの人気店。野菜を練り込んだ麺が特徴です。

筆者が訪れた時は、メニューを見ながらうーんと悩んでいたら、店員さんが原味(スタンダード)の麺を掴んで見せて、これでいい?というジェスチャーをされたので、慌ててオレンジ色のにんじん麺を指差しました。自分で書き込む注文表もあるので、言葉がわからなくてもオーダーしやすいですね。

5月の取材時には、スタンダードな意麺、にんじん麺、ごぼう麺の3種類が用意されていました。冬季限定でほうれん草麺も登場するそうです。

  • 写真:s0ng

紅蘿蔔意麺(ホンローブォイーミェン) 乾・小 50元(約183円)

筆者はこの時、にんじん麺の汁なしをいただきました。このかわいいにんじん色とは裏腹に、タレはニンニクたっぷりでガツンと来るなかなかジャンクなお味。そのシンプルなタレが、生パスタのようなプリプリの麺を余す所なく引き立て、後引く旨さ!何度も通ってすべての麺をコンプリートしたくなりますね!

阿龍意麺
台湾 / アジア料理
住所:台南市中西區府前路一段62號地図で見る

最後に

台南には、意麺の名店が他にもたくさんあります!また、鍋焼意麺という鍋焼きうどんのような意麺も、台南の名物料理です。1人前の量も日本の麺料理の7割程で軽いので、食べ比べも可能!意麺巡りをして、お気に入りの一杯を見つけてみましょう!

台湾の旅行予約はこちら

台湾のホテルを探す

台湾の航空券を探す

台湾のパッケージツアーを探す

台湾の現地アクティビティを探す

台湾のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年6月21日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【台湾・台北】人気スーパーで買うお土産にぴったりな台湾の味

みなさんは台湾に行ったらお土産に何を買いますか? 今回は、帰国してもいつでも台湾の味を楽しみたい!という方々のために、「食材系お土産」をご紹介します。観光客にと...

【台湾】台北で蒸し餃子ならここ!MRT中山駅近く「福大山東蒸餃大王」

小籠包は観光客に人気の台湾グルメですが、蒸し餃子も負けず劣らずなおいしさです。台北で蒸し餃子の人気店といえば、MRT中山駅近くの「福大山東蒸餃大王」。セイロに入...


台湾朝ごはんや夜食は豆乳店で!台北MRT中山駅近く【四海豆漿大王】

台湾旅行でぜひ楽しみたいのが、台湾ローカル朝ごはん。台湾の街には特色ある朝ごはん屋がたくさんありますが、台湾朝ごはんデビューにおすすめなのが「豆漿店(豆乳店)」...

台湾朝ごはんの定番「豆漿店」を徹底攻略!おすすめメニュー7選

朝早くに台湾の街を散策していると、「豆漿」という文字が含まれている朝ごはん屋が賑わっているのを目にすることでしょう。豆漿(ドウジャン)とは豆乳のことで、豆漿店は...


【台湾】台北・士林夜市で食べ歩き!おすすめ人気グルメ6選

台湾旅行で楽しみたい事といえば、夜市での食べ歩き!台北の士林夜市は世界的に有名ですが、どんな屋台グルメが人気なのでしょうか?この記事では、定番からちょっと変わっ...

この記事を書いたトラベルライター

食と猫を愛する旅写真家
韓国、台湾のリピーター。韓国在住・就労経験有り。旅写真、猫写真を撮るアマチュア写真家。無類の猫好きで野良猫ストーカー。猫との出会いを求め国内外の猫スポットも巡る。食に異様な執着心があり、旅先では特にその傾向が強い。国内では鄙びた温泉地を好む。基本一人旅。

韓国コスメオタクの聖地!弘大の親切なメイクブラシ屋さん「Ancci Brush House」

韓国へはショッピングのために行くという方が多いと思いますが、中でも手頃な値段で種類も豊富なコスメショップは外せませんよね!お気に入りの化粧品をたくさん仕入れたら...

【台湾】朝を制す者は台南グルメを制す!台南朝食はしごのススメ

人気急上昇中で注目の台南!台南発祥の台湾料理も多く美食の街と言われており、小吃(シャオチー)の宝庫です。小吃とは麺料理、ご飯もの、おやつまで含んだ気軽に食べられ...


【韓国】普段着のソウル!望遠洞で食べ歩き&雑貨屋巡り!

望遠洞(マンウォンドン)は弘大のほど近くにあり、昔ながらのにぎやかな伝統市場のある住宅街。でしたが、ここ数年で少し様変わりしてきているようです。市場のにぎやかさ...

【台湾】時を越え日台をつなぐ彩り!嘉義マジョリカタイル博物館

阿里山鉄道の始発駅のある嘉義市(かぎし)。日本統治時代には東アジア最大の材木集散地でした。山から切り出した檜(ひのき)を阿里山鉄道で嘉義駅まで運び、駅周辺は林業...


【台南】恋の神様「月下老人」に会いに台湾最古の祀典武廟へ行こう!

赤崁楼の南側に位置する祀典武廟(スーデェンウーミャオ)。現存する台湾の武廟の中で最も古く、17世紀半ば頃に建てられました。商売や理財にご利益があると言われていま...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」で台湾の音声ガイドを聴く

台湾の観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?