【中国・浙江】 小説の舞台にもなった美しい島・桃花島を満喫しよう

56

view
   2017年11月14日更新

中国・浙江省にある桃花島(とうかとう)。この自然に恵まれた美しい島は、中国人なら誰でも知っている有名な小説『射雕英雄伝』の舞台にもなりました。ドラマの撮影村や、都市部では味わえない豊かな自然を活かしたレジャースポットがあり、まる一日楽しむことができる穴場観光地なんですよ。

桃花島の見どころ

『射雕英雄伝』ドラマ撮影村(射鵰英雄伝旅游城)

ここで金庸の小説『射雕英雄伝』のドラマ版が撮影されました!『射雕英雄伝』はモンゴルで育った主人公の少年・郭靖が中国全土を旅する、わくわくするような冒険譚です。

撮影村にもモンゴルのゲルから江南の町並みまで、様々なスポットが作られています。『射雕英雄伝』を知らなくても、古代中国にタイムスリップしたような、わくわくした気分になれるのではないでしょうか。

  • ドラマ撮影のために作られた町並み
  • 水辺の撮影で使われた埠頭
  • 易占術や五行思想のモチーフがあしらわれた邸宅
射鵰英雄伝旅游城

中国 / テーマパーク・レジャー

 

住所:中国浙江省舟山市普陀区桃花島散花峰

電話:0580-6062111

桃花寨

海岸に沿って作られた遊歩道を歩きながら、桃花島の自然を楽しめる自然公園です。起伏に富んだ遊歩道は歩き甲斐がありますが、きちんと整備されているので、90歳のお年寄りも歩いていました。

  • 桃花寨の弾指峰

いくつか見どころがありますが、90度に切り立った崖・弾指峰や、眺めの良い試剣亭は必見です。

  • 試剣亭からの眺め
桃花寨

中国 / 自然・景勝地

 

住所:中国浙江省舟山市普陀区桃花島桃花峪景区

電話:0580-6063750

千歩大沙

「千歩」という名の通り、海岸線に沿って、砂浜が遥か遠くまで続いています。ドラマの撮影にも使われた美しいスポットを、のびのびとした気分で歩きまわれます。海水浴場にもなっており、夏は海水浴客で賑わうそうです。

千歩大沙

中国 / ビーチ

 

住所:桃花島

フランス風ラベンダー園

  • 中国らしい風景の中に突然現れるラベンダー園。この時は3月だったので、ラベンダーは咲いていませんでした。

千歩大沙の海水浴場に併設されたラベンダー園。夏から秋が見ごろです。お土産の手作りラベンダー石けん(5元、約87円)は一年を通して売っているようです。

  • ラベンダー石けん
  • 紫色の綺麗な石けんです。結構しっかりとラベンダーの香りがします。
フランス風ラベンダー園

中国 / 公園・動植物園

 

住所:桃花島

意外と簡単!桃花島への行き方

上海から沈家門は高速バスが便利!

  • 沈家門の長距離バスターミナル

まずは、港町・沈家門を目指します。上海からだと、上海南バスターミナルから沈家門行きのバスが出ています。だいたい1時間に1本位はあり、およそ4時間半で沈家門に到着します。バス一本で行けるのは便利ですよね!

沈家門から桃花島へ

  • フェリーターミナルの待合室。イカ焼きなどが買えます

バスターミナルから、桃花島への船が出ている船着き場「墩頭碼頭(ドゥントウマトウ)」を目指します。バスもたくさん走っていますが、タクシーが便利です。この辺りのタクシーは2017年時点で、初乗り6元(約104円)でした。バスターミナルから船着き場までは12元位(約208円)だと思います。

船着き場からは、船で20分~35分で桃花島に到着します。ただし、桃花島を出発する最終の船は16時30分なので、日帰りする場合には注意して下さい。

墩頭碼頭

中国 / 駅・空港・ターミナル

 

住所:沈家門

桃花島旅行の宿泊はどうする?

桃花島に泊まる

桃花島で、外国人でも泊まれる比較的環境の良いホテルは、桃花苑ホテル(タオホワユエンホテル)だと思います。周りに飲食店やコンビニもあって便利ですよ。以前は桃花寨にバンガローがあったようですが、2017年現在は営業していないようでした。

  • 桃花島で買ったお酒・黄薬師(50元、日本円約870円)。紹興酒ベースにハーブがブレンドされているようでした。

こちらはホテルの近くの酒屋で買ったお酒「黄薬師」。黄薬師というのは、『射雕英雄伝』に登場する武芸の達人で、桃花島に住んでいます。

桃花苑宾馆

中国 / ホテル

 

住所:中国舟山市普陀区桃花镇宫前桃源中路

沈家門に泊まる

  • 沈家門の錦江之星ホテル

桃花島に近い港町・沈家門に泊まるのもオススメです!中でも便利なのが錦江之星(舟山普陀沈家門店)。船着き場「墩頭碼頭(ドゥントウマトウ)」まで徒歩10分程度です。

錦江之星

中国 / ホテル

 

住所:中国舟山市普陀区沈家门街区东海西路2号

セットで行きたい普陀山

  • 普陀山の南海観音

桃花島の近くには、仏教の聖地・普陀山もあります!普陀山も沈家門から船で行けるので、沈家門に2、3泊して桃花島と普陀山に日帰りで行くのはどうでしょうか。

【関連記事】【中国・浙江】 仏教の聖地・普陀山!自然と宗教文化の融合が美しい

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年3月23日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
フリーランス

中国の研究をしながら、フリーランスとして翻訳やライターの仕事をしています。国内外を問わず旅行が好きです。特に中国は、調査や学会参加等で様々な土地を訪れたことがありますし、中国が大好きです!北京・西安などの人気都市から、日本人にはなじみがない福建や浙江の小さな街まで、中国の魅力を幅広くご紹介していきたいです。

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!