石垣島
石垣島観光
美しい青い海を擁する八重山諸島の中心となる島

石垣島の島料理居酒屋【あだん亭】は予約必須!

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:44都道府県

2020年9月1日更新

215view

お気に入り

地元、石垣島の食材をふんだんに使った、美味しい島料理が味わえる居酒屋さん【あだん亭】。家庭的な雰囲気があり、ゆったりくつろげるから、観光客はもちろん地元の人にも人気!予約必須です。

この記事の目次表示

家庭的で地元感たっぷりの【あだん亭】とは?

石垣島に来たら、やっぱり 八重山諸島 ならではの食材を使った 島料理 を食べたいですよね。もちろん、石垣島には島料理が楽しめる様々なタイプのお店がありますが、「地元ならではを感じられる居酒屋が好き」「お手頃価格で島料理を食べたい」「子連れでも安心できるお店がいい」と言う方にオススメなのが、今回ご紹介する【あだん亭】です。

「アダン(阿檀)」とは、沖縄のような亜熱帯や熱帯の地域に生息する小高い木。マングローブのような植物群落に生息していることが多いようです。

ツンツンした葉は、昔から沖縄では「ござ」や「座布団」、「草履」などの素材に使われています。麦わら帽子ならぬ「アダン葉帽子」も、おみやげ屋さんなどで見かけるのではないでしょうか。

また、パイナップルのような果実も特徴的。香りもいいので「美味しそう〜」と思うかもしれませんが、大きくなってしまったものは、ほとんど繊維質、まずくて食べられません。

でも!柔らかい新芽は食べられるそうで、そんな料理を【あだん亭】で食べることができます。

【あだん亭】入口の両脇に、実際にアダンの木が生えているので、ぜひ見てみてくださいね。

石垣島産の「木材」がふんだんに使われている店内

お店のエントランスからも伝わるように、店内も “あたたかな地元の居酒屋” という雰囲気。それは、大将が自ら集めたという “島木材” をはじめ、店内のほとんどのインテリアに木材が豊富に使われているから。木の温もりを感じられます。

また、入口は小さいですが、店内は奥に広く、テーブル席だけではなく小上がりもあります。小上がりの席はゆったりと空間をとっており、隣のお客様との間にも木材の間仕切りがあるので、小さなお子様連れの家族でも、隣のお客様を気にせず楽しめると思います。

有名なお店でも「地元感」ある雰囲気がいい!

有名人のサイン色紙が多く飾られていたり、 アートホテル石垣島 のすぐ近くということもあり、観光客がとても多く訪れているお店です。

でも、“観光客の皆さまいらっしゃいませー!” という下手に出ている感じではなく、地元感があるのがとても居心地が良いのです。

キープボトルが並ぶ、肩肘張らないような年季の入った店内もそうなのですが、一番その雰囲気を出しているのは、お店で働いている地元の “おばちゃん” たちなのかなと思います。“おねえさん” と言った方が良いでしょうか?(笑)

お店で働いている皆さんは、観光客であろうが地元客であろうが対応は変わりません。下手にへりくだってもいません。チャキチャキと対応してくださいます。でも、石垣島に対する愛情を感じます。

だから、食べたものを「美味しいー!」といえば喜んでくださるし、泡盛もいっぱい飲むと喜んでくれます。そんな、年季の入った “おねえさん” たちとの会話も是非楽しんでいただければと思います。

【あだん亭】の美味しい料理たち

メニューを見ると、泡盛のアテになるちょびちょび盛りのおつまみや、野菜、お魚、石垣牛など様々!地元の人にとっては馴染みの料理かもしれません…でも、石垣島に旅行に来た人にとっては魅力的なものばかりです。

ご参考までに、筆者が頼んだものを一部ご紹介します。

やはり、沖縄においては魚は外せません!マース煮や唐揚げなど、魚の調理方法は豊富ですが、素材直球を味わうには、刺し盛り が一番!写真は 1〜3人前の刺し盛りで2,000円。この日は、マグロ、カジキ、コブシメ(コウイカ)、イブラチャー、はらご (マグロのハラミ)でした。

海ぶどう(650円) は泡盛のアテに最高!もちろんお酒が飲めない方にとっても、沖縄に来たならば食べておきたい食材ですね。石垣島では海ぶどうと一緒に、よく玉ねぎスライスがついてきます。そして【あだん亭】のタレは、これまた少し独特。よくあるのは三杯酢ですが、ごま油のような風味のある油も混ざっており濃厚です。

海ぶどう自体に少し塩気があるのですが、玉ねぎと一緒にこのタレにチョンチョンと付けて食べると、とーーーっても旨いです。

海の幸だけではなく、石垣牛も気になるところですよね。このお店で大人気のメニューは 石垣牛寿司(2,400円) らしいのですが、筆者は 石垣牛スタミナソテー(2,000円) を注文。これがまた絶妙な火の通り具合、しかもニンニクの香りが食欲をそそり、スパイスが絡まった味付けがものすっごく旨い!野菜たっぷりなのも嬉しいです。

こちらは、あまり聞き馴染みのない あちこーこー焼き(700円)「あちこーこー」という言葉は、八重山諸島では「熱い」という意味なんだそう。

見た目は、チヂミ?お好み焼き?のような感じです。でも、さすが石垣島、生地自体がなんとも言えない独特な味付けなのです。上にかかっているマヨネーズとお好み焼きソースのようなタレがかかっていても「んん!なんか違う!」とわかるはず。

小さなお子様にとっては、慣れていない沖縄の食材かもしれませんが、島タコの唐揚げ、島鶏の唐揚げ、ポテトフライなど、幼い子が好きなメニューも豊富にありますのでご安心くださいネ。

次のページを読む

石垣島の旅行予約はこちら

石垣島のパッケージツアーを探す

石垣島のホテルを探す

石垣島の航空券を探す

石垣島の現地アクティビティを探す

石垣島のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年8月31日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


沖縄料理のおすすめ20選!沖縄名物の食べ物特集

郷土料理からアメリカの食文化の影響を受けたグルメまで、沖縄には独特の料理・食べ物が豊富です。一度は食べてみたい、おすすめの沖縄料理・食べ物をご紹介します。旅行ツ...


【竹富島】子連れ宿泊に最適なコテージ「島宿 願寿屋(がんじゅや)」

沖縄県八重山地方の離島【竹富島】の観光は“日帰り”という方がほとんどですが、宿泊しないとわからない魅力がたっぷり!本記事では子連れに最適なコテージステイが叶う、...

石垣島のおすすめ観光スポット・アクティビティ・グルメ26選&足を伸ばしたい離島7選

絶景の宝庫・石垣島。シュノーケリングでサンゴ礁が鑑賞できるビーチや、満天の星空を鑑賞できる展望台など、おすすめの観光スポット・アクティビティをご紹介します。石垣...

時が止まったような空間【八重山そば処 来夏世】(石垣島)

石垣島含め、八重山諸島でよく見かけるのは【八重山そば】。こちらの八重山そばが美味しく食べられる人気店が、石垣市街にある【来夏世(くなつゆ)】さんです。ゆったりと...

水牛車やレンタサイクルを活用!沖縄の原風景が広がる【竹富島】

石垣島からフェリーに乗って10分で行ける【竹富島】は、遊びどころが満載!また、初めて行く方には「水牛車」の利用がオススメ。ガイドをしてくれる島出身のおじぃが、竹...

この記事を書いたトラベルライター

じっとしているのは耐えられない旅行好き&飲兵衛です
日本在住ですがアメリカで生活したこともあり、その時にすっかりアメリカ大陸の自然に魅了されました。それ以来、帰国しても日本の自然の素晴らしい場所をあちこち旅行するのが好きです。1児の母でもありますので、“子連れで行くとどんな旅になる?!”という視点も織り交ぜていろんな場所をご紹介できればと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/makiko0213ha

【岡山県・西粟倉村】ただの田舎じゃないその魅力とは?!

かつて市町村合併が進んだ中、あえて「村」として生きる道を選んだ岡山県の「西粟倉村」。今、ここには若く発想力も豊かでエネルギッシュな人たち、ローカルベンチャーを目...


シカゴに行ったらコレを食べよう!歴史と共にある4つの個性派グルメ

アメリカ本場でステーキといったらニューヨーク?いえいえ実は、アメリカ人の間では「肉といったらシカゴ!」と言われているそうです。その他にもシカゴには、シカゴピザや...


日本ではできない体験!アメリカでガン・シューティング【GILBERT INDOOR RANGE】

日本では一般人が実弾の入った銃を撃てる機会はほとんどありませんが、アメリカでは初めての人でも実弾でガン・シューティングができる射撃場がたくさん!屋内の射撃施設「...

車で行こう!子連れで楽しもう!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下 USJ)に子連れで車で楽しく行きませんか?!子供用のたくさんの荷物も車ならラクラク♪ 駐車場情報や入場時の混雑具合、また...

【フランクフルト】歴史的な見所いっぱい!りんご酒もドイツ料理も美味しい!

通称【フランクフルト】と言われるドイツの都市の正式名称は【Frankfurt am Main フランクフルト・アム・マイン】。世界的にも最大級のハブ空港「フラン...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります