魚の楽園を見にいこう!口コミで大人気の「石垣島・米原ビーチ」

271

view
   2016年10月20日更新

沖縄本島からさらに南に400キロに位置する魚の楽園、石垣島。グレートバリアリーフに次ぐ世界第2位、国内最大級のサンゴ礁を持つこの魚の宝庫といえる海でシュノーケリングを楽しんでみませんか?今回は「ツアーはちょっと・・・」「泳ぎが苦手・・・」「水着は着たくないな・・・」という方にも、「がっつりシュノーケリングを楽しみたい!」という方にもおすすめできるビーチをご紹介します。お魚とサンゴに感動すること間違いなしです!

石垣島の大人気ビーチ

  • 石垣島・米原ビーチ

私がおすすめするビーチは・・・「米原ビーチ」!フォートラベルの石垣島人気ビーチランキングで第1位!同じく同社の沖縄人気ビーチランキングでも第10位に入っているので、満足度が高いことが口コミからも分かります(※2016年10月時点)。「透明度が高い」と多くの口コミが寄せられていますが、実際にビーチから見るとサンゴの位置がハッキリと分かるほど透き通っています。

キャンプ場を併設しているので家族連れや地元の方も多く、夏は観光客も合わさって賑わいますが約700メートルの広いビーチではそれほど混雑を感じないのもおすすめポイントです。

足元を見れば・・・そこにはお魚が!

  • 透き通る米原ビーチの海

ここ米原ビーチではビーチから数メートルの場所にサンゴ礁があるので、水着を着ていなくたって足だけ少し入ればカラフルなお魚やサンゴを自分の目で見ることができるのです!私も初めて行ったとき、足元に瑠璃色の魚を見つけた瞬間はとても感激しました。

透き通る海の中で泳ぐ色鮮やかな魚たちの姿に魅了され、時間を忘れて見入ってしまいそうですね。きれいな白砂のビーチでのんびりするのもいいですが、海の中を覗てみると大人でもわくわくするのではないでしょうか。

満潮時にはサンゴ礁までの距離が遠くなってしまうので、干潮時間に合わせて行かれることをおすすめします。

まさに魚の楽園!

  • 熱帯魚の楽園
  • 色鮮やかな熱帯魚
  • 不思議な色合いのウミウシ

シュノーケルをつけて海の中へ入ればそこは別世界!数え切れないほどの魚たちとサンゴがあなたを待っています。沖縄地方ならではのカラフルな魚はもちろん、イカ・ウミウシ・貝類・ウニ・ヒトデなどこのビーチに生息する海の生き物にも出会えるかもしれません。

足の着く範囲で十分にシュノーケルができるので、泳ぎが苦手な方やお子様でも安心して楽しめます。ただし、この自然のままのビーチでは監視員がいなかったり、エリアによっては潮の流れが速いので注意してくださいね。近くにマリンショップや売店があるので、心配な方は相談してみるのもいいかもしれません。

おわりに

いかがでしたでしょうか?シュノーケルツアーに参加するより手軽に、しかも無料で!石垣島の海を堪能できるビーチは石垣島には他にほとんどありません。くれぐれも過度な日焼けには注意しながら、ぜひ石垣島の綺麗な海と魚の楽園を満喫してくださいね。

アクセス・現地情報

交通

新石垣空港から約15キロ、車で約35分(入り口の目印は道路沿いに立てられた手書き看板)

駐車場

無料5台(米原キャンプ場付近)、有料もあり(1日500円)

利用料金

無料

営業時間・遊泳期間

設定なし(お子様連れや泳ぎの苦手な方は干潮時間がおすすめ)

設備

売店、トイレ、無料シャワー(個室)、自販機
有料駐車場近くの売店に有料のシャワー・ロッカー・更衣室・レンタル品取り扱いあり

米原ビーチ

沖縄 / ビーチ

 

住所:沖縄県石垣市桴海

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2015年10月16日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
世界一周トラベラー

自分がまだ知らない世界を見てみたい!好奇心旺盛な性格でこれまでにワーホリでカナダに行ったり、沖縄に住むという夢を実現したり、相方と世界一周の旅へ出たり。NO TRAVEL NO LIFE!

https://sekakoi.wordpress.com/

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!