宮古島
宮古島観光
サンゴ礁が隆起してできた宮古諸島の中心となる島

地元民も大好きなソウルフード!食べ比べも楽しい「宮古そば」の魅力

取材・写真・文:

トラベルライター

2018年2月25日更新

4,047view

お気に入り

写真:トラベルライター

沖縄の離島、東洋一美しいと言われる海で人気の宮古島。そんな宮古島へ行ったら必ず食べてみたい宮古そば。「宮古そばの特徴って?」「実際に美味しかったお店はどこ?」など宮古島へこれから旅する人や、宮古そばが気になる人に役に立つ情報をご紹介したいと思います♪

この記事の目次表示

宮古そばの特徴って?

宮古そばならではの特徴は、なんといっても三枚肉やかまぼこなどの具材が麺の下に隠れていること!出された宮古そばを見て「あれ?具材がないぞ?」と思ったら麺をすこしずつ食べ進めてみてくださいね。麺の下に隠れている具材がひょっこりと顔を出してくれます。

  • 写真:トラベルライター昔ながらの宮古そば(丸吉食堂にて)。見かけは麺と青ネギだけですが・・・
  • 写真:トラベルライター麺の下には三枚肉とカマボコが隠れていました!(丸吉食堂にて)

「なぜ具材を隠すスタイルなのか」というのにはいろいろな説があるそう。具が乾かないようにするため、周りから贅沢しているように見られたくなかったため(当時の厳しい年貢の取り立てに対抗するため)など。最近では麺の上に具材をのせるお店も多い中、昔ながらの具材が隠れたスタイルで宮古そばを出すお店も健在です。

その他の特徴は、沖縄そば(沖縄本島のそば)と比べて麺が縮れていない平麺スープがあっさりした味わいなのが宮古そば。スープを一口飲むと、あっさりした豚骨&カツオ出汁の風味なのがわかります。具材に使われているかまぼこも宮古独自のかまぼこで、波模様をした平べったい長方形の形をしています。

ちなみに宮古そばは普通サイズだと麺のボリュームがたっぷりです。どのお店もボリュームが多いので女性なら小サイズでお腹は十分満たされます。

マネしてみたい宮古そばのユニークな食べ方

  • 写真:トラベルライター宮古そば店に置いてあるカレー粉、雪塩、コーレーグス(島とうがらし)の調味料

大抵のお店のテーブルに置いてあるのがカレー粉雪塩コーレーグス(泡盛に島唐辛子をつけ込んだもの)。「なぜカレー粉があるの?」と思う方も多いと思いますが、これが豚骨&カツオ出汁のあっさりスープに絶妙にマッチするんです。

  • 写真:トラベルライターカレー粉を入れた宮古そば。スープにはとろみがないのでとても飲みやすいです。

カレー粉を入れるのは宮古そばならではの楽しみ方。半分を普通に食べて、半分はカレー粉を入れてスープ&麺を楽しんでみるのがお勧め。宮古そばを食べ歩くうちにこのカレー粉を入れる宮古そばにすっかり病みつきになってしまう人も多いそう(私もその1人です!)また宮古島ならではの雪塩や、手作りのコーレーグスも置いてあったりするので好みの味にカスタマイズできるのも楽しいです。


ぜひ立ち寄りたい人気の宮古そば店3選

宮古そばの老舗、空港からも近い人気店「古謝そば屋(こじゃそばや)」

  • 写真:トラベルライター古謝そば屋の外観。植木や花が多くてカフェ風な雰囲気。
  • 写真:トラベルライター古謝そば屋メニュー。人気メニューはそばセット。
  • 写真:トラベルライター古謝そば屋の内観。木造りの広い店内には、小上がりの席もあり。

宮古島市の中でも歴史が古く、有名な古謝そば屋。80年以上の歴史と伝統を誇る製麺所がオープンした宮古そば店です。豚骨とカツオの混合スープは、カツオの旨みが効いてあっさりながらもコクがあります。外観からもわかるようにカフェ風の佇まいで女性1人でも入りやすいお店です。他店では見かけないそばセット(じゅーしーや小鉢が付く)も人気だそう。空港から比較的近くアクセスが良いのも魅力です。

  • 写真:トラベルライター古謝そば屋の宮古そば。カツオ出汁がきい透明なあっさり味のスープ。
古謝そば屋
宮古島 / 郷土料理
住所:沖縄県宮古島市平良下里1517-1地図で見る
電話:0980-72-3421
Web:http://kojasoba.com/

ニンニク風味の絶品スープ&宮古ならでは風景に癒される「丸吉食堂(まるよし食堂)」

  • 写真:トラベルライター丸吉食堂の外観
  • 写真:トラベルライター丸吉食堂の内観。お昼時には外に列ができるほどの人気ぶり。

宮古空港から車で約30分、サトウキビ畑に囲まれた沖縄らしい風景が広がる場所にあります。外観も内観も本当に町の食堂というアットホームな良い感じです。入り口には訪れた有名人のサインも飾ってあります。

  • 写真:トラベルライター麺の下には三枚肉とカマボコが隠れていました!(丸吉食堂にて)
  • 写真:トラベルライター食後にもらえる黒糖アイスキャンデー。暑い日には本当に美味しい!

ここで食べる事ができるのは、ニンニクが効いた味わい深いちょっとだけ甘めのあっさり豚骨スープのおそば。麺の下に具が隠れている伝統的なスタイルで、器の下のみじん切りニンニクと合わせて食べるのがもうたまりません!そして何といっても嬉しいのは、食べ終わる頃に持ってきてくれる自家製の黒糖アイスキャンデー。持ち手が割り箸でお手製感が分かるこのアイスキャンデーはなんだか懐かしい素朴な味。ニンニク風味の口の中をさっぱりさせてくれます。

丸吉食堂
宮古島 / 郷土料理
住所:沖縄県宮古島市城辺砂川975-1地図で見る
電話:0980-77-4211

地元民に人気、ほっとする内観とボリュームたっぷりの「大和食堂(だいわしょくどう)」

  • 写真:トラベルライター大和食堂の内観。座敷席もあり。
  • 写真:トラベルライター大和食堂のメニュー

懐かしい雰囲気の大和食堂は、創業34年の老舗店です。空港から近いので観光客はもちろん、地元民からも長く愛されています。お座敷もある落ち着いた店内はとってもローカルな雰囲気!こちらも麺の下に具が隠れている伝統的なスタイル。もちろんカレー粉も置いてありますよ。宮古そば以外にもたっぷりの肉入り野菜炒めをのせた野菜そば(600円)も人気メニューだそうです。

  • 写真:トラベルライター大和食堂のそばはボリューム満点(写真はソーキそば)
大和食堂
宮古島 / 郷土料理
住所:沖縄県宮古島市平良西里819-3地図で見る
電話:0980-72-0718

さいごに

宮古島住民のソウルフードでもある宮古そば。人気店以外にも市街地の居酒屋や、もちろん宮古空港でも食べることができます!一度食べるとあのやさしい味が懐かしくてたまらない宮古そば。宮古島へ旅する機会には、ぜひお気に入りのお店を探しに食べに行ってみてください♪

宮古島の旅行予約はこちら

宮古島のパッケージツアーを探す

宮古島のホテルを探す

宮古島の航空券を探す

宮古島の現地アクティビティを探す

宮古島のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年8月4日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【宮古島】お土産選びで迷ったらココ!お土産屋さん4選

旅行にはお土産が必須!家族や友達、会社の人にと何かと悩むお土産選び。定番土産から一点物が買えるお土産屋さんに加えて、オススメのお土産商品をご紹介いたします。

宮古諸島ならではの雰囲気と食事を楽しめる!おすすめレストラン5選

沖縄本島から南西へ約300km、東京からは約2,000㎞にある宮古諸島。北緯24〜25度・東経125〜126度に位置し、年平均気温は23.6℃と過ごしやすい気候...


宮古島から車で行ける離島!【来間島】【伊良部島】南国カフェランチ4選

宮古島からのアクセスも良い【伊良部(いらぶ)島】【来間(くりま)島】で見つけた!絶景カフェから時間を忘れるまったりカフェまで、南国を感じるお洒落なカフェで楽しめ...

沖縄料理のおすすめ20選!一度は食べたい沖縄の食べ物特集

郷土料理からアメリカの食文化の影響を受けたグルメまで、沖縄には独特の料理・食べ物が豊富です。一度は食べてみたい、おすすめの沖縄料理・食べ物をご紹介します。旅行ツ...


石垣島のおすすめ観光スポット・アクティビティ・グルメ26選&足を伸ばしたい離島7選

絶景の宝庫・石垣島。シュノーケリングでサンゴ礁が鑑賞できるビーチや、満天の星空を鑑賞できる展望台など、おすすめの観光スポット・アクティビティをご紹介します。石垣...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?